主に蟹の話



 ギルドのみんなでビジョウを回しています。

 初日に私のメカがみんなのお陰もあって速く倒すことが出来て褒めてもらえたのですが、やっぱり他のメンバーの火力の方が私とは瞬間最大風速が違ってギミック飛ばしができるという…。自爆軍団とか面倒だからめちゃくちゃ羨ましい!

 一応、ベリティだったら属性が変わる前に落とせるようになったんだけど…。



 教えてもらって気が付いたのですが、次元の狭間にクラピウスさんがいることをすっかり忘れていました。これまで星座の欠片に縁がなく、私の記憶の中ではすっかり背景と同化してしまっていたんです…。

 ともあれ、これで星座の欠片をいつでも結晶化できることがわかったので、それならばとキャンサーの欠片の買取に奔走。ギルメンが譲ってくれたり、首都で買い取り露店を出したりで、すべてがGimle内で賄えてしまいました。

 ギルドのみんなも、投げ込んでくれたみなさんどうもありがとうございました。



 これでめでたく蟹座のシャーリーになることができました!

 シャーリーは7月生まれの蟹座です。デスマスクって言うなよ(元ネタ知らないけど)。

 他の星座の称号システムが先に実装されていたのが羨ましかったので、早く蟹座も付けられるようになって欲しかったんですよね。で、気づいたら知らない間に来ていたっていう。まだ蟹座を付けている人って見かけていないので、ちょっと珍しくていい感じ。



 キャンサー自体もメカで有用だし、まだまだ使えると思っています。今のところ手元に挿せる頭装備がこれといってないんだけど…。

 頭装備といえば「メカパッケについていた巨蟹宮のヘルムが完全に蟹」と言って見せたら、ギルドのABさんから「頭がかに○楽」という予想の上を行く感想が返ってきてしまい、それが私のツボにはまってしばらく笑い転げていました。頭がかに道○…!

 ABさん、おっとりしてるのにたまにこういう予期せぬ変化球をインコース高めにビシッと投げ込んでくるので、こちらも油断が出来ません。



 おまけ。

 ギルドメンバーに看取られ…見守られて眠るねこシャーリーの図。



ファッションセンターの威圧感



 しばらく夏バテ気味で腰を据えてゲームする元気がなかったシャーリーですが、ようやくまたログイン。ギルドでは今日も絶筆のグリモワールへ。この日も紫箱狙いで最下層を走り回っていました。

 相変わらず紫箱はなかなか出てはくれないのですが、それにしても途中でぱたっと音沙汰がなくなってしまったときには以前「エッダがよく出るおまじない」と言って実行していた2Fへの移動を試してみました。このあとは毎回のようにエッダは出てくれたのですが、紫箱の出現率は相変わらず…やはりエッダ向けのおまじないだったか…?



 ファッションセンターコスミができたということで早速覗いてみたのですが…なにこの外観。

 ファッションセンターというロードサイド的かつ庶民的な名前の響きにはどうにも無理のあるいかめしさに加え、BGMがモーラという陽気さのミスマッチが相まって非常にシュールというか、逆に怖いです。

 マップを使いまわすにしたって、もうちょっと何かなかったのか?というか、そもそもこの入口マップのワンクッションって必要だったのか?転送NPCと会話したら直接建物の中へ送ってくれればよかったんじゃないのか?それともクロモの趣味なのか?

 謎は深まる。



 ずらりと並ぶデフォノービスの列。実際に頭装備をつけた様子が見られるのは助かるのですが、なんとなく異様な光景でもあります。

 とはいえいつでも頭装備が衣装化できるようになったのはありがたい仕様だと思います。現在のコスミコインの対象アイテムがどれなのかも一目でわかりやすいので、どうしても急ぎで衣装化したいものがあるわけでもないときはコイン対象のときを待ったほうがお得ですね。

 でも、各階に倉庫ってない…よね?本当になかったとしたら相当不便だと思うんだけど、私が見落としてるだけ?



役者は揃った



 しばしば夢幻ソロに挑戦しているというアキラ。WLで行くというので要請を受けてシャーリー出動です。おもな任務は魔法反射階での死亡即復活を手助けするリザ係。

 お世辞にも反応が鋭いとは言いがたいシャーリー、ここで即リザの練習ができるな…と思ったのですが、反射を喰らうときって連続でどんどん喰らってしまうこともあるので、そうなると起こそうにもスキル使用後のCTが明ける前だったり…。ひとりでかってにあわあわしたりしていました。



 制限時間終了間際のところで大量の深淵が出現してしまい、WLとの相性の悪さも相まって進軍が難航。記録は38Fにて終了でしたが、のんびりおしゃべりしながら不慣れなシャーリーを引っ張って進んでもらった割には結構行けたと思います。やはり生体MOBが出てくると難しくなりますね。

 途中何度かハッピーポリンが出てきたり、乱入してきた魔法大会キャラの討伐もできたりと、思っていた以上にいろいろさせてもらえました。



 戻ってからのお楽しみ、わくわく鑑定タイム!今回一番キレていたディーヴァはこれですね。びっくりマジカル両手剣。Hitの無意味さ、ダメージ倍率がしょっぱい数字で綺麗に揃っているところが高得点です。

 ま、まぁ、NPCに売っても充分なお小遣いになるから…!



