予想外の速さで



 引き続きソフィアは名無し3Fにて修行中です。

 MEのディレイの長さにもなんとか順応できるようになり、連続でSBを喰らうとかよっぽどスキルを出し遅れるとかがない限り事故を起こすこともほぼなくなりました。だんだんと狩場に滞在できる時間も延び、多少ハウス化した場所でもなんとか立ち回れるように。どの敵も最初に会ったばかりの頃に比べると怖いイメージはすっかりなくなり、それどころか倒すのがどんどん楽しくなってきました。

 気づけばLv170が見えるところまで来たので教範を使ってスパートをかけます。

 途中、ブブ様っぽいハエの一団を見かけてしまったのでちょっとびっくりしましたが、そちらには幸い轢かれることなくやり過ごせました。



 どうにかこうにか目標達成!

 装備を借りたとき、Lv170なんてすぐだよと言われたのですが…、3Fの厳しさに対応できるようになるまでが一番大変でした。そこを乗り越えてしまってからは逆にむしろ楽しくなってきて、そのせいでなかなか日課ソロMDや今週のRRWが進まないという弊害?が出てしまうほど。でも、確かにすぐと言ってしまえばすぐだった気もします。狩りにいけなかった日も含めて1週間かかっていないですからね…。

 深淵の回廊の前の一週間は少しゆっくりしようとか思っていたのに、ソフィアで必死しすぎて忙しいぐらいでしたが、こんなに強力な装備を数日間にもわたって快く貸してくれた先輩メカ(のMEAB)には心から感謝です。

 さて、これでLv170を超えたキャラクターはメインABのシャーリー、WLのアナイス、皿のニフェトスと、メカ1号シトロン&2号レザンに続く6人目となりました。つい最近までLv130台だったような気がするソフィアが、まさかこんなにすぐここまで来れるとはまったく予想だにしていませんでしたよ…。このあとすぐメカ3号のスリーズとABその3・ノワゼットも控えているし、いよいよもうすぐ来るであろう精錬祭が楽しみになってきました。



修道院の真の恐怖の正体とは



 お借りした装備で、順調にレベルアップを重ねていた見習いMEのソフィア。

 名無し2Fでの狩りにはすっかり慣れきって、EXP効率としても順調に高い数値を叩き出してはいたのですが、さすがにLv165を超えてくると伸びが渋くなり始めたのでいよいよ3Fに踏み込むことを決意。

 少しずつ倒して歩を進めていったものの、そこかしこがハウス化していたり急な横湧きにもなかなか対応できなかったり、中でも落とすのに時間が掛かるのに通常攻撃すら痛いバンシーマスターには特に苦戦させられたり…。確かに稼げるEXPは桁違いなのですが、それを得るための戦術があまりにハードで、すっかりへろへろになりながらこの日何度目かの拠点への死に戻り。



 見かねたアキラがWIで壁をしてみたらどうかと言って、回避装備に着替えてついてきてくれました。まずはアキラが先行して敵をある程度まとめたら、私がオラティオからのMEで落とし、敵がいなくなったらリカバリーでWIを解除してまた歩き出して…というのをしばらく繰り返してみます。

 このWI作戦、試しにと言い出したアキラ本人の予想すらも超えるほどに効果的で、まったく普通のペア狩りとして成立してしまったどころか、試算すると仮にふたりで公平分配したとしても私が2Fソロで稼ぐ倍近いEXP量を得ているであろうという驚きの結果に。



 やんごとなきお方の死体に、謎テンションのウザ絡みをかますアキラを激写。

 かつてシャーリーがハイプリーストだった時代、臨時の定番といえばこの名無し3F。当時はまず3Fの入口に到着すると「よろしくお願いしまーす」という挨拶からのレジポを使い…というのがお決まりのスタイルで、PT内にクエスト未完の人がいたときなどはこの王の部屋まで立ち寄ったものです。今はここに到着することすら困難ですね…。

 ここがどういう内装のマップだったかも忘れかけていました。思えばティアマト攻城戦で牢獄として使用されているのがこの一番北端の部分でしたね…そういえばスイッチを見るや否や押しちゃう人が生贄にならなくてもよいタイミングなのにここで血を捧げてしまい、HPがどんどん減って大変だったことがあったな…!

