ミラクル精錬7回目・最終回!



 メカ3号・スリーズがトレハンの最中に、お城の北西のお堀に転落する事故が発生!本人はいのししごと完全に水没してしまいましたが、頭上のちまきは無事なので命に別状はなさそうですね。

 宝探しを繰り返しているうちに、ずっと苦手だと言っていたローマ数字も気づいたらさっと読めるようになっていたし、もはや座標の数値を見ればマップのだいたいどのあたりのことなのかもわかるようになってしまいました。慣れってすごいですね。

 ちなみにシャーリーが嫌いな座標は、遠い上に回りこまないと届かないお城の桜の木の下「167,276」です。似たようなところだと北端の外周「109,276」と「131,273」も引きたくない場所ですが、これはどちらも内側から届くのでまだマシ。基本的に城壁が絡んでくる場所を引かされてしまうとげんなりします。でも、もしアマツでかくれんぼしろと言われることがあったら、このあたりは絶好のロケーションかもしれません。



 おむすび稼ぎも佳境に入ったところで、ひさびさにシャーリーの旦那さん・hspnとインするタイミングが合いました。同じ家にいる私とも友人のアキラとも、時間帯や通っているマップが微妙に違っていてなかなか一緒に遊べません。このあたりを同時に目撃できるのはもっぱら水曜MHのときぐらいになってしまっています。

 暴窟王の洞窟でタコ足切断のしづらそうなキャラをうちのメカでお手伝いに行った際、癖で使ったオーバートラストで思いっきりhspnの連が使っていた武器をぶっ壊したりもしましたが、メインで戦っていたのは私のほうだし、ジョンダパス持ってるんだし気にしないことにします。

 ところで話は逸れるのですが、この修羅が付けている[衣装]水兵の襟ってかわいいですよね。比較的初期の衣装装備のせいか、最近では付けている方をあまり見かけない気がします。

 でもこれ修羅が付けると裸セーラーになるのでなんだか怪しい。幻燈鬼ちゃんも目を背けているし…。



 さて、いよいよ最後のミラクル精錬の日となりました。

 残る装備は以前にも書いたとおり魔呪のブーツ1個のみ。これを装備できる10人が持てるおむすびを全部納める勢いで、まずは火曜日になった瞬間、すでに消化試合に入っているギルメンたちに見送られながらのスタート。そしてあっさり予想通りの10戦10敗。相手が魔呪ならやむを得ない結果でしょう。

 しかし、祭はまだ終わりません。火曜の5時にヴェルナー研究所のCTが明けるということで、軽く休んだのち早朝にアキラと再集合。ここで最終日分の神オシを発動します。そこで得た残弾を握り締め、泣いても笑っても最後となる戦場へ…。



 最終決戦に臨むにあたり、もう+7にはなってくれなくて構わないのでせめて+6でお願いしたい…と思い始めていたのですが、その途端にこれまでいくたびも+6まで到達してはおむすびの濫費を繰り返してきた超火瑠紅蓮神が+5すらも成功させなくなるという、この祭最後にして最大の残酷なる運命の仕打ちに直面することになったシャーリー。

 ここまで6度のミラクル精錬において、いくら高級装備がほぼない私とはいえ幸いにして+7のひとつも得られない日が一度もなかったため、やはりこれは少々できすぎていたのだろう、ここにきて可能性が帳尻を合わせにきたのか…と、寝不足と相まってすさまじい疲労感に苛まれている頭で考えていたのですが…。

 実はこの魔呪のブーツ、10人がかりで挑んでいるということは、すなわちこの裏に要求Lvが不足しているために前線に送れない、ジェネ・猫・リンカーが控えているということなんです。3人がおむすびを遊ばせていたところへ、アキラが「合成精錬とレストア精錬を手伝ってもらえたら、その分こちらでその魔呪を叩いてみる」という提案をくれました。

 ありがたくそれに乗せていただくことにして、互いの装備を交換し、一旦アマツの屋外へ。頼まれた装備を入念に確認しつつアーニャ&エスニャにおむすびを渡していると、そこへアキラが。



 え、ちょっと待ってどういうことなの。

 なんと4回目のミラクル精錬からここまで、おそらくはもはや20万近くにもおよぶであろうおぞましい量のおむすびを、私の体力と集中力とプレイ時間と削った睡眠時間の結晶であるおむすびを、いともたやすく闇に葬り去ってきた魔の呪われし魔呪のブーツが、あっさり+7になって帰ってきた。

 本当にどういうことなんですかこれは…。

 まさかの予想だにしなかった祭の結末に、疲弊した脳裏にはあらゆる思いが走馬灯のように交錯して処理落ちしそうだったので、しきりにお礼を言うとともに余ったおむすびは全部持って行ってもらいました。



 私の手元に最後に残ったおむすびは、このあとちまきにする予定の分だけを残して古びた履き物と交換し、ブリギッドで精錬して綺麗に使い切りました。

 残念ながらここで+9にはなりませんでしたが、+8まで成功できたものも最終的に5個だけだったことを鑑みると、たったひとつでも闇御津羽神靴になってくれたのは充分すぎる結果だと思います。普段であれば怖気づいて過剰精錬なんてほとんどやらない私が、このイベントに乗じてミラクル精錬以外の場所で古びた履き物を使ってそのドキドキを充分に味わうこともできましたし。

 入手機会の限られていた古びた羽衣のほうは、淤加美神の羽衣に替えることを目指す余裕まではなかったので早々に売却してしまっていましたが、それでも今回はほぼ隅々までイベントの恩恵を享受することができたと言えるでしょう。

 …あれっ?そういえばちまきフードって結局ひとつも出なかったな…。



 3週間という長期に及んだイベントを終えてアキラの評。シャーリー自身も、我ながらよく途中で疲れて脱落することなく駆け抜けられたものだと思います。

 MDでPTを組んで協力し合っただけでなく、最終日もそうだったようにCTや報告タイミングの関係による朝活まで数回は行い、普段ならまずやらないような少々無理を押したようなログインまであったりと、ところどころ過酷ではありましたがそれだけ充実した楽しいイベントでした。持つべきはモチベーションと体力と根性のある友達だとつくづく思います。忙しい中本当にこの3週間どうもありがとう。



 初の精錬祭で右も左もわからない状態からのスタートでしたが、このアキラはじめギルドのみんなにはいつも引っ張ってもらって、また臨時でご一緒してくれた方々にも助けていただき、はては会場ですれ違ったお知り合いのみなさんにまで気力をいただいたり…。

 最終的に、目標としていた装備を一通り揃えることができ、復帰より一年を目前として大きく資産を増やすことが叶いましたが、これは私ひとりでは絶対に得ることのできなかった結果です。最後になりましたが、この場を借りてイベント中ご一緒してくださったみなさんに心からお礼を申し上げます。

 ついでにちまきフードも分けてもらって記念撮影。アキラは5個も出したらしいです…なんだろうその偏りは。私がアキラの5分の1未満しかトレハンしてないとかは絶対ないはずなのに…どうやらここの確率は収束しなかったみたいです。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。