たまには一日RO三昧



 ほたるさん、アキラと平日のお休みを合わせて3人5キャラで夢幻に挑戦してみることにしました!このところずっと深淵の回廊関連のコンテンツしかこなしていなかったので、すごく久々な感じがします。

 物理と魔法の火力はいても荷物担当が誰もいない、ということでメカ1号・シトロンで行きました。実戦そのものではふたりの火力が強いため出番がないのですが、たまに完全回避装備で前を歩く場面がが突然やってくるので緊張しました…。

 この日のハイライトは階層支配者フェンリルが乱入してきたマップで、倒れたメンバーを起こすべくフェンリルをまきつつカーサに囲まれながらサテを投げたところと、ハート島での宝箱を拾おうとして種類オーバーをしてしまい慌ててカートに武器を放り込み続けたところでした。あと清算。



 そしてボス手前に到着。ここまでで30分ぐらい残り時間があるという順調なペースでした。

 ちなみに「ゴス!」「ゴス!」と言いながら駆け付けたカードショップ、並んでいたのはゴスはゴスでもアルゴスでした。そのほかのラインアップも非常に残念としか言いようがありません。



 ルキフル戦では支援にチェンジ。火力のお陰であまりにもあっさり終わりました。かつて苦戦したことも、もはや遠い昔のようです…。

 ここのストーリーを読んだことがなかったため省略せず見せてもらったのですが、茶番が終わると即戦闘だったことにはちょっとびっくりしました。でも、そのお陰でようやくルキフルの目的が「冒険者たちをサポートするふりをしつつ、その力を利用してオディールのもとに到達し、宝を奪う」だったことを知りました。狡い奴だな…。

 ルキフル討伐フラグを所持していると古城のルシフェルが弱体化すること、夢幻のルキフルと古城のルシフェルで戦闘時のBGMが同じであることからすると、やはり両者は同一の存在なのでしょうか。



 ちなみにシトロンが退場したことで荷物を持てる余力のありそうなキャラが不在となってしまい、ご褒美タイムは重量オーバーを避けるべくまず一斉にメロンの一気食いに始まると、シャーリーは手持ちの青ジェムもポイ捨てするなどしてできる限り身軽にするところから始まるのでした…。



 そのあとはひさびさに平日昼マトにも参加。監獄方面の攻略をお手伝いしてみることにしました。先日のシトロン同様に名前を流すことに成功したはいいものの、貧血ギミックが結構つらい。

 いつも思うのですが、ここのアナウンスって助詞がおかしいですよね…転移の石碑と同様の言い回しでいいと思うんですけど、どうしてこうなった。毎回攻略のたびに何度も出てくる目立つ文言なのに、いつまで経っても修正されないのは…カタシムリみたいなもの?

 なお、この時同時に生き血を注ごうとしていたほたるさんが地下牢1の落とし穴に落っこちてました…なんということだ。



 宝箱を開けることもできました!

 休日や夜などの参加者の多いときは必ず誰かが気づいてすぐに開けてくれるので、なかなか触れるチャンスがないんですよね。未攻略の部屋に突入することがあったので、ここぞとばかりにねこじゃらしで叩いてオープンしました。

 小人数ならではのスリリングな場面も多くて、昼マトもなかなか楽しいですね。



 そして夜マト。この日は忘れずにフルスロットルも使用して、前日同様真っ先にエネルギーを送るのに成功したシトロン。これはSPもすっからかんになり人ごみの中で汗をかきつつ装置と向き合っているところですが、それはそうと右上のほうで何かが起きています。

 装置の周囲に集まって黙々とエネルギー注入を試みる冒険者たちの後ろで燦然と輝く謎のグランドクロス…。その中央にいるのはアキラ連です。Dexギミックでは余裕で名前が流せるのに、Intギミックではほたるさんと、Strギミックではシトロンとまでも力比べをしようと張り切って馳せ参じていて、なかなか熊の力が発動せずダメージを受け続けているところを、ほたるさんと今日は猫で来ていたWLさんに介護されている決定的瞬間です…。無事にこの後成功していました。