 と、こんな感じで軽い試し狩りではありましたが、なかなかおもしろい具合に終了。



 その後、あらためてソロで挑戦してみました。

 やっぱりきついのには変わりがないのですが、どの程度の量なら耐えられて敵が落とせるのかが徐々に見えてきました。死にかけたり物資が尽きたりして拠点に戻るのを繰り返すたび「めちゃくちゃしんどい」の中にあるわずかな「楽しい」の割合がほんの少しずつつ大きくなっていくのを感じ、次はもうちょっと行けるかもしれないと言ってついついまた出直してしまいます。

 2Fも2Fで大概でしたが、ここ3Fにも妙な中毒性というか不思議と何度も通いつめてしまうものがある名無し修道院…もしや、これこそがこの名もなき島の真の恐怖の正体なのでは!?



ソフィアの狂信者系神職キャラごっこin修道院



 イベントも終わったことだし、日課のソロMDも平常通りに。

 そしたら、よくMHでご一緒する&うちのメカと同じ日課を周回しているお知り合いと遭遇。そんな先輩メカからシトロンについて行って見てみたいという提案を受け、ペアで険しい道に踏み込むことになりました。同じ職の強い人から戦闘の様子を見られることに地味に緊張したりもしましたが、お互いにとって既に作業と言ってよいソロ日課においてはいい気分転換になってくれたこともあって楽しく遊ばせてもらいました。

 その後軽く職パッケや装備談義などをしていた流れで、いずれ何かしらの退魔型にしたいものの保留している私のABその2・ソフィアに話が及ぶと、MEの装備を貸してくれるとのこと。以前にも述べたとおりいずれシャーリーと入れ替わりでHH基地の支援要員にすべく育成を急ぎたいものの、現状その手段が限られておりかつ伸び悩みがちなLv150台に到達してしまったソフィアにとって、このお申し出はまさに渡りに船。ありがたくお言葉に甘えさせていただくことにしました。

 私の資産では到底手が出せないようなバッチリ整った装備を気前良く貸してくれたかと思うと「じゃ、夕飯の準備があるから行ってきな〜」と、ソロで名無しに放り出されるというフリーダムっぷりでした。ちょうど入場の前提もLv140になる前に楽園団関連のクエストのために石片を使って済ませていたので、さっそく出発。



 きっと強いだろうな、どんどんEXPが入るだろうな、とは戦う前から思っていましたが、シャレにならないぐらい強いわEXPが稼げるわで、もはや驚いている暇すらもありません。

 ソフィアはスキル構成こそずっとME型だったのですが、昔から周囲の面々に火力役が揃った環境で育ち、かつ常にメイン支援のシャーリーとはLv帯が離れていたのでそちらで組むことのできないPTや、あるいは最近ではおなじみ地下排水路をはじめとしたMDの支援役としての仕事がメインになっており、MEでのソロ狩りは数えるほどしか経験がないんです。

 そんな素人退魔師の不慣れで雑な戦い方なのに、ガンガン容赦なく沈められていくネクロマンサーたち。敵に囲まれたところでこちらがダメージを受けるよりも速く消滅してしまうので、稀にピンチがあったとしてもほとんどの死因といえばゾンスロのSBを連続で喰らってしまう事故が起きたとき程度しかなく、それも出直せば一瞬で取り戻せるんだからデスペナなんてあってないようなもの。



 途中、ヒバムおじさんの手厚い歓迎を受けたので応戦し、イグ実やスピリンをお土産にもらいました。

 拠点と修道院の往復を繰り返し、青ジェムは秒速で溶解していきます。そうしてなにかにとり憑かれたかのように、ただひたすら無心にMEを敷き、MEを敷き…もともと延々黙々ソロ狩りをすることが苦にならないタイプですが、体力と時間さえ許せば本当に際限なくやっていられそうなところがありました。気分はさながら不届きな死霊魔術師を高笑いとともに浄化していく狂信者系神職キャラ。



 RRW上位もこなしてあっという間にLv167を達成し、ABその3・ノワゼットと並びました。装備はLv170になったら返してね、と言われたのですが、こんな高級品持ってるだけでも怖いので、さっさとレベル上げして早く返さなきゃ!

