虚無ウィークを乗り越えろ



 ジューンブライドの衣装はメンテ明けの夜にもらってしまったし、そのほかにはこれといったイベントもないため、ギルドでもオースを周回したりティアマトに参加したりと、それはもうまったりとした平常運行のまま週末を迎えることになりました。

 あまりの平和具合に、ギルドでは「座りながら回る」という宴会芸のレッスンが始まったりしました。珍でRCを使用した直後にInsertキーを押すだけなのですが、そのタイミングが肝心。RC以外にも、ジェネのCTや修羅の天羅など、その場で回転するタイプのスキルであれば同様のことができます。特に天羅はガタガタしてシュールなのでおもしろい。

 こういう「なんかおもしろい」以外になにもない小ネタって好きなんですよね…。珍を作ったばかりなので、なおさらこの場に一緒に参加できたのが楽しかったというのも私にとっては重要なポイントです。



 突如、謎の寸劇が始まったり…。

 それにしても、日々暑くなってまいりましたね。皆さまも熱中症などにはくれぐれもお気をつけください。そして来たる精錬祭に備えて英気を養いましょう!





新米珍、ミミミをクリア



 ミミミのミッションもいよいよ大詰めです。

 今回は1キャラだから頑張れていますが、2キャラ目はもういいかな…という諦めモード。とりあえずTE用のキャラを除き全員Lv170は突破できているし。でも昨年、生体EDDAが来たときには2キャラで全部クリアしたんですよね…。確かあのときはもっと期間は長かったはずですが、それでも我ながらよく頑張ったものです。というかもうあれから一年も経つのか…!

 ETでカードを拾いましたが、出るタイミングがちょっと早い!もう少し奥のほうにいる虎が落とすべき!



 空中要塞はギルメンと4人でクリア。

 ここはSJアーネストウルフに会うまでの道中の長さと、報酬が王家貢献の証たったの10個といううまみのなさも合わさって全然来ないため、どういう内容なのかもよくわかっていません。あの数々の小部屋にはいったい何の意味が…?というレベルです。

 ミミミのミッションで来る必要があったとき以外に踏み込んだのはたったの3回。すべてメカ1号・シトロンでの挑戦ですが、最初は先輩メカから「メカソロでできる」と教わってついて行ったとき、次が万が一の際起こしてもらう役としてアキラ湾について来てもらったとき。

 そして3度目がソロでの挑戦だったのですが、SJアーネストウルフをあと少しで倒せるというところでダークサンダーを喰らってしまい、もちろん悪いのは言うまでもなく対策しなかった私自身なんですけど、それまでの単調かつ冗長な道のりを思い出したら心が複雑骨折を起こしてしまい、それ以来私の中で封印することになってしまったMDです。



 と、紆余曲折を経て、周りの方々のご協力を得ながらパーフェクトクリアとなりました!特にhspnとアキラにはかなり付き合ってもらってしまい、もうひたすら感謝感謝です。本当にどうもありがとう!

 最終的に、Lvは171まで上がりました。無事にイルシオンも終えているので、あとは日々のオースに連れて行っていただくなどしてまた少しずつ育てていきたいと思います。



 ふとポケットを見たらいつの間にやらミミミに何かねじ込まれていましたが、ここはひとつ見ないフリを決め込んで、ここからの珍ライフに期待を膨らませつつ今回のイベントは期間終了より早めに幕を下ろすことといたしましょう。

 しかし、なかなかオイルなどのキャンペーンのお知らせが来ませんね…。別になんでもないときに買ってしまうことが悪いわけではないのですが、「例年通りであればとっくにあるはずだからそろそろ来てもいい」と思うと財布の紐は固くなってしまう一方です。



新米珍のミミミ日記



 引き続き、ミミミで新米の珍・シャウラを育成しています。

 装備が整っていない現状、どうしても上級、超級になってくるとソロでのクリアが難しいものも増えてくるのですが、友達が手助けしてくれたおかげもあって順調にクエストリストの消化を進めることができています。

 また、PTリーダーをクリア済の友達キャラが担当してくれることによってMD内での会話が省略できるので少し時間短縮にもなってお得な感じなのもありがたいポイントのひとつです。

 この地下排水路だけはどうやっても毎回時間がかかるんですけどね…。と思ったらアキラが突如「次に開く排水路当てゲーム」を始めたので一緒にやったのですが、なかなか楽しかったのでお掃除に飽き飽きしている方におすすめしてみようと思います。