 きっと、うちのPTメンバーの頑張りで東隊の進軍もちょっとだけ速くなり、攻略時間の短縮に数秒ぐらいは貢献できていたのではないでしょうか。たぶん。



脳筋が東ルートに紛れ込んだようです



 シトロン「おっしゃあぁぁぁ!」

 突然何なのかと言うと、最近のティアマトではよくギルドのPTで東ルートに行っているのですが、いつもみんなが転移の石碑にエネルギーを注いで名前を流しているのがちょっと羨ましくて…。うちのギルメンの名前が流れることも多くて、ほたるさんなどは暴走が発動して2回もその名が轟いていることまであり、すごいな〜とぼんやり見ていたんです。

 しかし3Fでは必要なステがStrだと知って、もともと魔職が多いルートで物理は数人のRKやGXを見かけるぐらいだし、メカで来ればチャンスがあるのでは…?そう思ってシトロンを参加させることに。

 結果、一番乗りでパワーをねじこむことに成功しました。満足。



 この装備のために用意したものは倉庫のマラン缶詰で交換した猫短剣・鯵と、同じく倉庫に眠っていた金剛石の靴、フェンサラでもらったテレポートピアスに、これらのエンチャントのための海神の怒りとマラン・Aコインが若干数、王家貢献の証100個、ギガンテスの破片が5個でした。

 あとはアルカナが付けばいいなと何度か試している途中でStrがついた外套と、報酬のオーブでのエンチャントに飽きてそのままにしていたStr+1ジオイアや、昔使っていたStr+3鎧も有効活用。たいへんリーズナブルな仕上がりとなっています。

 古城のエントランスの扉だってワンパンで粉々にできそうです。やはり力こそはパワーですね。



 このギミックが終わったらちゃんと戦闘装備に着替えて、大ホールのマヤーの手下を潰したりなど少しは戦力になれそうな場面で頑張りました。魔女部屋でも魔獣の正解が馬ということで張り切って出動したのですが、HoM状態で詠唱が付いてしまうのがものすごく煩わしい…。エルヴィラキャンディを使っても直後にまた喰らうのでうんざりします。だいたい、大量のメロンを一気食いできるほどの冒険者が食べるのに1分もかかるキャンディってなんなんだ…。

 上のSS、シトロンはAxtを使っていますがよく見たらPSで戦っているメカさんがいます。メカパッケとILウォーアクスを入手してちょうど1年になるシトロン、単体のボスには斧を投げるものだと習慣づいていてすっかりPSの存在を忘れていました。



 おまけその1。枝祭はいつも突然に。

 うちのギルドではいつもそうなのですが、みんながそろそろ寝ようと解散するころになって突然アフロの修羅さんが大量の枝を抱えて戻って来るんです。これも久々ですね!

 今回はアフロ修羅さんがRGでの参戦だったためか(?)ガーティ=ウーが出現してもスルーで攫われることもなく、レアMOBなジョセフィーナの出現や混乱して歩き回る黒いきのこに笑ったりと終始ほのぼのでした。

 ラストの締めは血枝だったのですが、珍しくタオグンカが出ました。もちろんカードはドロップしません…そうそううまくはいかないものです…。



 おまけその2。RoGってLP上でも使えるの?という疑問を検証。

 たまり場に敷いたLPの上で使ってもよくわからないので、どうしようかとなったとき「この門出てすぐ外にピッキいるよ?」と言ったら、なぜかみんな黙って立ち上がり門の外と歩き出します。ほどなくして空から舞い降りた神の使者による聖なる力で焼き鳥をこさえるだけこさえると、満足して戻っていく一同なのでした。

 ピッキの立場からすればさぞ恐ろしかったであろうことは想像に難くありません…。



ソードマスター・シトロン(斧)



 せっかくなので、シトロンでも深淵の回廊のメインストーリーを進めておくことにしました。

 これまでイベントのシナリオにかかわる部分は全くと言っていいほど触れずにいたので、かろうじて知っていたのはグローザがなぜだかこの世に恨みを持っていてそれをシキナが倒したがっていることとか、メアが王城ティアマトを根城としているジラントを倒したがっていること、あとはせいぜいティアマト攻城戦の中でも語られるメアの家族関係ぐらいなものでした。

