ETA(フツウ)に挑む



 そろそろ復帰しよう、復帰しようと思いつつ時期を逸し続けて幾星霜…具体的には回廊が来ている間とか、先日のMDのカードドロップ3倍とか、そのあたりを狙いたかったのですがなんだかタイミングが合わなくて。

 そんな折、金曜MHに合わせてひょこっと復帰。

 ひさびさのメンバーとの再会や共闘を楽しく終えて、ポイントが貯まっていたのでガチャタイム。きっとこれはいわゆる放置効果的なあれこれで何か出るに違いない…そんな謎の自信を持って挑んだシャーリーにおかえりを告げてくれたのは[ECO]ブリキング・アルマカードでした。おのれブリキング…他の種類ならどのアルマCが出ても一向に構わんというのによりによって…。

 ひとまず、笑いは取れたので良しとします。



 そのあとはエンドレスタワーアナザーが来ているということで、ギルドのみんなと出発することに。

 数か月のブランクが明けてからまだ1時間半しか経っておらず、それまで毎週のように通っていたMHですらすっかり浦島状態そのもので石化対策も混乱対策もどちらも忘れるという大ポカをしたばかりだというのに、実装当初以来二度目のETAという不慣れな場面で支援はひとり、ドキドキです。

 とはいえ、このぐらいシビアなほうが勘を取り戻すにはちょうどいい…はず。



 支援の重要な役割は、おもに魔法反射で倒れた仲間を即座に叩き起こすことです。火力役さんたちは眼前に立ちはだかる障害のすべてをその高出力でガンガンに燃やし尽くして歩いてもらうのが我々のいつものスタイルなので、回廊系の反射MOBが混ざっていたり、なんかうっかりボスが本気出した瞬間にシャーリーの出番がやって来るので気を緩めるわけにはいきません。

 序盤はメンバーの状態異常を見落としてしまう場面もあったほか、「ライオットチップを装備している自分に必死にサクラをかけつづけていた」という虚無との邂逅が33階まで起きなかったあたりにも感覚の鈍りが見てとれましたが、階層を経るごとに徐々にかつての動きを思い出すことができていったように思います。

 以前初めてETAに行ったのはたまたま日中歩き通しだった日で、帰宅するやYGvへ参戦しGimleに戻ればETAという盛りだくさんの流れだったこともあり、眠気によって途中から意識不明に陥り後半の記憶がほとんど喪失しているという有様だったのですが、今回は終始ばっちり楽しめました。



 道中では不意にドロップした微妙なカードにみんなで笑ったりしながら、ちょいちょいプチレア的なものも落ちたりで金銭的な収穫もそれなりだったように思います。もっと落ちてくれてもいいんですがね…!

 というわけで、5人で難なくクリアして記念撮影。ピースサインも息ピッタリ!久しぶりのPTプレイ、すごく楽しかったです!みなさんお疲れ様でした!



2か月ぶりのモロクの空気を吸いに



 なにやらGimleサーバーに不具合が起きたらしく臨時メンテナンスが入ることになってしまったようで、行くあてのなくなってしまったギルメンたちがたまり場に集まって雑談している…という話を聞いて、ちょうどラグホのタイミングだったこともあり覗いてみることにした浦島状態シャーリーです。

 おなじみのメンバーだけでなく、ちょうど私の休止と入れ替わるようなタイミングで再開したメンバーにもようやく会えたりと、メンテ開始までの短い時間ではありましたがひさびさのモロクの空気を堪能することができました。

 実は元旦にもちらっとだけインしていたので、ゆうに丸2か月ぶりのログインでした。継続したプレイをお休みしてからも3か月ほどしか経過していないはずなのですが、その間にあったレベル上限解放をはじめとするアップデート内容があまりにも盛りだくさんだったり、究極精錬の流れになんとなく乗れなかったりしたこともあって、再スタートにやや及び腰になっている…という部分もあったりもするのですが、こうして実際顔を合わせてみるとまたマイペースにでも入れたらいいなぁという気持ちになりますね。

 それにはまず、ギルド狩りタイムに眠気のピークが来てしまう現状の生活パターンを見直すところからなのですが…。



 以前、倉庫の武器防具欄の一番上にあるもの、即ちみんなの「倉庫の守護神」は何かという話題をSNSで見かけたのですが、ちょうどインしていないタイミングだったので調べることができず。この度ようやく確認したらまさかの「グスリ」がトップでした。というか、解毒クリップとか何に使うつもりで作ったんだろう…敵のタゲ取り用じゃないだろな…?

