冒険者を祝福するお仕事



 すっかり日課となっているティアマト攻城戦も残りあと1週間となりました。前夜のまさかの魔女ジラント引き篭もり事件の衝撃も覚めやらぬまま、打倒古龍を掲げて今日もGimleティアマト攻略隊の出発です。
 
 西塔の攻略中に現れる落とし穴ゾーン。これを避けている時に落ちて入り口からやり直しになると地味に士気が殺げるんですよね…。シャーリーもうっかり足をとられたことがあり思わずPTチャットで「落とし穴の当たり判定でかくない…?」などと呟いてメンバーの方に笑われてしまったりも。かと思えば「意外と隣接しても平気なときもあるよ」という声が。なんて大雑把な。

 今日も順調に進軍し、魔女戦に関しては前回のようなことになりうるリスクを極力減らすよう指揮役の方たちが動きを考えて声かけをしてくれたこともあり、難なく倒すことができたようです。本当に昨日のはなんだったんだ…(一応公式に報告はしたけど)。



 そして古龍戦が始まったので入場してみたら…これが噂の入り口防衛か…。

 何が起きたのかもわからないまま殺されるのでこの場で私にできることはないと早々に悟って脱出。



 同じPTのABさんが入り口で速度をかけていたので、私も一緒に戦いに赴く冒険者の皆さんを祝福しながら見送る役に徹することにしました。

 次々に戻ってくるプレイヤーさんひとりひとりにブレッシングをかけるのはちょっとしたシューティングゲームのようでエキサイティングな趣がありました…(?)。



 ブレスでSPが尽きても王宮治療術士に話しかければ一発回復。無料で完全回復してくれる上に倉庫も使わせてくれる、恐らくティアマト攻城戦随一の優秀なNPC。

 私はこのNPCのグラフィックの印象から「ハチマキ」と呼んでいて、「このハチマキ有能」とか言っていたんですけど、あらためてよく見たら三つ編みにした髪の毛を白いリボンでまとめているだけで別にこれ全然ハチマキじゃなかったな…!?



 シトロンとちょっと後姿が似ている。

 ちなみにシトロンはハチマキです。高貴な白リボンのはずだったんですが…シトロンが装着するとどう見てもハチマキにしか見えないし、なんか妙に似合っているのでもうハチマキでいいです。

 と、話がそれましたが、攻城戦の結果は古龍討伐ならず、947点のSランクにて終了。確実に歩みを進めてはいるはずなので、あと1週間…私などできることはほんの僅かのことしかありませんが、力を合わせて共に戦いましょう!







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。