 先日シャーリーにグローザ討伐フラグが立ったことで、シキナの依頼を解決し古王を倒した冒険者であることを見込んでようやく王女メアが登場し、ジラント討伐の依頼に来るとともにそこまで送ってくれるのがMDの入り口でもあるドラゴン「スヴィエ」であることなどがようやく繋がりました。だから「シンソウの王」のラストに登場したメアは正体が謎扱いだったのか…。



 PTメンバーに連れて行ってもらえるとスムーズでいつも本当にありがたい限りなのですが、そうやって頼ってばかりいるせいでストーリーが謎なまま肝心な場所だけネタバレ状態で遊ぶことになっていることがよくあります。

 たとえば夢幻の迷宮のルキフルなども、最初から敵だと知っていたので「どうして味方みたいな顔してここにいるんだろう?」と言っていたことがありましたし。そういえばこのルキフルも、討伐フラグを持っていると古城の魔術師の化身ルシフェルが弱体化することで、名前だけでなく存在が同一であることがほのめかされているんでしたっけ…?

 スヴィエについても、ティアマト攻城戦しかやったことがなかったころは、この入り口にいるデカい竜はなんなんだろう?とか思っていましたもんね。これの背中に乗って運んでもらえるというのもなかなかファンタジーで夢があります。メアが猫に化けて回廊に現れていたのもその目を欺くためだったんですね。どうして猫というチョイスなのかは謎のままだし、瞳の色を知っていればバレバレの変身な気もしますが…。

 と、前置きが長くなりましたが、シトロンで古城を生成することができるようになれば気が向いたときにソロでゆっくり挑戦できるよなぁ、というのもあって。まずはシキナの話を聞いて4か所のダンジョンを回ることにしたのですが、その途中デヒョンの出迎えを受けました。



 ソードマスター・シトロン爆誕。ただし武器は斧です。「アックストルネード」やら「アックスブーメラン」を駆使して戦うソードマスターです。矛盾がすごい。

 あ、でも、たまに灼熱剣を持って戦っていることもあるんですよ!そのときは魔法を撃っているんですけど。もう何が何だか。

 ついでにヒュリエルも発見したのでそちらの称号「フィアー」ももらっておきました。今回遭遇できなかったジオイアはずっと前に倒したことがあるので、改めて会いに行ってどんな称号がもらえるのか確認したいところです。当時は苦労させられましたが、今ならスムーズに倒せそうですしね。カデスは空気です。



 なお、肝心のストーリーの進行具合はどうなのかというと、手伝ってもらったシャーリーの旦那さんとともによわーざ王の返り討ちに遭い、王墓の床掃除をして帰ってきました。

 うーん、倒せるかなぁ…ギルドのみんなが手伝ってくれたらそれこそ瞬殺になっちゃうと思うのですが…。



 おまけ。

 ワールドボーナス期間は終わったはずなのに、謎の大盤振る舞いを見せてくれるT_W_Oさん。しかも全部要らないやつだし。



メカニック、こき使われる



 火曜日の早朝、ふと目が覚めてギルドのDiscordを見ると、アキラからの「ウィークリーがまだの人はメンテ前までにね」という伝言が…一気に目が覚めて飛び起きました。なにせこの一週間、深淵の回廊に関係のないことを全然やっていないんですから…。

 急いでログインすると、まずは開封期限直前だったドーナツの蓋を一気に開けました。そして、せめてメインのシャーリーとメカ1号・シトロンのふたりぐらいは頑張ろうと、テラーダンジョンのウィークリーに繰り出します(イルシオンは諦めた…)。



 いつも納品で済ませているグラストヘイムアビスは既に勝手知ったるところで、ボーナス期間中のうちにドロ集めに奔走したりとぬかりなく準備していたため事なきを得たのですが、問題はアキラ連などに連れて行ってもらい討伐で済ませていたノーグロード3層。こちらは納品アイテムが手元に一切なく、2キャラ分+メンテを跨いだ2回分の合計4回分を集めるべく、メカニック出動です。

 アイテム集めは得意中の得意とするメカ陣営のエース・シトロンではありますが、この姫ABの奴隷のように働かされている状態が自キャラ間のことなのになんとなく気の毒に思えてしまうのでした…。とはいえ、シトロンのLv175までのEXPを稼いだのはYggdrasillのシャーリーなんですけどね。