 武器のほうはというと、上から「肉球クラブ」「アイアンドライバー」「+7スタッフオブソウル」でした。SoS懐かしいなぁ…確か装備すると専用グラフィックになるんですよね。杖のグラフィックはほとんどのものが問答無用で「きのつえ」みたいなグラになっちゃうのが残念です。もっとこういうのがあればいいのに。

 ちなみに、槍の汎用グラフィックはシャーリーの身内では「磨製石器」と呼んでいます。



エンドレスタワーアナザーへ



 YGvから地元Gimleに帰還したあと、メンバーも揃っているしもうすぐ期間が終わってしまうということで、みんなでETAに出発することになりました。バリカタはあまりの硬さに心が折れたり歯が砕けたりニャゴットさんが混入していたら困るので、普通のほうです。

 実はこの日曜日、日中ひたすら歩きまわってくたくたになりつつ帰宅してからYGv…という流れだったこともあり、ETA中盤から徐々に迫りくる睡魔と格闘しながら進むことになってしまいました。終盤などあまりの眠気に気持ち悪くなりながら操作がおぼつかなくなっていたし、なんなら数回気絶してました。

 本来なら無理せず言えばよかったんでしょうけど、支援は私しかいなかったし、みんなに登頂してほしかったのでひたすら黙ってました…すみません。ドラムさんが私の代わりに何度ものどを鳴らしてくれてそのたびに目が覚めてはまた意識不明に陥るというありさまで、きっとみんななんでこんなにラウダ全然飛んでこねぇんだ!と思っていたに違いありません。

 普段は夜のティアマト攻城戦でも仲間が寝ないようPTチャットで励ましたり、四時間に及ぶ真夜中の訓練でもいつも最後までケロッとしていたシャーリーではありますが、当然人の子なので睡魔の容赦なさに抗えず敗北するのも決して珍しいことではありません。PTプレイがつまらなかったとか退屈だったとか決してそういうわけではなく、単純にプレイヤー本人のHP残量の問題でした。もうほんとにごめんなさい。



 ETAの内容に関しては、私本人は通常ETと同様、その場その場で適宜支援を飛ばすのを100フロア繰り返していただけなので、直接的な手ごたえがわかりづらく、その点どうだったかを書きづらいというのが正直なところです。火力役さんたちは敵が硬くて難儀していていそうだったことや、たびたび反射を喰らってはペラッと蒸発させられてしまうのも気の毒だな…というのが後ろから見ていた感想です。

 あとはやはりここでも結局一番苦しめられたのは案の定獄で、そういった面での苦労も夢幻同様だなぁという感じ。構成の変化やランダム装備のお楽しみがあるぶん、ゲーム的なおもしろさならば圧倒的に夢幻のほうに軍配が上がるよなぁ。

 獄地帯が過ぎればほぼウイニングランのような感じで、なにごともなく登頂を果たすとあとは記念撮影して終わり。夢幻のクリア後の橋などでもそうなのですが、SNSなどでここで撮影したSSを載せている人が多く、それらを見るたびにちょっと羨ましい思いをしていたので嬉しいです。

 でも、クリアしたからと言って、特に何もなくあっさり終わったのでみんな拍子抜けでした…。でも、ここまでの間だけでリハルト家の討伐がどんどん溜まって王家貢献の証が思いがけずたくさんもらえたのは嬉しいおまけでした。

 ついでに、最後にひとつ言いたいことは、ペイン死すべし慈悲はない。



 そして、いよいよ今年もアニバーサリーが始まりますね。ついこの間が16周年だった気がするのに、時間が経つのは早いものです。こうしてアニバの時期になってくると、今年ももう終わりだな〜という気持ちにさせられますね。

 ROROの予想はダイガツ含めて12勝5敗、男女各5人までビンゴで合計6000ポイントでした。外したのはクエスト自体をやったことのなかったスピカとヒシエ、去年いたことをすっかり忘却していたシャイ、なんで選ばなかったのか自分でも不思議なエレメスとカトリーヌの5人でした。個人的な好みでハワードのほう選んじゃってたんだよな…。ダイガツは昔から我が家の人気キャラだったので、確定枠にいなくても選んでいたと思います。

 EDDAの漫画やイルシオンで株を上げたと思われるものや、新規実装されたばかりのイベント関連など記憶に新しいもの、存在はややマイナーながらRO丼やB鯖の投票所で熱心にロビー活動をするプレイヤーのいたものはほぼ順当に勝ち抜いている一方で、私のように初めからやっていない人も多いS.S.S、あるいはアップデート当時は休止中だった人もいるであろう異世界関連、さらに通行証やキル・ハイルなどの古いクエスト出身のNPCが大健闘しているのも印象的です。

 どんなアニバーサリーになるのかはまだわかりませんが、今から楽しみですね。



我々の名を世界に轟かせた日



 先週に引き続き、今週のYGvでも見事勝利となりました!

 しかも、今回はうちのマスターが指揮官だったため我らがギルド名がYggdrasill全土に響くことになりました。これが一番嬉しかったかも…!