 我らがギルドでいつも大車輪の活躍をしてくださっている修羅さん…の何人か修羅がいるうちのひとり、男修羅さん(ややこしい)がめでたくLv175到達!軒並み高Lvキャラが揃っているのにオーラのキャラだけはずっといなくて、みんな楽しみに待っていたのですが「そういえばあとどのぐらいなの?」「あ、光りました」みたいな感じでしれっと登場したのには一同びっくり。しかも教えてもらったの発光した翌日だったし!しかもこうして1キャラ光ったらなんか次々光りそう。

 ともあれおめでとうございます。これで全員Lv175のキャラが揃ったので、ペナの怖いところにも踏み込みやすくなったし、いよいよ異形にも挑戦できるチャンスが!



 話は7月に遡りますが、アキラから誕生日プレゼントをいただきました。手渡されたものはエルニウム2個と、+6ライオットチップ。そして精錬所に連れて行かれるシャーリー。結果は+7すらできずに失敗でしたが、かなりドキドキしました。

 私が普段、よほど予備が用意できているときでもないと過剰精錬に自力で挑むことがまずない性格なのはアキラもよく知っているので、もちろんOverClockは欲しかったところにいただきもので失敗してしまった点は残念だったけど、それでもこういう機会でもなければ味わえないスリルを体感できた部分も含めて楽しかったです。どうもありがとう!



古王グローザに挑戦



 ギルドのみんなと古王グローザへ挑むことになりました。

 シャーリーが忙しい時期なので、イン率の低下に伴って今回の深淵の回廊を丸ごとお休みしていたこともあって、シキナさんに4ヶ月ぶり4度目の初めましてのご挨拶をするのを忘れていました。慌ててそれを済ませるとMDへ入場です。

 私は古王への挑戦は昨年11月以来だったのですが、こういうギミックに即座に対応する能力にいまいち自信がないので無駄に緊張しまくった記憶しかありません。またしても支援に気を取られた隙にデヒョンに胴をまっぷたつにされたり、ちゃんとアンフロは脱いでいたのにステータス耐性のせいか凍結に失敗したりと、ちょいちょいやらかしましたが…。



 霧氷の玉だけをいくつか無駄に消費してしまったことに「高かったのに!」などと文句を垂れつつも、みんなの強さに助けられながら進みます。そうこうするうちにシャーリーも徐々に慣れてきて、ジオイア、カデスは難なくクリアできました。

 そしていよいよグローザ戦。前に来たときにはここで全滅してしまったのですが見事撃破!

 緊張しましたが慌てず支援の対応はできていはいた…んじゃない…かな?想像以上にあっさりめだった初クリアに感動していたところに、王のドロップの酷さに物言いがついたので思わず笑ってしまいました。



 クリア後は、もちろんシキナさんの話など誰ひとり聞いておらず、メア王女(の幻影)に悪戯したりしながら記念撮影。おそらくシャーリーは深淵の回廊のメインストーリーが進んでいないので、これらにどういういきさつがあるのかがいまいちよくわかっていません…。

 あと、深淵の回廊といえば[衣装]不思議なハトがかわいいのでちょっと興味があるのですが、亡国の硬貨稼ぎもできていないし、ストーリーを読むのと併せてこれらはまた次回に持ち越しかな。

 何はともあれ、今回はグローザ挑戦は諦めていたのでクリアできて嬉しいです。みんな連れて行ってくれてありがとう!お疲れ様でした。



 あと、これは最近の話題ではなくてミミミのせいで慌しくすっかり載せ忘れていた少し前のことなのですが、またしても唐突に始まって唐突に終わる枝祭がありました。お陰でシャーリーもサモンマスターの称号を手に入れていたのですが…。

 やはりこのときも枝から現れたウーさん。我らが攫われ芸人・アフロの修羅さんもSWによって誘拐は無事回避するものの、脱衣を免れることはできませんでした。やはり壁の宿命か、攫われ芸に続いて脱がされ芸も極めつつあるな…。

 そういえば、どうやらウーさんはマッチョ好きらしい…という設定って意外とご存じでない方が多いように思います。ソースは公式



シャーリーの最近ゲットしたもの



 念願の巡礼者の靴を手に入れました!

