生体MD(戦闘モード)へ行ってみた



 お待ちかねのWLパッケに今年のサマパケ、みんなびっくりのLv170利用権や、かわいい今月のコスたまが一気に販売され、また各種イベントやらキャンペーンやらもあったりと追加要素がてんこ盛りの今週。でも実際ゲーム内でやることと言えば毎日のクイズと忘れないうちにミミミのミッションぐらいでしょうか。ちなみに私はクイズがジェネ、ミッションがジェネとメカ1号で参加し、Lv170にするのが猫の予定です。

 私はHI型としてWLパッケが気になるのですが、時間的にキャパシティオーバーなのでしばらくは後回し。だいたい、究極のときにShop Pointパックでまとめ買いしたり、まだメカパッケの利用権も丸ごと残っていて向こう数か月はROが私を離してくれない予定なのに、ここにさらにパッケを積んだらもう年内課金しなくていいんじゃないのか…。

 ギルドのほうでは早速、このたび新規追加の生体MD(戦闘モード)に挑戦してみることになりました。初見で敵もどのぐらいの強さかわからないので、オーラエフェクトを切っているためわかりませんがほとんどのメンバーがLv175で参加。きっとものすごく眩しいはずです。心の目でご覧ください。



 早速閉め出されるシャーリー。

 一応全体支援なら外からでも届くのですが、仲間が画面外に消えてしまうと…。いくつか閉じ込められるシーンがあったので、みんなと足並みを揃えていかないと危ないですね。

 先の獄の記憶も新しく、恐らく生体ならステータス異常が怖いに違いないはずだ!と、この日も異常耐性盛り盛り&防御ペラペラの「紙ャーリー」で参戦。思ったとおり次々とメンバーが石化するわ混乱するわで大混戦。道中はABふたりがかりで次々回復を行って事なきを得ましたが、もしもこのとき支援を出したのが自分だけだったらと思うと…ぞっとしますね。



 最後のボスにももちろん挑戦。最後尾から支援をしていると戦況が見づらいため、ただでさえ視認しづらい生体MOBの現れ方やギミック等はほとんどわからなかったのですが、とにかくもう状態異常がつらいつらい。

 なにがまずいって、それはもうスタンの一言に尽きます。現状まともに耐性の取れる装備がないため、スタンが飛んできたら数秒間行動不能。味方の回復すらままならないうちに再びスタンでなんにもできません。

 そのうちメンバーが全滅してしまうも、倒れる直前にWLさんが放っていたChLの残りが当たったことによってギリギリの撃破。ジークを使ってくれた方に起こしていただきました。

 そして報酬のうまくなさに一同げんなり。「これが3日に一度か…やっぱり基地行っていたほうがよくない?」みたいなところに落ち着いてしまいました。時間があれば会話モードにも挑戦してみたいですが、まだミミミすらひとりも手を付けられていないのでだいぶあとになりそうだなぁ。



我ら来たれりin戦死者の墓



 しばらくお忙しくてインできていなかったほたるさんと再会。

 このときは月曜のティアマトYEの時間が迫っていて他のギルドメンバーは移動し始めていたのですが、私はMD巡回も控えているし今日はお休みしようかなーと思っていたら、ほたるさんからペア狩りのお誘いが!それはもう行くしかないですよね。

 というわけで行き先は獄に決定。ひさびさに来たばかりなのに過酷な場所ではありますが、庶民派(実際に庶民とは言っていない)のほたるさんだし、なんら問題はないでしょう。私も以前よりはいくらか装備もましになり状態異常耐性も取りやすくはなったので、少しはお役に立てるようになっている…はず。



 獄は本当に難しいですが、他とは違う緊張感があって楽しいですよね。

 前を歩いて索敵してくれて、射程に入った敵に合わせてこまめに装備を替えて殲滅を繰り返すほたるさんの仕事量の多さにはまったく敵いません。せめて私の装備がもう少し堅ければいいのですが、現状持ちうる装備で混乱・睡眠・凍結・石化と各種状態異常耐性を取れるだけ取っていると、HPも40kに満たずDefも取れず紙のようにペラペラな通称「紙ャーリー」状態。ここで無理を通したところで道理はひっこんでくれないので、おとなしく距離を開けて後ろからついていきます。

 特に序盤などは感覚に慣れていなくて背後湧きした敵への対処も即座にできなかったりな状態で、何度ほたるさんの即反応SWに助けてもらったことか…。Lv175になっているくせに、支援としてはまだまだな部分が多くてお恥ずかしい限りです。



 獄Cなんてドロップしてみたいですよね。狙うはチェンやランデルのような高額のやつ!