 燃えている心臓が4回分800個と数だけ見れば一番大変そうに見えたのですが、ラーヴァや馬を倒すうちに周りの敵が勝手にボロボロ落とすので意外と苦にならず、また最も必要数の少ない溶岩も集めやすかったので、結果的に一番手間がかかるのは馬の蹄でした。

 これはもうシャーリーの分だけ用意して、シトロンは3層で馬1頭だけ頑張ったほうが圧倒的に早く終わるので討伐を選びました。運よく入場してすぐ馬だけが見つかり、開けたばかりの3%剤が湯水のように使えるお陰もあってなんなくクリア。



 そんなシトロンの朝活を労ってくれたラーヴァゴーレム(通常版)さん。

 かつてシャーリーが未転生だったころ――すなわち10年以上前、ここノーグロードではWIZの友達とのペアやPTでの狩りで1層、2層ともよく来たものですが、当時から通常ドロップの量に対し、レアといえばせいぜいが地デリ程度だった以外にはまったくもって期待のできない場所だった、あの頃の気持ちを回顧させてくれる粋な演出だった、と思うことにしましょう。いずれ硬化のほうを取りに行けるようになりたいものですね…。

 なんとか朝のうちに終えると、シトロンも無事Lv177になりました。もうすでに道のりがきつくなっています…。注意書きを残しておいてくれたアキラには感謝とともにGJを送ろうと思います。それにしても、開幕1週間でこの密度。すでにバテ気味なんですが、果たしてこんな調子で3週間も生き残れるんだろうか…。



シトロン酷使無双日記



 コルメモの火力役が務まるとわかってから、すっかり調子に乗っているメカニック1号・シトロン。CTが明けるごとにアキラWLとともにEL-A17との闘いに赴いています。

 この日は同じGimleでよく顔を合わせるお友達と、ちょうど出発前の準備中に遭遇。コルメモ未体験だと聞くなりPTに引き入れ、トリオで出発することになりました。短い時間でしたが3人でわいわい楽しく遊べて、さらに支援で来てくれたのでより楽ちんになって超助かりました。どうもありがとう!

 強いとお褒め頂いて嬉しいシトロン。精錬祭で靴が+7になったら一層強くなるのでご期待ください!

 とは言え、アキラWLに壁を担ってもらっての火力役にはすっかり慣れてきたものの、逆にアキラ連に対してWLのアナイスを出して攻守交替した回は2連敗を喫しており、やはりWLという職の手に馴染んでいなさが顕著です。これは今後の課題ということで。



 そんなシトロンとアナイスが加わったことで、Lv175を突破したキャラクターはメインのシャーリーに続いて3人に増員しました。さらに近日中にはABその2・ソフィアも控えておりぼちぼち5番手に誰を据えるかを視野に入れなければならない現状、高Lv組のさらなるレベル上げの一環としてなるべく毎週行いたいのはテラーダンジョン「グラストヘイムアビス」の納品クエストです。

 各キャラ1個ずつでよい忠節の証や、日課MDで入手できるため在庫が潤沢な子悪魔の翼はともかく、ドロの塊100個というのは敢えて集めに行かねばならず、思いがけずやるべきことが増えてしまい…まさか必要になるなんて思ってもいなかったので、取っているはずもありませんからね。

 そんなわけでドロップ率アップ期間中になるべく蓄えておこうと、シトロンが今度はGH地下水路に送り込まれることとなりました。せっかくなのでWエレメンタルアルクイエンも装備して、お小遣い稼ぎにも余念がありません。



 薄暗くじめっとした風景に乗せてゆっくりとしたポリリズムの不気味なBGMが鳴り響く地下水路。ここは敵がいたと思っても届かない場所だったりすることの多い、高低差や狭い通路が特徴的です。途中、友達に遭遇しても支援の届かない場所でした…。でも、こうして他に狩っている人がいると湧きが良くなるのでありがたいですね。

 ここはかつて、皿のニフェトスがまだマジシャンあるいはセージだったころ、ひたすらに縦FWでスティングを焼くために何度も足を運んだ思い出のマップだったりもします。足を運んだというのは本当に文字通りで、大量のハエの羽を携えまずはゲフェンから西に歩くと、GHの城門をくぐったら修道院まで歩き、カタコンベから水路へ歩くという、速度増加スキルもない中ひたすら徒歩に次ぐ徒歩。そこからハエの羽を使って通称「窓手MAP」の入り口までテレポート、かくしてようやく狩りが始まるという長い長い道のりには、ちょっとした苦行めいた趣すらありました。