 ソフィアの育成方針もしっかり固めたいし、願わくは今後くるABパッケがMEスターターセットみたいな内容だったらいいんだけどなぁ…。



気になる衣装



 今週もラグ・コレ期間中ということで、いつものMDをソロやみんなと回って、あとはRRWを順にこなしたり、MHに参加したりといった感じで比較的まったり過ごしています。

 地下排水路もラグ・コレの討伐対象ということで、基地を終えたら「ニャアアア!?しようぜ!」と連れて行ってもらいました。Lv150に満たないソフィアにとって、ギガミックス盛りの報酬経験値はまだまだかなりおいしいんです。うみしん(海神のこと)も手に入るし…って、そう言えばそろそろVSマヨマヨの決着をつけなければならないんだったよな…。

 以前にも書いたとおり、最近ノワゼットがHH基地に入れるようになったことで、ギルドPTで周回時の支援役の層が少し厚くなったのですが、今度はシャーリーの基地卒業が本当にそろそろ時間の問題になってきたので、そこを埋められるようこのソフィアもできるうちに少しでも育てておきたいんですよね。「いざとなったらスパルタするよ」と言ってくれるお友達もいるのですが…果たしてどうなるやら…!



 お友達の修羅さんが今月のコスたまで[衣装]ニコニコした目を入手して以来ずっと微笑を浮かべている…のですが、なんだかどうにも煽り力が高いような気がしてならないこの表情。戦闘モーションのときはキリ眉になるのがちょっとおもしろいですよね。ちなみに片目が隠れたヘアスタイルで装着すると、前髪が消えて両目とも見えている感じに。

 このギルドのメンバーは衣装が好きなタイプの人とあまりこだわりのないタイプの人にわりと綺麗に分かれるのですが、今回はイベントの報酬でいろいろともらえることも手伝ってメンバーみんなの見た目がちょいちょい新しくなっていたりもして、そんな様子を見ているだけでも楽しめます。



 レンタルで付けてみた[衣装]戦乙女の翼。この翼自体のグラフィックもなかなか出来がいいと思うのですが、個人的には特にこの淡いカラーリングが絶妙だと思います。時折着けている人を見かけますが、みんな誰にでもしっくり来ている形なので、そういう部分もいいですよね。

 なんとなくソフィアで背負ってみたら服装との色合いの組み合わせがバッチリ。今回のコスたまはそこまで気になるものはないからお財布が助かったとか言っていたくせに、いざこうしていい感じの見た目を知ってしまうとちょっと欲しくなってしまうではないか…。楽しいけど困ったイベントだ!



ソフィアのおんぶにだっこ日記



 一応「何かしらのスキルによる攻撃手段のある型」にしたいという曖昧すぎる未来図だけは想定しているものの、具体的なステスキル構成や装備を考えている時間も予算もなく、いまだにソロで動かすには至らないABその2・ソフィア。

 とりあえず予算の点はさておくとして、攻撃手段というのはジュデでもアドラでもMEでも、これといって特にこだわりはないのでなんでもいいんです…それこそ例の職パッケにABのものが来たりでもしたら、そのときに内容を見てから考えるのでもいいかもしれない。いずれにせよ腰を据えるのはメカ2&3号が育って、メインの支援やWLの装備がもう少し充実してからなので、かなり先のことになるだろうなという感じです。

