僕のドキドキ冒険記VIお疲れ様でした!



 3週間もあった僕ドキVIでしたが、いよいよ終了ですね。

 シャーリーは前半にあまりログインできなかったのが少々悔やまれますが、みんなとMDも回せたしイベントストーリーも読んだし、新キャラも誕生したし師匠組み手のお陰でぐんぐん育ったので、ひと通り遊べたかなという感じです。



 そんな中、まったく縁がなかったのが新たな装備・デモニッシュシリーズ。紫箱周回で首尾よくゲットしたゴッズヘルムをいくつかラザーニャのおっさんのところに持ち込んでは塵と変えるなど、シャーリーなりに頑張る姿勢だけは一応見せたりしながら、結局は無関係のまま。

 まぁ、実を言うとイベント開始の時点で入手難易度の高さを見て、その瞬間にすっぱり諦めていたので負け惜しみでもなんでもなく本当に惜しくないんですが…。

 私の周囲では、友達のひとりがひとつ入手した報告を最終日に聞いた1件のみで終わってしまいました。市場でエッダの買取露店がちらほらと出ていた様子を見ると、断章エンチャントに挑戦していた人もそれなりにいらっしゃるんだとは思うんですけどねぇ。



 MD周回は言ってしまえばいわゆる作業ではありましたが、宝箱を狙うかエッダの解読を狙うか、あるいは二十四面体を割るかなどと目的を変えて何度もお世話になりました。

 全キャラでイベントの完了フラグを立てるために宝箱だけ開けにアキラと繰り出したところ、見事にオークの祝福を受けてしまったのですが…あれ?罠のほとんど全文を解読できるシーフ系なのに…?

 この手際、さすがはInt1。顔が緑色になってもニコニコしていてハッピーです。



 ラグ・コレでの初登場以来、すっかりイベント会場の恒例となったカプラカプレーゼちゃん。よく見ると書物の上に立っています。これはいけませんね。

 今回は背後にいるのがテーリングさんになっていました。この役割もイベントごとに持ち回りになるみたいなので、今後はこういうところのチェックもちょっとしたおまけとして楽しめそうですね。



 サブストーリーでは、この力貸したいおじさんも出演したり、精錬祭の準備イベントで債権の取立てをしていなければなんのことかわからない永板道(ながいたみち)の突然の再登場という予想外すぎる展開があったりで、大いに笑わせていただきました。

 脱出ゲーム風の謎解きパートは、初回にバールのようなものを見つけるまでにシナリオ内での15分ぐらいを費やしてしまったことでクリアが間に合わなかったのですが、なんとか2度目で成功。思ったよりおもしろかったです。宝箱の中身だけでなくこんな場所にもバールのようなものの要素があったなんて…。ちなみにシャーリーはコップがあることに気づかずオリーブオイルを素手で汲む羽目になったし、しかもそのまま成功しました。

 ここでダイスのエモが出て成否判定があったのは、今年のイベントの元ネタがクトゥルフモチーフだからでしょうか。私はTRPGとかは全然わからないのですが…知っている人なら楽しめるのかな。僕ドキシリーズは去年もSF調だったし、ちょっとしたミステリー調な感じに仕立ててあるんですね。



 地味にパワースポットがあったことに気が付いたのでマラソンしてみました。たこ足の位置がちょっと複雑で、制限時間がシビアでちょっと難しかったです。何度かやり直したし、騎乗がなかったらクリアできた気がしない…。

 ここで称号ウィンドウを開いて気が付いたんですが、いつの間にやら星座称号がすべて揃っていたんですね。いつ来たのか全然知りませんでしたが、ひょっとしてサイレント実装…?ずっと自分の星座称号が欲しかったので、次のイベントからまた欠片集めに奔走したいところです。でも比較的高額なんだよなぁ蟹座。

 さて、これにて昨年の僕ドキVの途中に復帰してからちょうど1年。本当に周りの方にも恵まれいつも楽しい思いばかりさせていただいてしまっています。ちょっとずつお返しできるようにこれからも頑張るぞ!







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。