 いつか入手しやすくなったら欲しいなぁとずっと思っていたものが、ラグ缶2019Julyのおかげでちょうどよく露店に並んでいたので即ゲット。予算取っておいてよかった…。

 問題はプラエ10をどうするかなんですよね。できることならすぐにでもキラキラしたいのですが、ABパッケが来ればそのときにリセットできるし、そう思うと急ぐのは損な気がしてしまう…。今回は影葱だからまだひと月は先なんですけど…うーむ。

 あと、プラエを取得するためにいくつか(たぶんオフェルトあたりの)スキルを削らないとならないので、そのあたりも改めて要シミュレートです。



 MHのガチャで[ECO]サラマンダー・アルマCが出ました!

 サラマンダーは初めて出しました。確かこれまでここで引いたことがあるのがタイニーと、ミニーが2枚ぐらい…だったかな。毎週楽しい雰囲気で開催されるMHですが、こうして忘れた頃にレアがぽろっと出てくれるのでやっぱり通うのがやめられませんね。

 一見カードのように見えてカードじゃない「想い」シリーズも、モーモーはよく使うのでもっと出てくれてもいいのよ。もちろん、モーモーCそのものが出てくれてももっといいのよ…?



 ミミミで先輩メカを手伝ったお礼にいただいた帖からハンターフライCが出てくれて大ラッキー。いずれ欲しい欲しいと思いつつ、安くないし枚数も必要だしで購入を見送っていたCなのですごく嬉しいです。ひさびさに帖から当たりらしい当たりが出てくれたな…。

 これをもらったとき「ゴスCが入ってるから出してね」と言われたけど、そちらは残念ながら出ませんでした…。ゴ(ールドオシド)スなら出ましたよ。いつもお世話になりっぱなしで、むしろなにかお礼もらうようなことしたっけぐらいだったのに、これはもう予期せぬ嬉しい贈り物でした。どうもありがとう!



 今月のコスたまはひいていないのですが、気になっていた[衣装]肩乗りサベージベベを露店からお迎え。サベージベベは好きなモンスターです。かつて自分でテイムしたこともあったのですが、かわいいくせに空腹になるのが早いところが玉に瑕。でもこれなら気にせず連れ歩けるのでいいですね。

 この説明文に書いてあるのは、ずっと昔に公式であった「おそうじサベージベベ」っていうグッズのことですね。これが当たるキャンペーンもあった気がするのですが、ついぞ手に入れられずじまいだったなぁ。

 アナイスの狐、ソフィアのオレンジウサギ、ノワゼットの子デザ、シトロンの紀州犬、レザンのくまくんと、気づけば動物系の衣装が増えてしまって中段が空いていないキャラクターが増えてしまったので、肩乗りベベは誰に持たせるか悩みます。



 あとは、いつかやろうと思ってすっかり忘れていた、Lv175のフルスロットルもようやく覚えました。シャーリーが使ったところで完全に宴会芸としての用途しか思いつかないのですが…やっぱりこれもひとつの記念ということで。

 というかこれ、NPCの超級魔術師と話すだけですぐ覚えられるというお手軽仕様だったんですね。先日アキラの猫が光ったのでそれについていきがてら取得したのですが、こんな簡単だとはまったく知りませんでした。

 ちなみにアキラの猫はこのとき「シャーリーがブログのネタにするためにSSを撮るだろうから気を利かせて」と言いながらフレームアウトしています。



 Lv175に達していないキャラクターで話しかけると爆発します。

 この超級魔術師はどうやらこれで命を落としてしまったためにニブルにいる…という話らしいのですが、それにしてはやたらノリが軽いし呪文も適当だしで無駄にカジュアルというか、カンスト専用スキルらしいありがたみのようなものがまったくないのが逆におもしろいです。こういうの嫌いじゃないですよ。



みんなで毎日エンドレスタワー祭もやってます



 ボスC出したいよね!ということで、ここ最近は週に1回ギルド狩りで来るようになっているET。今週はいよいよCTが1日に短縮するイベントが開催されるということで、せっせとみんなで上っています。

 しかしやっぱりボスCなんてなかなか出るものではないですし、私も実際にお目にかかったことはいまだにありません。どこかの誰かのドロップ報告を見かけるたびに羨ましいとと思いつつ、それを出すまでにみんなが一体どれぐらいの試行回数を重ねたのかを知る由はありませんし、どうせ出ないものだと諦めて出しに行かなければ絶対に出ないわけで…頑張りましょう!