 しかし、チェンが飛んでしまったときに「1Gが逃げたぞ」などと言うので、まさかの金額呼ばわりに思わず笑ってしまいました。そう言われるとなんだかとても損をしてしまったような気分に!でもあいつすぐ飛ぶからなー。なんでか知らないけどいつも/えーんを出しながら泣いてるし。



 敵が大量に溜まっていた小部屋を、少しずつ釣りながら見事片付けました。

 途中、ほたるさんが前の敵と交戦中にシャーリーの背後にセシルが沸いて事故死したり、ランデルが来た!と思って闇アンフロを慈愛に着替えた瞬間、横にいたほかの敵にふたりとも凍らされてしまい、またしてもシャーリーの後方にセシルが湧いて見事私だけアロストの射程内という謎の連係プレーを見せられながら死んだり。最終的には、ピンチ後の建て直しを行っている最中に現れたセシルによって全滅させられての帰還となりました。

 死因のほとんどがセシルです。なにせ射程が長いので、後ろを歩いていると視界に入ってから対策したのでは時既に遅しという場面が多くてなぁ…難しい。

 あとはシャーリーはまだスタン耐性が残念なので、本気で獄に行けるようにするとしたら熾天使をジェミニ(青)にするなどして対策したほうがいいというアドバイスもいただきつつ…立ち回りと併せて、まだまだ課題は多いですね。ほたるさんにおんぶにだっこでしたが、ひさしぶりに一緒に遊べて嬉しかったです。



 今回の狩りのSSを、すっかり撮影し忘れていたというほたるさん。確かに前を歩きながら戦闘に集中していると撮影どころではないですよね。ほたるさんの分もしっかり記事にしておきました。

 そんなことを話していたらちょうどティアマトから帰って来たギルメンの方から「アキラさんが羨ましがるよ」と…。というのも、ほたるさんの帰還を待ちわびていたのは私だけではもちろんなくて、このときはたまたまログインできていなかったアキラなどは、このところ毎日のように「ほたるさんまだ来ないのかなー」と言っていたからなんです。

 そしたらここでの解散後、アキラとチャールストン工場の前でばったり遭遇。シャーリーがほたるさんと獄でデートした旨を聞かされると「もうしらない!」と言いながら工場に駆け込んで行ったのでした…。



やっぱりギルド狩りって楽しいね



 ギルドの日課のHH基地を回していたら、そのとき揃っていた5人が全員Lv175のキャラを持っていたので「そのキャラを出してイーブルを倒そう」というギルマスの提案によりオーラ集合!普段はエフェクトを切っていますが、こうして表示すると改めてまぶしい!

 複数キャラでオーラになっているメンバーもいますが、それでもLv175で集まるとなるとほぼ全員にとっていわばメインキャラを出す以外の余地がなくなるはずなのに、いざ集まってみると随分バランスのいい構成。ギルドメンバーの間で好きな、あるいは得意な職がうまくばらけているのでPTプレイがしやすいですね。



 イーブルも問題なく撃破。

 しかし途中、なぜだかシャーリーが一撃で転げてしまう場面が…。おそらく、自分で張ったはずのニューマの範囲から自分だけはみ出していたんだと思います。仲間が無事だったから全然いいのですが、一体何をやっているんだ…。

 残念ながらドロップはなし。MVPアイテムはコインホルダーだったようですが、MVPを取ったWLさんが「転がった人が持っていくといい」とシャーリーにくださいました。支援としては情けない限りですがその優しさが沁みます。

 ここで「そういえばイーブルカードって効果なんだっけ」というギルマスの発言が。知らないまま言い出していたのか!でも、ソロじゃ撃破できないボスってみんなのいるときに突撃したいですもんね。いっぺんぐらいみんなでボスCとか拾ってみたいものです。



 というわけでみんなでETへ。カード出すぞー!

