支援ABが日月神示で行くゲフェン魔法大会



 ミミミのミッションの中にはひとりでしか入れないMD内での討伐が含まれています。私もジェネでかろうじて頑張ってはいますがなかなか鬼だよなぁと思っていたところ、お知り合いの支援ABさんから中級のイフォドス討伐に諦めの声が…。支援でもこれを倒せる方法といえば…。

 そんなわけで今回はひさびさの日月神示で行くシリーズの番外編、我が家のAS殴り専門のABその3・ノワゼットではなく支援寄りMEのABその2・ソフィアで、このブログでもたびたび謎のプッシュをしている+10サラマンダーウンディーネシルフノーム日月神示を使って、支援でもイフォドスを倒せるのかを検証しつつ進めるところまで戦ってみようという話です。



 使用するスキルは基本セットとエクスピの前提でLv5までしか持っていないデュプレです。

 戦闘開始したらひたすら殴るだけ。MSのディレイが大きいので回復は基本的に3%剤ですが、敵がよくスタンするお陰でほぼ一方的なタコ殴り状態になり、実際に回復を叩くことはほとんどありません。こんな調子でひとまずオルドルまでは楽勝です。

 支援型の低Strと日月神示自体が無属性のため、念2のブルート・ハゼをそのまま殴っても0ダメージでMiss判定になりASが発動せずに詰んでしまいます。ここはアスペルシオで解決しつつ、次の黒魔も念のためSWも使いつつ殴るだけで大丈夫でした。

 ここまで来ればいよいよイフォドス戦ですが、問題はSpP。頻繁に使ってくるわけではないし、たびたびスタンで行動を封じられるためだいたいは大丈夫なのですが、うっかり顔面キャッチしてしまい痛い目を見た場面もありました…。ソフィアのステなら一撃で落ちることはないとわかったので、我ながらちょっとごり押し感もありましたがにゃ〜麺をすすりつつ無事撃破。



 こんな感じでミッション達成です。お疲れ様でした!日月神示を使えば支援ABでも充分に通用しますね。

 支援自ら戦う場面ってそうそうないし、その限られた状況のために装備を揃えるのはちょっと手間なんですけど、それでも困っている支援ABさんたちの今回のようなケースの解決策として、これも選択肢のひとつになってくれたらいいなーと思いました。

 たとえば、ソフィアのように比較的ステの振り方がバランス型寄りの支援ABさんであればこのぐらいなら難なくクリアできてしまうし、もしAgiを抑えているタイプなら装備やサラマインを使ってAspdの確保をし、手数を増やしてASの発動率と敵がスタンする可能性を増やすことを優先してもらうのがいいと思います。

 また、低VitかつAspdとDefの両立が難しい場合はイフォドスのSpPがさらに脅威になりやすいため、詠唱が見えたらいっそ一旦手を止めてハイドしてしまうとか、あるいは足元はSWではなくニューマを置くほうがいいのかなぁとも思います。ASが発動した直後はすぐに動けないので逃げるのはちょっと難しいですし。

 などなど、戦法を工夫すればいずれのタイプでも採れる手段だと思うんですよね。この武器の魅力はこれまでも無駄に熱く語っていますが、とにかく楽しいんです。ピーキーそうに見えて意外と汎用性もあるし、少し前にくじでレインボウともども量産されていたので、+10ならより楽しいけどどうせ挿すCも安いのだからまずは+8からでも…。



 さて、このあとはイフォドス以降も順調に駒を進めたソフィア。準決勝でディワイを難なく下してまさかの決勝進出と相成りました。アカデミーマスターが「誰も予想してない」みたいなことを言っていますけど、正直これは私自身も予想外の結果です。

 フェンリル戦はいい具合に削れたものの、回復剤が尽きたところに被弾してしまい惜しくも敗退。制限時間の5分が結構ギリギリそうな感じもしたので、装備の見直しや立ち回りで詰めていくしかなさそうかなぁ。精錬祭でもらった靴はここでも大活躍してくれましたよ。

 普段、WLやメカで戦うときは大魔法の範囲外に必ず走って逃げるようにしているのですが、前述の通りASのせいで素早く動けないので事故率の高さも懸念されますし、本で殴る性質上必ずフェンリルに接していないと戦えないことを思うと少々分が悪いかもしれません。

 それでも、こういうあと少しで倒せるかもしれない…という、ギリギリの感じって熱いんですよね〜。また機会があればフェンリルへリベンジを試みてみたいと思います。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。




Shirley's Website
 メメントモチ
Order
 ココナラ
 Booth
SNS
 Twitter
 pixiv
 RO丼