別にメカが好きだからってだけじゃないんです、いや実際好きですが



 一旦の目標地点として定めていたLv171を既に通過してからは日課の基地PTの枠を妹たちに譲ったものの、ソロではMD周回や金策要員として引き続き大車輪で稼働中のシトロン。

 メインのシャーリーの育成が完了したため、ソロでの慣れと動かしやすさ、金銭効率を最も挙げられるキャラである強みから二番手として次なる育成対象として白羽の矢が立ったのが先月末のこと。

 この決定については、私はメカが好きなのであっさりと妥当な選択をしたようにも見えるかもしれないのですが、実際はWLのアナイスとどちらを次なる育成候補に据えるかで真剣に悩んでいました。一旦は前述の理由で仮決定していたのですが、またギルドで訓練に行く予定が持ち上がったので、その際に再びどちらを同行させるかいまだ迷っていることを相談しました。

 そしたら「夢幻の迷宮に一緒に行けるほうがいい」という声が。

 ギルドでは日課だけでなくGv、イベントなどいろいろ楽しく過ごしていますが、その中でも夢幻などの高難度ダンジョンにおいてPTの一員として協力して戦い、仲間と一緒に攻略していくことには格別の熱さと嬉しさがあります。すなわち育成はそれ自体が目標ではなく、そこに加わるための手段なんですよね。漠然とPTで役に立つキャラを選びたいとは思っていましたが、大事なのはその先にあることだ、とこの助言を端緒として改めて考えたわけです。

 ギルドには強い魔職が多いので、夢幻の魔法反射階などで苦戦を強いられるときに物理火力であれば、とは言ってもアロストでどうにでもなるとも思いつつも、メカでも少しは助けになるかもしれない。また、ギルドのPTで行く場所のうち清算作業にことさら手間の掛かるものに限って、構成の兼ね合いからいつもそれぞれ同じ方に負担がかかっていた部分を手伝うこともできる。

 そういった部分を鑑みて、改めてシトロンを二番手として育てることに決定しました。



 メカニックに対する愛着については、これまでたびたびうるさいぐらいに書いてきましたし、もはやメインを凌ぐ装備代やプレイ時間が費やされていることはまったく隠していません。しかし、メカが一番好きなのかと訊かれると難しい問題です。

 シトロンは昨年の夏に復帰して最初に新規で始めたキャラですが、それまでブラックスミス系をまったく知らなかった私にはその新鮮味と戦いやすさ、見た目的にも特にセカコスがかわいかったこともあって、気づけばお気に入りキャラになっていました。知識がまったくなかった分、新たに吸収しやすかったのもあるでしょう。

 また、最近はROのプレイ自体に時間を割いてしまうのでご無沙汰なのですが、たまに描いている4コマのほうでも稼働率の高さからネタを産みやすくレギュラー化しており、Gimleサーバー内外を問わずブログやRO丼を見てくださっている方々から私の想像以上にシトロンというキャラクターを認識していただいていて、逆に恐縮してしまう場面もありました。そういった意外な方向からも大事にしていただく機会に恵まれ、なお愛着が強くなったのも事実です。

 でもやっぱり、かつて最初にHeimdalで生まれたときから今までも変わらずメインはずっと支援ABのシャーリーなんですよね。メインであると同時に、ゲーム内でお会いしている方々からは私というプレイヤーの、いわば分身のような扱いをしていただいていると思います。

 十年以上前からずっと私と共にあることが当たり前になっていたシャーリーはもちろん、ニフェトスやアナイスなどにも現在のシトロンのようにたくさん描いていた時期がありましたが、やはり現在に至るまでそれぞれに対して愛着があります。つまり長いROのプレイ歴の中でそういう存在が増えただけのことなんですよね。それがたまたまメカだったのはここまで述べてきたことと、あとはおそらく私における好みだとか直感だとか一種の萌えのような、言葉で説明することは困難なあくまで感覚的な理由でしょう。

 長々と語ってきましたが、要はメカニックはいいぞということで。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。




Shirley's Website
 メメントモチ
Order
 ココナラ
 Booth
SNS
 Twitter
 pixiv
 RO丼