 時間が掛かるといえばゲフェン魔法大会。ここはひとりでしか入れないので初回は我慢のしどころです。

 それにしても、まさか全身ミミミの支給品の防具セット&ボス用カタールでフェンリルまで倒せてしまうとは…おそるべし。どうしても倒せなかったら、ギルドのお友達あたりに頼み込んで珍用の装備をお借りするほかないかとすら考えていたのに。



 メインウェポンとなるローリングカッターの使いやすさのみならず、EPで触媒なしの属性付与ができる点、EDPによる瞬間的なブースト、さらにDCを加えて与ダメアップが図れるのが魅力的。何よりもバックステップとクローキングエクシードの機動力と利便性の高さと言ったら…。

 持ち前の回避力の高さも操作していてはっきりとわかるし、実際の戦闘においても不慣れながらガチャガチャ動かしていればとりあえず形になってくれるので、比較的とっつきやすくてストレスも少なく、また慣れてくればよりスマートに扱うことができるであろう点でも好印象な職となった珍さんなのでした。

 パッケを買ってあげればなお捗りそうで、今から楽しみですね。



 そして「念属性は倒すのに時間が掛かって面倒だから顔を見たらなるべく避ける」方向性で動いていたため、おそらく遠距離のカヴァクと並んで最も倒した数が少ないであろうラウレルに限って名刺をくれるという、ある種のお約束のようなパターンも早速経験できたシャウラなのでした。

 たくましく育つんだぞ…。



ミミミのミッションで珍誕生



 ミミミのミッションがまたやって来たということで、いずれのんびり作るか…とぼんやり計画していた珍の育成を前倒しでスタート。まったく動かしていなかった2nd皿を消して作り直すことにしました。

 シャーリーの旦那さんのhspnも2体目のRKを作るということだったので一緒に開始。こうして見てみるとやっぱり一次職ってかわいいですよね〜。



 開始より30分後、そこには三次職になったふたりの姿が…!

 さすがミミミ、ここまで来るのにあっという間です。

 ギロチンクロスは初めての職になります。実はシーフ系ってこれまでほとんど縁がなく、ローグのほうは一度も作ったことすらありません。大昔にほんの少しだけアサシンを動かしたことはあるのですがどうにもパッシブ殴り職との相性が悪く、珍どころかAXにすらなれないまま断念して以来、かれこれ10年以上それっきりという状態でした。

 でも珍ならローリングカッターがあるので、アックストルネードとかカートトルネードを無心でぶっ放している私ならきっと仲良くやっていける。



 もちろん装備なんてまったく持っていません。

 しかし、そもそもこのキャラを作ったのが「スターターパッケさえあればどうにでもなる」と強く推されたことがきっかけだったので、装備を揃える手間や予算については悩むことがないのが幸いです。むしろ問題は、例年ならオイルキャンペーンがあってもよさそうな時期なので、せっかくであればそういったものに合わせて買い物をしたいという消費者心理のほう。



 まったくお呼びでないカードがぽろっと出てしまうのもこういうクエストあるあるですよね…しかもハイオークとか…何枚目…?

 ミミミのミッションはすぐに終わるものも結構あるのですが、やっぱり討伐系やMDにはなかなか手間がかかりますよね…。残り期間できる限り進めていきたいところです。



 というわけでギロチンクロス「シャウラ・オルタンシア」が誕生しました。

 珍は「天蠍宮」シリーズ、即ち占星術における蠍座ということで蠍座λ星「シャウラ」に、毒のある植物といって真っ先に思い付いたアジサイの意をくっつけただけの、ヴェルジェ四姉妹や朧と同じく凝った名前に見えて実は安直なネーミングです。

 三次職になったら即セカコスにお着換えさせました。既にうちのギルドにいる女の子のGXがブラック系とホワイト系なので、シャウラはEX2の赤系にしました。キャラクターのイメージカラーとしては黒系かな。

 衣装については露店をウィンドウショッピングしていたら見つけたシャルロシーのヘッドドレスがマッチしそうだったのでひとまずそれを買ってあげました。そこまでならよかったのですが、せっかくカッコいい系の職ができたのだからそれに合わせた衣装を…と思っていたのに、ついつい安値で売られていたアホ毛に手が伸びてしまい…。

 この子もまたマイペースに育てていければいいなと思います。



| 1/1pages |





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。