深淵の回廊&第三回ティアマト攻城戦お疲れ様でした!



 今回の深淵の回廊はほぼティアマト攻城戦しかやらないうちに終わってしまいました…。ティアマト以外の部分はギルドのみんなとどころか、ソロで覗く余裕すらほとんどなく、庭園もかろうじて2周できた程度。

 一度ジオイアに会うことはできたのですが、ドロップはC帖のみでした…。今回のイベント内で比較的運がよかった点を挙げるとすれば、王女メアの補給物資からいくつか装備が出てくれたことぐらいかなぁ。アルカナカードなんて破片すらももらえませんでしたが…。

 硬貨は何かと交換しようかエンチャントしようかなども迷ったのですが、特に用途が決まらなかったので手元にあるものは次回以降に持ち越すことにしました。今度は新しいアイテムが出たらいいなぁ。



 ティアマト攻城戦のピークは、それぞれ947点で終了した土曜日からの3日間。

 平日はいまひとつな感じでしたが、土曜日になって参加者が増えてから断然ペースアップし、ジラントも難なく撃破。惜しくもそのあとの古龍戦の途中、22天使のところで時間切れとなってしまいました。

 私は指揮を執ってくれたはるかさんのPTで北隊でしたが、今回は同じPT内で西に加わっているジェネさんが南塔のグローザ像の回答をする際に、同じく北隊PTの連さんと本隊を離れてそちらと合流し、西塔の未踏破の部分を開放する部分をお手伝いさせていただいておりました。

 シャーリーなどは参加者の中でも完全なるその他大勢でしかないんですが、はるかさんもこれまでにいろいろ大変な役割をしてくださっていたのを見ていたし、あとGimleほんとに人少ないので(重篤)、微力ではあるんですがなにか役に立てそうならと思って引き受けさせてもらった部分でした。



 日曜日は全体的に前日の感覚が活きた感じで、今回の最速ペースで魔女戦が開始。それもスムーズに終了し、第二回のときに叶わなかった完全制覇の希望も見えた状態で挑んだ古龍本戦でしたが、ここでまさかの事態が。

 古龍本体との戦闘も佳境に入ったころ、後になって原因はステータス異常であるところの魔女の眷属にされてしまったプレイヤーが多かったからではないかと推測されていましたが、ジラントが鬼のような勢いと速さで体力回復を始めてしまいいっさい収拾がつかなくなってしまいました。

 またこのステータス異常も厄介で一見して気づきにくく、また傍から見ていてもわからないので、各自がアイコンで判断するしか手段がなかったようです。撮影していたSSによれば私自身は終了間際まで無事だったようなのですが、戦闘中はとにかくHoMが厄介すぎることでラウダラムスの連打とPTメンバーの回復に専念しており、どこのタイミングでどういう異変が起きていたのかまったくわかりませんでした…。



 最終月曜日は古龍戦が開始するところで時間切れ。平日にしてはよい結果でしたが…。今回の開催前半のうちからこれぐらい慣れることができ、みんなで頑張れていたらクリアできていただろうなぁと思うとやっぱり悔しいですね。

 結果はともあれ、今回参加されたGimleのみなさんお疲れ様でした!PTでご一緒させてくださったみなさんも、ひさびさにお会いできた方も大勢いらして嬉しかったです。いつも親切にしてくださってありがとうございます!また、うちのPTはもちろん、異なるPTの方々とも、最も規模の小さな北隊で一緒に戦わせてもらったみなさんとは、緊張感がありつつもいい空気の中プレイすることができてとても楽しかったです。

 攻略面においても少ない人数に多くのものを要求される厳しさの中、最後まで諦めずに戦った全員が本当にかっこよかったです。結果からすれば悔いの残る部分もありますが、これまでのPTに遅れをとらないよう必死だったティアマト攻城戦よりも少しだけ広い視野を持ってプレイすることができるようになった気がします。ひとつひとつの経過が私にとってはいい経験になりました。

 YEのほうは詳細がわからないので参加は現状未定で、サーバー内での第四回があるのかどうかもわかりませんが、またGimleの面々と一緒に戦えるときが来たらいいなぁと思います。



 それと、ゲーム内だけに限らず、このブログやRO丼などでも発光のお祝いのコメントをくださったみなさま、改めまして本当にありがとうございました。

 温かいお言葉を励みにこれからも頑張ります。またここにもなるべくおもしろいことが書けるといいなぁ…果たしていつもおもしろいことが書けているのかどうかは全然わからないけど…。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。