 立ち回りに関しては、なかなか自分で考えて行動することができない、あるいは迷ってしまう時間が多く自分でも無駄を感じるので、まだまだいっぱい勉強が必要だな…と思わされる要素も多々ありながら、同じマップの端っこで敵のマンホールに落とされた同盟仲間のもとにダッシュで駆け付けて咄嗟にLPで救出したりと地味に頑張った場面もあったので、今後はそういう部分をもっと増やしていけたらいいなぁと思う所存。



 拠点に戻って全体での記念撮影。

 同盟全体では2砦の確保となりました。メンバーの誰かが「次回は2砦ずつを目指したいね」と言ったかと思ったら、同盟Gのマスターさんが「何言ってるんだ、10-10だろ!」と言い出して思わず笑ってしまいました。でも目標は大きくいったほうがいいですもんね。

 というわけで、結果的にはみんな楽しく勝利できて大満足というこのうえない結果となりました。おいしいからあげで祝杯を挙げたいですね。また次回ご一緒できるときがあればよろしくお願いします。今回もお疲れ様でした!



ギルドでも夢幻調査中!



 せっかくの調査強化週間ということで、ギルドのみんなとも夢幻の迷宮へ繰り出しています。

 平日だと集まることのできる人数も少ないためルキフルルートへ。とはいえ構成のバランスはよく、5月以来というブランクも感じないほど進軍のテンポが良かったと思います。

 前回に比較すると、装備のブラッシュアップによってだいぶ支援が楽になりました。特に、名誉のニーヴ・集中とDex14クローチェによって大幅に短縮した詠唱速度や、先日入手した巡礼者の効果も合わせてディレイカットが85〜95%ほど実現した2点は効果が目に見えて絶大で、とにかく動かしていて快適です。

 巡礼者はもちろんのこと、やはりダクハンセットの恩恵が凄まじいですね。初めて夢幻に連れて行ってもらったころにSPがなさすぎてスクワットしてばかりだったことを思い出すと、まだまだ完璧な装備ではないとはいえ我ながらここまで頑張って揃えたものです…。



 この日はルキフルまで行けたところであえなく全滅&時間切れ。ガンバンからのPWは痛すぎた…。以前から夢幻の攻略に求められる壁役におけるハードルの高さは厳しく感じていましたが、今回もあらためてその大変さを突きつけられる結果に。

 でもひとつの関門である60Fのセリアもすぐ抜けられたし、この人数で10分以上残してルキフル開始ができたのはおそらくこれまででももっとも優秀な成績です。みんなもパワーアップしているのが後ろからはっきり見えたのですごく楽しかった!



 翌日は少しメンバーが入れ替わっての出発。

 そういえば、以前にも書きましたが私は夢幻のルキフルルートのシナリオをほとんど知らず、なぜ一見PTに協力的に見えたこのキャラクターと最後に戦うことになるのかがよくわかりませんでした。

 しかし今回、PTリーダーを務めた壁役さんのキャラが初回だったこともあり、ボス戦前の台詞を見ることができたためなんとなくバックストーリーが見えてきました。夢幻の入口にいるルキフルに話しかけた際の台詞と合わせると、どうやら最初から我々PTを裏切るつもりで利用して、夢幻の迷宮の奥地にいる神罰のオディールとの戦いへ連れて行かせることが目的だったようですね。

 まったく知らない状態からきちんと読んでいけば驚きがあって楽しめたのかもしれませんが、私はそもそもティアマト攻城戦の宝物庫に出てくる敵が「ルキフル」と呼ばれていたことから最初からこの案内人が敵であることを知っていたし、なんで味方っぽい顔をしてついてくるの?と思っていたので、ようやくそのネタバレ部分と合わせて点と点がつながったような気持ちです。



 そんなわけで、出会う前から裏切ることがわかっていた奴を無事に倒してゴールとなりました!

 戦闘以外の場面だと、101Fの迷宮商人が高いカードを売ってる!と思ったらアークエンジェリングだったのがこの日のハイライトです。ちょっと…ちょっと違うんだよ…そうじゃないんだよ…!

 みんなこの日も遅い時間まで本当にお疲れ様でした!