 例によってメンバーのほとんどがオーラのメインキャラを持ってきているので殲滅がめちゃくちゃ速いです。ほとんど歩いているだけでそのフロアが終わるようなペース。まだLv175になっていないメンバーに少しでもEXPが行き渡るようにと、ちゃんと公平を入れて進軍しています。

 ただでさえ火力が強すぎるのに、もうお一方の支援さんが上手なので楽させていただきっぱなしだったような…。一応ボス戦とか頑張りましたよ!



 あっという間に最上階到着。

 ボス部屋の前の噴水で体力回復ができることを初めて知りました。とはいえこの周辺環境のおどろおどろしさから見ても、どう頑張っても飲めるような雰囲気していないですよねこれ…なんかすごい緑色してるし。

 まぁ、そんな細かいことを気にしていては立派な冒険者にはなれないということは、みんなこれまでの経験からよく知っているはずなので、今更ツッコミを入れるポイントでもないよな。



 ジェネさんがコートした修羅さんに先行して突入してもらって、敵が鬼湧きするギミックをRC&アロスト&EStrで片付け。ボス戦ではLPを敷いてもらって、ABふたりで後方支援。全員が己の仕事をこなして撃破!

 登頂まで本当に短時間で終わってしまったのですごい。途中の生体の階とかも怖くなかったもんなぁ。



 みなさんお疲れ様でした!

 このペースなら毎週さくっと遊びにこれそうでいいですね。このあと6月末に控えているET祭でも毎日来ることになるでしょうし、そちらも今から楽しみです。

 そうするとやはり狙って行きたいのはレアドロップ…!なにせ今日も道中でカードが落ちましたからね。



 そのカードがこちらです。

 最後の清算品は例によって/e19のサイコロによる抽選だったのですが、4と2がひとりずつで残りが全員1というやる気のなさには笑いました。これといったレアもなかったですもんね…気持ちはわかります…。そんな中、うっかり5の目を出したシャーリーが総取りとなったのでこれもおまけでついてきました。いや、箱とか帖とかもらえたからいいんですよ!いいんですけど!

 それにしても、RO自体のプレイヤーも昔ほどはおらず、中でも人口の少ないGimleにおいて、安定してメンバーの集まるギルドに入れてもらって現在でもこうした「ギルド狩り」ができるというのって本当に楽しいしありがたいことですよね。

 一緒に遊んでくださっているみんなのためにも、今度はなんかもっとすごいものが出ますように!



はりきって調査に行くつもりも



 話は遡って調査期間2日目。この日は水曜MHからの流れで、シャーリーの旦那さん・hspnもギルドでの夢幻PTに加えてもらいました。こちらのギルドメンバーのログイン時間どころか、シャーリーやアキラとすらもなかなかすれ違っているためこのブログでもレアキャラと化していますが、こうしてときどきお邪魔させてもらうたびに快く仲間に入れてもらえるのは私もありがたいです。ギルマス的にはGvやTEにも引きこむ機会を窺っているようなのですが…。

 ちなみに、50階でルキフルが出てくる場所では、みんな「奴」ことデッドエンドの情報をあたかも初めて聞いたかのように、その言葉に対して驚いたり神妙な反応を見せたりしてあげるのがいつの間にやらひとつのお約束のようになってます。いつもこういうところで一芝居打つのは、いつも地下排水路に行けばニャアアアアしたりフーフーしたりしてる人たちです。

 どう見てもただの茶番なのですが、だいたいルキフル自身だってやってることは…ねぇ。



 この日も登頂を目指すためのベスト構成とまではいかなかったので焦らず進んでいく感じでした。一度だけデッドエンドにやられてしまったりもしましたが、時間いっぱい使って90Fまでクリアできたのはメンバーの予想以上の結果でみんな満足。

 ちなみにこの日に手元にきた装備には、当たりはもちろん笑えるゴミディーヴァすらないという非常に中途半端な結果に終わりました。



 続いて土曜日。この日はメンバーが揃っていたので満を持してペンギンルートへ。こちらはデッドエンドが出てくるのが早いのが怖いですね。そしてきつい獄の階…。99Fまではクリアできたものの、100Fへ移動したところでタイムアップでした。

