戦死者の墓にて華麗に戦死



 ラグ・コレ最終日、デスペナなしの生命保険が使える期間も終わってしまうということで、最後にこの恩恵にあずかれることを活かせる場所を覗いてみようと、アキラとペアで獄へ行ってみることにしました。

 ここへはまだこのブログを始める前に、一度だけPTで連れて行ったもらったことがある以来ですが、とにかく状態異常が厄介だったことや、敵が強すぎて少しの隙に一瞬で蒸発させられたことをよく覚えています。それと、マップの端まで行ったら戻ろうね、というところでお友達の修羅さんが見事な攫われ芸を決めてくれて、残りメンバーも壊滅して笑いながら帰ったこととか。



 じりじりと歩を進めながら、一体ずつ確実に倒していきます。カトリのTVに泣き、ハワードのスタンに泣き、思いがけない横湧きに泣き…一瞬たりとも気の抜けない非常にスリリングな狩りはなかなか普段味わうことができない感覚で楽しかったです。レンタル衣装の効果のある60分間めいっぱい死んでは戻りを繰り返しました。Lv175になったらまた連れてきてもらおう。

 ところで、確定ドロップで落とす思念体の心臓って、なぜひとりにつき2個なんでしょうか…これじゃあ心臓じゃなくて肺とかじゃ…。



 そのあとはアキラがコーデ投稿キャンペーン用のSSを撮るというので、カメラにゃんが送ってくれる撮影会場に行くことにしたのですが、その中からアキラが選んだのは「覇王の間」なる場所。入ってみたらETのナハトズィーガーの部屋でした。そういえばシャーリーはETの登頂も、最初に獄に行ったときと同じメンバーで一度達成したことがあるだけだなぁ。

 よく見ると壁に謎の装置があることに気がついて「拷問目的のように見えるが致死率が高すぎる」とか「処刑目的なら装置を壁に、人を地面に設置した方が手間が掛からない」だの「大掛かりな割には効果が労力に見合わない」「動力が謎だがなにやら地面が燃えているので火力発電的な何かか」「ただの脅し目的にすぎないのか」「部屋の主が趣味で置いてるのか」「単なる雰囲気の演出目的では」などなど、ツッコミどころが多すぎて揃って頭を捻りまくっていました。

 作りこみの凝ったマップの多いROの中でも、恐らくこれは謎度の高さでかなり上位にランクインしそうな背景なのではないでしょうか…なんでこんな場所を撮影スポットにしたんだカメラにゃん…。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。