 この日の素敵なゴミディーヴァはこちら。私ではなくお友達の手元に転がり込んできた武器です。つい「ランス」とか言ってるけどスピアだった。すごくどうでもいいな。

 うちのギルドでは未鑑定の状態から抽選してランダム配分することになっているので、手元に来たものが一体何なのかは鑑定してみるまでのお楽しみ。そういう部分も含めて楽しいんですよね。



コルメモリアルリベンジ



新しいMDがどんな具合か見に行きたい、というはるかさんのお誘いをいただいて、コルメモリアルへの再挑戦をすることになりました。

 まずは手始めにオースMDで虎退治。クリア報告をしてから虎を倒すとアイテムをドロップしないのでは、と言われてクリア前に戦ったのですが、やっぱり何も落としませんでした。3倍とは一体…。

 そういえば、このクリア地点の木箱でこのストーリーの補足となる情報をいろいろ読むことができるみたいですね。私がここに来るときは必ずPTだと思うので難しいかもしれませんが、時間が許すときがあれば目を通してみようと思います。



 そしていよいよコルメモリアルでのEL-A17T戦。初回は右も左もわからないまま蹂躙されてしまったので今日こそリベンジです。メイン壁はアフロ修羅さん、火力はアキラ連。魔法火力としてはるかさんが猫も連れてきてくれました。

 前に来たときはまったく余裕がなくてそれどころじゃなかったのですが、よく見るとエリュミナさんの台詞にギミックのヒントがありますね。周囲からロボがやってきて合体しようとしているときは、内側に到達させる前に倒せばいいのかな。



 最終フェーズでは、おそらく決まった時間以内に一定以上のダメージを与えないとボスが逃げてしまうような感じでしたが、圧倒的な攻勢でそれより前に撃破することができました。お見事!

 シャーリーはひたすら仲間の状態異常回復ばかりしていたような気がします。壁役さんがしっかり対策してくれたお陰でHP回復も少なくて済みました。どうにもタゲが流れてしまうことがあるみたいで、アキラ連のほうへ行ってしまったときにはあわあわしてしまったシャーリーでしたが…。



 最後はみんなでミグエルの真似をしつつ記念撮影。お疲れ様でした!

 実装キャンペーンで報酬が2倍になりますが、初回報酬も対象になってくれるのは嬉しいポイントですね。メインクエストだけでも10日までに出来る限り済ませておかないとなぁ。



コルメモリアルとオース二次捜索に挑戦



 実装されたばかりのエピソード、イルシオン〜禁忌の楽園〜。早速ストーリーを進めてみることにしました。まだやっていない方も多いと思うのでネタバレになることは書きませんが、テラグローリアで関わったリベリオンの面々のキャラクター性がより垣間見える場面もあってなかなか楽しかったです。

 初回はシナリオをしっかり読みましたが、今回もレイジーの話が長い以外はほぼMDを進めるだけです。必要アイテムもないし、会話をEnterですっ飛ばしてしまえば所要時間は短縮できると思うのですが、慣れるまではかかりそうだな…リンカーを除いてあと11回か…ぼちぼち頑張ろ。

 道中のMDはレインボウ+日月神示のAS殴りで突破できました。というか、プラエ10+巡礼者の靴にしたらAS殴りの弱点だったMSのあとのディレイを全然気にしなくていいので楽ちん!



 早速Lv175制限のコルメモリアルにアキラと挑戦。そして、またこういうシュバルツバルドあるあるな名前の覚えづらい系のMVPボス・EL-A17T戦では、終始まったくわけがわからないまま気づいたら倒れていました。

 プレイヤーは、このロキのようなエフェクトの出ている狭い範囲から出ることはできず、またいくつかのギミックがあるようで、周りに湧いた敵などを倒しつつ進めていかなければならないようです。それにしたってボスのHP量が多すぎる…。

 翌日以降、どういうボスだったかを周りの友人知人に話したのですが、なにせ体感した本人たちもさっぱり理解ができていないままなので、ありのまま起こったことを説明しているのにも関わらず謎が謎のまま。いずれまたリベンジかなぁ。



 初回のオース二次捜索で荒ぶるミグエルにあっさり叩きのめされてしまったので、トリオでリベンジ。

 まずはMD内の各所に出現する敵を殲滅。このあたりはHH基地の第三マップと同じような手順です。問題は道中でもミグエルが突如湧いて出てくることで、ここではとりあえずアンクルに引っ掛けてスルーの方向で。

 マップの形状が入り組んでいて少々歩くのに難儀しましたが、計8箇所のポイントで敵を倒して北西部のNPCに話しかければクリア。HH基地同様、クリアタイムが記録されるみたいです。



 そこでクリアしてしまってもいいのですが、このあとマップ中央北部にてMVPミグエルと戦うことができます。このあたりもイーブルと戦うか否かを選べるHH基地と似ています。

 ボス戦は修羅さんが抱えてくれてあとはArSだったのでシャーリーの出る幕はあまりなく、特筆すべきことが…このあたりは他の戦闘職の方にお任せしよう。



 ドロップはなし。3倍とは一体…!

 まだ慣れていなくてやや要領を得ていないこともありますが、果たしてペナがなくなったあとにも同じように通えるかどうか…。しかし報酬EXPは1GとHH基地の3倍以上なのにCTは1日。Lv170以上で受け取るには充分ありがたい量なので、安定できればよさそうだけどなぁ。



| 1/7pages | >>





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。