 もう少しだけ短縮できていればと思うと惜しかったけど、手ごたえのあるダンジョンにみんなで挑むというのはやっぱり楽しいですね。これまで夢幻は単独でしか覗いたことのなかったソロ軍団のhspnも、自力では相性が悪く踏破しづらい箇所などもPTでどんどん攻略できたので楽しかったようでした。

 自分の支援の至らなさに臍を噛む場面も多かったので、あとはもう私の努力ですね…。あとできたらもうちょっとスペックのいいPCにしたいなぁ…(寝言)。



 お楽しみの鑑定タイムも、ハズレっぷりに落胆する一同。

 あ、その悪魔の実って知ってる気がするよ。シャーリーも気づかないうちに食べてしまったんじゃないかと思っているやつだよ。奇遇だな。



 それら数あるゴミディーヴァの中でも印象的だったのがこちら、Defカット付きマジカルアックスです。魔法60%という美しさが完璧な無駄でしかなくて非常によろしいですね。しかし、先日のカタールほどのインパクトはありません…あれは武器属性と特化種族のダメさがイケてました。

 そんな感じで「楽しかった」以外にこれといった収穫もなく終わってしまった今回の調査期間。一番大事なものが得られているのでいいんですけど、もうちょっと行けたらよかったな。精錬祭が終わったばかりの頃ははりきって調査する気満々だったのですが、やはりリアルな体力気力には限界が。次の調査のときは記念撮影するんだ…!

 ROの中でも外でもやりたいことはまだまだいろいろあるんですよね。私自身のMHPを10%ぐらい増やせないかな…やはりここは筋トレか?



超☆司祭!シャーリー伝説!!(謎)



 長司祭の指輪を買ってしまった…!

 先日作成できた大司教2&大聖堂1主記憶装置とのセット効果が非常に強力だったんですよね。ちょうどこのとき焦げた記憶媒体を分けてくれたお友達が長司祭をお持ちだったので試しにと言って貸してくれて以来、すっかりその魅力にとりつかれてしまったシャーリーだったのです。

 それからというもの、せっせとメカでMDを回して金策に励み、たまたまオレンジウサギ目当てで引いたコスたまから運良く出てきたかわいい衣装が無事に旅立ったこともあって、思いのほか早いうちに入手することができました。こんなに露店から装備を買うのでドキドキしたのはアルクイエンをふたつ揃えたとき以来だ…!



 シャーリーはプリースト時代から現在に至るまでずっと、とにかく「ヒールの回復量が多ければ多いほど嬉しい」というきわめて単純な性格なのですが、長司祭と主記憶装置のエンチャントが合わさることによってヒールの回復量はより増加しながら消費SP量はぐっと減り、それだけでなくコルセオヒールが無詠唱で連打できたり、完全回避も増えるしと本当にいいことづくめ。

 私にとってはこれひとつでも高額ではありましたが、性能からすればむしろお買い得といっていい価格だと思うし、支援を動かすのがさらに楽しみになったので、無事に入手できて本当によかったと思います。

 おかげでお財布はまた少し寂しくなってしまいましたが、このあとも欲しい装備はまだまだあるので今後もはりきって稼ぎましょうね…たまにはなんかレアらしいレアが出たりしてくれてもいいのよ…?



 おまけ。GimleのMHは動作も軽くて快適で、みんなが強くて仲も良くて、6階の休憩地点では大量のあれがばら撒かれて(水曜日)楽しいよ!



枝祭りは突然に



 日課を終えてたまり場でまったりしていると、おもむろに修羅さんが倉庫へ行ったかと思えば古木の枝を持って戻ってきたので、唐突に枝祭りを開始することになりました。

 どういうわけだかいつもこういうのはいきなり始まりますが、気にしてはいけません。



 さすがに普通の枝ならLv175の3人で手こずることはないですが、アキラがダークシャドーの魔法反射を知りながら挑んで倒れてみたり、ランデルが登場したときは闇鎧で来てしまったシャーリーがダッシュで逃げたりする一幕も。なぜか今回よく出てきたのはラフレシアだったような。忘れた頃に草や卵が現れるのも枝あるあるですよね。