 とはいえこの1.5倍期間のような育てやすいタイミングで、ABその3・ノワゼットなどと同じく低Lv帯のキャラたちでもできうる限りレベルは上げておきたいところ。

 ノワゼットならソロで完了できたRRWも、Aspdがなく日月神示を使いこなせないソフィアではどうにもならないのでアキラのキャラが受注したものに便乗させてもらったり、あとはギガミックス盛りに同行して報酬EXPをいただく作戦に出たり。



 同様に、ジターバグにも連れて行ってもらいました。何から何までおんぶに抱っこで恐縮しきり。一応、必要かどうかはさておき支援としては動けるので、なにもできないよりはマシという感じでしょうか…。

 それにしてもこのニュオーズ…「私も協力するから心配無用」とか言ってるけど、いいからじっとしててくださいと言いたい。こいつのせいで凍結対策をせざるを得ないので、fffジターバグ戦では風アンフロを着せることにしています。



 そのニュオーズを探しているというアイグと、そのアイグを監視している(?)メロディージャックの依頼も受けましたが、これも職や装備にもよるのでしょうけどLv140未満には結構ハードルの高いダンジョンに、属性もまばらな討伐対象が揃っているのでなかなか厄介だと思います。Lv120台の養子Sノビの友達が命がけでこなした話を聞いていると尚更、なぜニュオーズはこんな場所ばかり彷徨っているんだと思えてくるし、やはり迷惑な奴という感想しか出てきません。

 アビスレイクの「これ絶対データルの足元だろ」みたいな場所も大概でしたが、ここ名無し2Fもヒバムおじさんのテリトリーで超危険地帯だと思うんですけど、なぜ焚き火などして悠長に留まってなんかいられるのか。しかもここは屋内なので危ないし、片付けもしていないのはマナー違反というかルール違反なのでは。

 一体、なんでアイグやルナインはこいつに憧れているんだろう…楽園団、謎ばっかりだな…。



ようやくLv130到達



 難航していたABその2・ソフィアの育成ですが、アキラにMD回しを手伝ってもらいました。

 魔法大会コインを納品し、地下排水路、ジターバグ、フェンサラ、サラの記憶、呪いの剣士、チャールストン…と盛りだくさんな内容になってしまいましたが、快く付き合ってくれて本当に感謝です。型はどうするかまだ未定なのですが一応支援もできることだし、お荷物だけど少しぐらいは役に立てていればいいのですが。



 なんとかLv130になりました! 

 これでRRWに連れて行ってもらえるようになりました。ソフィアに関しては純支援のシャーリー、AS殴りのノワゼットとの差別化を図りたいので、ABスキルによってなんらかの攻撃が出来るタイプの構成にしようとは思っているのですが、先に育てておきたいキャラもいるし、揃えるべき装備があるはずだしということで、このあたりはゆっくりレベル上げをしながら考えようかなと思います。



突然のギルド狩り



 日曜日はGvに参加。

 これまでGvはまったくやらなかったのですが、復帰してからご縁のあったギルドのほうで9月のYEに誘われたことをきっかけに参加するようになりました。Gvのためににぺの色違いみたいなお邪魔皿を作ってせっせとエンペを割っています。

 今日は途中までギルマスがいらしてなかったためやることがなくなり「じゃあ今から狩りでも行くか」という流れになって、みんな揃って深淵の回廊へ。



 メインABのシャーリーは教範中で身動きが取れないためソフィアで参加。AB勢が全員寝ちゃって誰も助けられない…などという場面もありつつ。

 これまでは、多くても先日GHMDに行った4人ぐらいとしかPTをやらなかったので、こんなに大人数のG狩りはまさに「G狩り!」って感じで本当にわくわくします。みなさんのお役に立っているかはさておき、仲間に入れてもらえて本当に嬉しい。



 またしても寝てしまった…よく寝るなこの人たち…。

 このあと22時前にギルマスがインしたため、一旦中断して砦へ帰還しましたとさ。




| 1/1pages |





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。