 99階のランダムで出てくるボスがいつもファラオなので、たまには違うものがいいね〜と言いながら突入したら、案の定ファラオだった回。

 あまりにも華麗なるフラグの回収っぷりには、もはやみんな笑うか落胆するかツッコミを入れるしかできませんでした…。

 ちなみにこの日に落ちたCは2枚。それぞれイグニゼム=セニアとイシスという、ともにボスフロアで拾ったものなのに落とし主がガッカリシリーズでしたとさ。



 クリア記念SSを撮影するのもお楽しみのひとつです。

 イベントとはいえペナまではなくしてくれなかったので、この日もやっぱりほぼLv175の構成です。しかもこのときは人数も揃っていたため、いつもの進軍ペースがさらに上がってもう速いこと速いこと。なんとクリアタイムは37分だったようです。1フロア平均22秒と考えるとすごいな…。



 揃った人数が少なかった日もありました。装備が剥がされたり壊れたりしたらどうしよう?という懸念もあったのですが、とりあえずゴリ押して行こうという作戦「Goli-Push Style」略してGPSにて出発です。全地球測位システムではありません。うちのギルドの得意技のひとつです。

 生体フロアや反射階が少し大変だったものの、それ以外は問題なく登頂することができました。最後のナハトはやっぱり一瞬ですね…まじまじと姿を拝んだことがいまだにないです。

 この日のドロップはアヌビスC。だから一体どうしてボス階のガッカリシリーズが継続中なのかと…。いつも記念撮影のときの合図は「これが消えたら○○」というスタンダードなものなんですが、この日は「これが消えたらアヌビスカード」というまさかのぶっこみ方に思わず笑ってしまいました。そりゃショックエモも出るってものです。

 毎回なにかしらのカードが出てくれてはいるのだから…みんなでもっといい思いができる日が来てくれることを願うばかりのシャーリーでしたとさ。期間内にあと数回行けたらいいなぁ。



獄で!カードを!!拾ったんですけど!!!



 日曜のGvのあと残ったメンバーで「獄に行こう!」ということになり、ほたるさんたちと4人PTで。なかなか理想的な組み合わせですよね。

 以前ほたるさんとペアでも遊びに来ましたが、今回は修羅さんがいるので火力重視の装備で行けるとなり、みんなはりきって出発です。



 とうとう初めて獄でカードを拾いました!拾ってしまいました!ですが!そこに記された名は、ギロチンクロス・エレメス…。

 これにはもうみんな笑うか呆然とするかしかできませんでした。地面に落ちたカードのグラフィックを見たときは飛び上がるほど驚いたのですが、そうだよね、この直前に戦っていたのってエレメスだったよね…うん。

 一番の理想は「1G」呼ばわりのチェン、そうでもなければ「ぽにて」ランデル…「うーさん」ことガーティでもいい。とにかくエレメスに関してはお前じゃない、座ってろ。



 出発前に「あとは俺が何度攫われるかだな」と言っていた修羅さん、得意の攫われ芸を遺憾なく発揮しまくり。というのも壁役の宿命かガーティと対峙してしまったが最後、MHでも、枝祭でも、そして予想通りここ獄でも…。もはや仲間内では「お家芸」「伝家の宝刀」「実家のような安心感」と評判の専売特許です。

 SWを絶やさなければ防げることではあるのですが、毒のエフェクトで見づらくなっているときにSWが切れてしまったりといった、タッチの差でのインティミ発動という場面もあって申し訳ないばかりです。

 そしてもちろん合流したときは脱がされています。「(男性キャラの)修羅さんばっかり脱がされる…ということはもしかして…」「待って!うーさんは女性よ!」と、ガーティがあやうく(?)そっち方面の変態紳士扱いをされてしまいそうになったやり取りも。確かにぱっと見だと性別がわかりづらい気がします。以前私がヒュリエルをドット絵だけ見て男性だと思い込んでいたのと近い現象。



 攫われ芸は隅っこにやたらと敵が溜まっている場所を切り崩して行く途中でも披露され、残念ながら全滅と相成りました。でもすごく楽しかった〜。

 スリリングな狩場ではありますが、Lv175の4人組なのでペナを気にすることなく戦えるのがいい部分ですね。シャーリーはいくら転ぶのが怖くないからといってカジュアルに転がりまくるのをもうちょっとどうにかしたいところではありますが。この日の死因の大半はセイレンでしたね。時点でセシル。



 うちのギルドの清算といえばサイコロ抽選なのですが、ほたるさんはいつの間にやら出目が1安定というキャラ付けがされてしまっているのですが、今回は6を出して見事勝利。それを見て酷い言いようの3人です。

 かくしてエレメスカードはほたるさんに押し付け…差し上げることとなりましたとさ。



| 1/5pages | >>





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。