 ジョセフィーナなる謎のダンサーが出てきたときは3人とも「どちら様ですか?」状態だったのですが、TEのアジトダンジョンに登場する敵みたいですね。調べによるとTE砦のアジトダンジョンにはおなじみの生体Dopの面々のうち、G砦には転生二次職組、K砦には一次職組がそれぞれ二次職の姿で登場するらしく、その際カヴァクがバードになっているので、そのダンサー枠がジョセフィーナ。知っている人あんまりいなさそう…と言うかこのときのうちのギルドもまさしくK砦の城主だったのに…。

 TE砦Dopといえば、前述のバードカヴァク、クルセのイグニゼムやローグのヒュッケバインなども出てきていました。この修羅さんは壁役としての宿命ゆえか自他共に認める見事な攫われ芸の持ち主で、金曜MHの索敵フロアではPTチャットから悲鳴が聞こえるのはもはやお約束、獄でも後衛を壊滅させたことすらあるのですが、このローグヒュッケバイン、最後の方で出てきたガーディー=ウーにも攫われることはなく済みました。なーんだ残念。



 まさかの枝MOBからのカードドロップ!しかし落とし主は…。

 そう言えば、枝からカードって初めて見た気がします。これが落としてくれればいいのになぁという敵も何回も出てきたのですが、やっぱりうまくはいかないようにできているのか…。現実は厳しいのだった…。

 100本を使い切ったあと追加投入を経て、ひとしきり笑ったところでこの日はお開き。お疲れ様でした!



 ところで、コンバーターの材料がなくなったのでスコーピオンを倒しにベインス北に行きました。

 スコーピオンならSD1にも多いし、ついでにクモ糸を落とすアルゴスも生息していて一見便利なソーサラー御用達マップのように見えるのですが、広さと構造の複雑さに対して湧きがまばらで、テレポした先で視界にまったく敵がいないこともザラ、しかも足が遅くて戦いづらい。そこで、サソリの尻尾目当てならベインスフィールド04、クモ糸ならミョルニール山脈05の赤芋峠。ついでに赤黄ジェムならジュノーフィールド09でドリラー狩りがそれぞれ鉄板スポットです。

 プロンテラの近所に多数生息しているシムリやスタイナーの皮、同じくホルンを狩るかあるいはRRWで牛を倒せば貯まっていく硬い角に比べると、火コンだけ少々材料集めが面倒な気もしますね。ここはベインスまでジョンダパスを活用してひとっ飛び。

 町の北側、ベインスフィールド06。低めの引きの視点から表示される特殊なマップを抜けてさらに北を目指します。ラヘルアップデートの頃からプレイしているシャーリーにとって、当時からクエストなどでたびたび出入りすることのあった場所で、ここは特に叙情的な音楽と相まって「ものすごく遠いところに来てしまった」という雰囲気があって好きだったなぁ。



 ベインスフィールド06の、町への入口との反対側にはWPが一箇所しか存在しないのですが、北隣の04の南にあるWPからここへ入った場合と、西隣の05の東のWPから入った場合の両方がここと繋がっており、逆に06から外へ出ると04と05のいずれかへランダムで飛ばされるという謎仕様になっています。

 目的の04ではなく、05のほうへ出てしまったときは一瞬「???」となりました。ここは「黒い石」クエストで訪れることになるマップで、同じベインスでもトール火山クエストのようにストーリーの根幹に関わる重要なダンジョン入場の前提になっていたりはしないため、私はやったことがなくて初めて知りました。ちょっとびっくり。

 以前にもジェム集めにジュノーフィールドを歩いたときの謎の建物や、昨年のクリスマスでターキーペコを狩りに迷宮の森へ行ったときのThe Signで使うマップなど、何かを集めているときに限って不思議なものに出くわすことが多いです。シムリ海岸の謎の洞窟の入口とか。



発光式in軍事基地とお花見二次会



 土曜日のティアマトのあとは再びいつものギルドメンバーとモロクのたまり場に集合。また、ちょうどタイミングよくインしていた、シャーリーが休止前から所属しているアルデバランのギルドからもメンバーが来てくれて、みんな一緒にHH基地へ。

 いよいよユリアンさんの前で報酬をもらう…となったときには、みんな隣に集まってシャーリーのレベルアップを見守ってくれました。



 日頃お世話になっているみんなと一緒の時にオーラになりたいとはずっと思っていましたが、こうしてちょうど大勢が揃っているタイミングに合わせて声をかけてくれたギルマスや、イベント終了後の少し遅い時間だったにも関わらず快く付き合ってくれたみんなに心から感謝します。