 うっかりAtkのあるスティングに捕まることは耐久力のないニフェトスにおいてまさしく即死級の恐怖で、デスペナ以上に「またここまで出直さなければならない事実」が大きな障壁となって立ちはだかっていたと言っても過言ではありませんでした。しかし、それらも今は昔。ジョンダパスの力はつくづく偉大なのでした…。

 今やすっかり内部の道順の記憶もぼやけてしまったGHですが、広大な城と数々のマップ群、朽ち果ててはしまったものの廃墟となってなおいまだ荘厳さを残すその城は、このあとに控えているEPISODE:EDDAにおいて、そのさらなる物語を垣間見ることのできる楽しみをも与えてくれるようです。



 ところで、スティングって、もしかして手袋のほうが本体だったのでしょうか?お気に入りの[衣装]冒険者のリュックをもうひとつ作成すべく進めていたポリン団クエストの最中、ミスティが語るところによると「手袋のお化け」らしいのですが…てっきりドロのモンスターだとばかり。

 最近はすぐに倒してしまうのであまり目にすることはないのですが、行動パターンに合わせて様々なエモーションを出してくる表情豊かなモンスターでもあるんですよね。確かQM、地属性攻撃、スピアスタブの際には手型のモンスターらしくそれぞれ「グー」「チョキ」「パー」を出してきたような記憶があります。でもスティングが使用するスタブって、それってデコピンか何かのような気が。

 余談ですが、カーサのSpPはきっと「ドリルくちばし」だと信じています。



 そんな感じに日々あくせく働き、日課のMDもいくつも周回してはしっかりとZenyも稼いでくれる大黒柱のシトロンですが、ティアマトYEの報酬はメインのシャーリーやLv175を目指すソフィアに優先的に使用されているため、前述のテラーダンジョンに、基地やオースといった各キャラ個別にこなせる要素でしかEXPを稼ぐことができていません。

 そんな折、EXPのゲージがレベルアップ目前の99%で止まっていたことに気が付いて…。火力たるもの自力で稼ぐまでよ!ということで、シトロン怒りのイリュージョンオブフローズン。



 実力行使でLv176に到達です。

 メインのシャーリーに対する裏のメインの座を奪うべく(?)、これからもシャーリー陣営の中継ぎエースとして登板過多な日々は続くこととなるでしょう…。



 おまけ。

 金曜の深夜のMD待機、なんと5という高い数値を計測!これは大都会Gimle!



シトロン悲喜こもごも



 先日初挑戦したばかりでボスに逃げられてしまったコルメモでしたが、3日後のリベンジマッチで無事に撃破することができました!

 もちろん、壁役を務めてくれたアキラがいてこそのクリアですが、それでも自力で揃えた装備によって充分な火力になることができる…というのがもう、正直めちゃくちゃ嬉しい。

 倒すべきもの、殴る必要のないもの、ようやくここのギミックがわかってきました。あとは、斧を投げ続けているときに、うっかりボスに向かってうろうろと歩き始めてしまう癖を直したいです。



 ソロでETって行けるのかな?と、突如思い立って出発。

 どうせ途中のボスで詰んだりしてすぐに半泣きで帰ってくることになるんだろう…と思いきや、立派な善戦っぷりを見せてくれるシトロン。難なくスムーズに69階までたどり着くことができてしまいました。ここはタナトス系の敵のフロアだったのですが、うっかり敵を集めすぎてしまい、処理に手間取っている間にタナトスの絶望に超Fleeが入ったところで回復剤が尽きてノックダウン。

 また折を見てこちらの再挑戦も試したいところですが…ここを超えても次がスカラバかぁ…。

 これまで一度も戦ったことのないボスと戦えたのはすごく楽しかったのですが、レアなものは一切ドロップしなかったということをここに記しておきます。



 単独クリアのできるようになったHH基地にもひさびさのご挨拶。ここは報酬EXPが見直されて、まだまだおいしくなってくれたのでありがたいですね。

 いつもクリアまで平均8分台なのですが、この回はアクシデントが多く、最初に出現するハートハンター全員を倒すべき場所でなぜか取り逃しが発生し「最後の1体だけがなかなか見当たらない」という事態が二回ともあり、また第三マップのコイン探しでは「チェックする順に4か所目までが連続ハズレ、実は見落としているのでは?」という不安に苛まれたりと、何かと時間をロスする要素が重なってしまい…。

