シトロンのゲフェン武闘大会



 装備を新しくしてからメカで魔法大会に行っていないな…ということでひさびさに挑戦。以前の装備では、準決勝のケミがやたらと堅いので3分以内ではギリギリ落とせなかったんですよね。

 このフェイ・カナビアンというケミ、ここでしか登場しなさそうなのになんでわざわざ立ち絵があるのだろう?と疑問に思っていたのですが、これも原作のキャラクターだったんですね。全然違うことを調べているときにたまたま知りました。

 イフォドスあたりから敵のHPが高くなり手数が必要になるので壁際に追いやってからAxBを打ち込んでいるのですが、準決勝から敵がボス属性になるのでノックバックしなくなって戦いやすいです。アルフォンは邪魔なので、こちらにも斧をぶつけて遠くへ行ってもらいます。



 フェンリルは思った以上に簡単に撃破できました。

 北側に立てばEStrは完封できるし、コメットは魔法陣が見えるから走れば簡単に回避できるのはこれまでWLでやっていたのと同様。思った以上に範囲が広かったテトラボルテックスをもろに顔面キャッチしてしまった場面もあって一瞬ヒヤッとしましたが、その割にはあまり痛くなかったような…。蟹セットで凍結も怖くないし、ちょいちょいダメージを喰らってHPが減らされることはあれど、慌てて回復を叩くほどでもなく充分に耐えられました。

 あとはひたすらAxBを打ち込むだけ。WLで倒すより数段簡単かつ安全でした。途中、ちょっと重量があるもの落とす敵もいますが、これもメカなら積載量の心配がないのもいいです。

 これでベリティ、サラ、ビジョウと合わせて、現在人気のあるMD女性ボスたちをメカソロで一通り撃破できることがわかったわけですが…。



 やっぱり安定のノードロップ。微力すらないとかもはや無力にもほどがある。部品ほどの全プレじゃなくていいし、お洋服ほど頻繁に脱がなくてもいいんだけど、せめてもうちょっと何かだな…。最後の原作メンバーがくれる実と種がせめてもの心の癒しです。

 もはやシトロンが優勝したことで完全にゲフェン武闘大会になってしまいましたが、勝てばなんでもよかろうなのだ。勝って兜の尾を締めよ、ということで今後もまた挑み続けましょう。

 これでまた、日々の巡回先のMDがひとつ増えましたね…このMDは移動がないけど茶番のある分少し時間が掛かるので、これを入れると日課のMD巡回が1人1時間では効かなくなりそうなのが悩みどころ。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。




Shirley's Website
 メメントモチ
Order
 ココナラ
 Booth
SNS
 Twitter
 pixiv
 RO丼