 普段は双方のギルドに私と友達のアキラが共通して所属しているだけで直接の交流はないのですが、いずれのメンバーもシャーリーがROをプレイし続けているうえで大事な仲間なので、こうしてみんなが見守ってくれる前でカンストというひとつの区切りに到達できたことが本当に幸せです。

 上記のSSだとそもそもMDの中だからリログできないから光ってないし、あと普段から一瞬の隙をついてブログ用のSSを撮ったりすることが多い兼ね合いもあって、コマンド/auraと/aura2を入れてしまっているので伝わりづらいですけど…ちなみに話はちょっと逸れるのですが普段にゃん魂も消してます。かわいいくて好きなんだけど、キャラの顔と重なっちゃうので。



 そのあとは、先日シャーリーが「プロンテラに桜が咲いているうちにみんなでSS撮りたいなぁ」とこぼしていたのを覚えていてくれた方の提案で、首都に移って撮影会。完全にお花見です。

 眩しいので簡易表示にしていますが、オーラのメンバーが多い…!後列にふたり、前列に3人もいます。この日ご一緒できなかった自称・庶民派のWLさんもいるし、シャーリーを時期を同じくしてオーラになったRKさんも。あとは後列右のWLさんももうすぐだから、あとはその手前にいる修羅さんだな!と、みんなでプレッシャーをかけているところです。



 最後はモロクのギルドのギルマスお気に入りの「/ふん」エモで。

 このエモはアルデのメンバーも好きなので昔からよく使っていたのですが、示し合わせたわけでもないのになぜかみんなして「モフー」と呼んでいたのには笑いました。ちなみにシャーリーもエモのショートカットに常に入っています。モフー。

 ギルドのみんなからもお祝いの言葉だけでなくC帖などたくさんのプレゼントをいただき、中にはサンタ服に着替えて持ってきてくれるという楽しい演出をしてくれた方までいたり。また、このときティアマト攻城戦の反省会をしていたお友達がシャーリーがオーラになったことを知って急遽駆けつけてくれる場面まであったりと、恐らくは私が自覚しているそれ以上に「お友達に恵まれている」という、もったいないぐらいの僥倖にあずかれたことをひしひしと感じて、帖を開ける傍からどんどん出てくる微妙なカードにみんなと笑っている間なども、ただひたすらにその楽しさと喜びをかみ締めることしかできませんでした。

 普段なかなかお礼って言う機会がないだけに、やっぱりみんなと一緒のときに光れてよかったなと思います。本当にありがとうございました。



 こうして無事、Lv175と相成りました。

 かつて私がROをプレイ開始したのは転生の実装よりずっと後だったし、いざ転生Lv99になったときには既に三次職があり、Lv165の上限開放が来たときにはもうほとんど遊んでなかったので、以前にも述べたとおり「その時点でゲーム内の仕様における最高レベル」に到達したのはこれが初めてです。

 キャラの職業的な意味でも私個人が持てる根性とか時間的な意味でも、シャーリーひとりの力では絶対に到達することの叶わなかった場所です。ここに来れたのは、直接EXPに関わるいつもの日課のMDや訓練だけでなく、Gv、季節イベント、夢幻の調査などなど、いろんなところへシャーリーを連れて行って、たくさんの楽しい時間にご一緒させてくれたみんなのお陰です。

 前述した通り周囲にはすでにLv175のメンバーが多く、またこれからも増えそうなので、みんなが揃ったときはいまだ未知の「異形」なるところとか、獄みたいな難しいところとか、あとはETとか…またいろんな場所に行きたいですね!

 実はカンストしたら燃え尽きてしまうのではないかとも少し心配していた部分もあったりしたのですが、今はむしろこの先のことにわくわくしています。あと、実際に使うことはないかもしれないけど、フルスロットルというのも記念として覚えておきたいから、またそのあたりも調べて行っておかないと。

 これがゴールではなくまた新しい楽しみのスタートになりますように。いつも頼りない支援ではありますが、これからもシャーリーをどうぞよろしくお願いいたします。



<< | 2/5pages | >>





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。