 最後の一団を撃破後、一直線にユリアン目指して猛ダッシュ。記録、10分ジャストと相成りました。

 ちなみに報酬が増える条件が「10分以内のクリア」なので、10分0秒はセーフ。「10分未満」ならアウトでしたね…。これをオーバーしてもEXPが減るわけではないのですが、こういうクリアタイムというわかりやすい指標のあるMDなのだし、せっかくだからゲームとして頑張って攻略したいですよね。

 小さいロボだけは僅かに落とし切ることができないので、これらを一確に乗せることができればさらに速く安全になるし、今後はそこも目指していきたいポイントです。



 シトロンをはじめメカたちが現在こうして戦うことができている大きな理由は、昨年のイリュージョンミリタリーブーツの入手。そして、その裏で起きていた苦悩、即ち金策という部分においては、大切な[衣装]くるりんぱヘアとの別れを余儀なくされたメカたちの「姉」にあたるABその3・ノワゼットの存在がありました。

 妹の靴を買うために自分の髪を売った姉…なんていう聞こえだけならまるで一種のお伽噺か美談のようですらあるので笑えてしまうのですが、私本人はというと、よくよく熟考したうえで腹を括って自ら手放したはずなのに、いざ手元から消えてしまってから苛まれる寂寥感には想像以上に凄まじいものがあり、できうる限り己で顧みないように目をそらしてはいたものの、メンタル面にべっこりと凹んでしまった箇所があったのも事実だったりするのです。

 もともと「キャラの見た目はモチベーション」として衣装やセカコス、染色に好んで手を出していた私において、その逆を行ったらこうなることは自明の理だったのですが…。

 そんな折、露店を見ていたらとてもかわいい髪形を見つけました。2月のコスたまで出たばかりの[衣装]スウィートコロネ。代わりに着けていた[衣装]ハロウィンネコロングも確かにそれはそれでかわいいのですが、こちらはこれまでゆるウェーブツイン(紅)→くるりんぱヘアと辿ってきた流れに近い色とスタイルでかなり好みだったので、迷わず購入!

 実際着けてみると本当にかわいくて、なんとなく心にほんわかするものを感じます。単純だなぁと自分でも思うのですが、やっぱりキャラの見た目って大事なんですよね。



コルメモペアの火力役にチャレンジ



 アキラの提案で、コルメモに挑んでみることになったLv175メカニック・シトロン。ともに確実にクリアできるかは未知数ではあるものの、何事もまずは挑戦ということでいざ出発。

 WLがひたすら壁役に徹するというちょっと珍しい采配に、メカは後ろからただひたすらにボス本体をめがけてお手玉のごとく斧を投げ続けるのみというストロングスタイルです。

 道中のギミックについては、最後のムソウガッタイ前の雑魚の一掃以外は完全無視し、とにかくダメージを与え続けることに集中します。やはり厄介なのは沈黙で、アサイーを切らし時間切れを起こしたことで追い出され再挑戦させられたりと、迷惑をかけてしまった情けないシトロン…本当に申し訳ない…。



 分けてもらったアサイーが最終局面で底をつきてしまい、惜しくも取り逃してしまいましたがギリギリのクリア。それでも報酬ではともに破損した武器を入手できたというラッキーな部分もあったので、やっぱり挑んでみた甲斐があったというものです。

 終わってみると「予想していた以上に戦えた」という感想でした。被ダメはほとんど痛手にならなかったし、何よりQMのお陰で不足しているHitもまったく問題にはならず、きちんとAspdとSPを確保しながら火力に徹し、あとは何より充分にアサイーを積んで沈黙に対応できれば…という感じ。あとでにぺに水コンバーターいっぱい作らせるためにもシムリ海岸に行かなきゃ。

 こういう「あと少しで行けそう」というのが楽しいんですよね。またリベンジしましょう!

 巨大ロボを打ち砕く日を夢見て…!しかしシトロン、捨て台詞が完全に小物だ!



| 1/5pages | >>





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。