AS殴りAB、イリュージョンタブレットを入手



 先日は予想だにしない大活躍を果たすこととなったABその3・ノワゼット。比較的オーソドックスな育成タイプの多いシャーリー陣営においては、オートスペル殴り型という少し変わり種な存在です。

 そんなノワゼットですが、妹・シトロンたちの先輩メカからイリュージョンタブレットを託されることになりました。殴るとオートスペルでジュデックスが出てくる聖属性版AS本です。曰く、増幅5狙いだったエンチャントの失敗作が倉庫に眠っていたとのことで、いずれは叩き壊すことになるものだしどうせならブログのネタに、と言って気前よく譲ってくれたんです。どうもありがとう!

 AS殴り愛好家諸兄の間では既におなじみとなっている武器ですが、私も気になっていたのになんとなく縁のないままで、ここに来て思いがけない入手ということでテンションは否応なしに高まります。既に愛用している日月神示との比較となる部分も多いですが、早速検証に出発してみましょう。

 しかし、この石板を見て殴ることを想像するあたり、冒険者ってちょっと感覚がアレですよね。なんならむしろ鈍器っぽいですよねこれ、Atkも高いし。



 まずは開催最終週に突入した英雄の闘技場へ。目指すはこれまで日月神示で挑むのには不向きであった闇属性、魔神の巨影です。期待を胸に殴りかかったその結果は…。

 めちゃくちゃ面白い!

 Aspd193の攻撃に合わせてビシバシとジュデックスが決まる様子はかなりの爽快感があります!防具についてはAspd重視の普段着みたいな装備で火力を上げられるような部分はあまりないものでしたが、それでも危なげなく撃破できました。



 あと、イルシオンウィークリーで訪れることになる特殊警戒地域オースでも。

 日月神示で問題なく倒して回れる場所で、戦闘そのものにおける効率はほとんど変わらなかったのですが、AS発動後のディレイが圧倒的に短くて済むため小回りと安定感を同時に得られる戦闘スタイルになるので、ソロのテレポ狩りにおいて非常に使い勝手がよいです。



 個人的には、ポイントの都合で攻撃スキルまで手を広げることができない支援タイプの方々も、こういったクエストを単独で済ませられる手段としてひとつ所持してみては…とおすすめしたいです。

 というのも、レインボウとのセットがほぼ必須の日月神示と異なり用意するのが武器のみでよく、+4でも充分な威力が出るので安価な未精錬を入手するだけでいいし、さらに前述した通りディレイ管理にも気を遣わないためAS殴りに不慣れでも安全に扱えるなど、簡単で便利なんです。

 AB自体がそもそも聖属性攻撃が有効な相手に対して相性がいいですし、オラティオはもちろんのこと支援ABでもほとんどの方がエクスピの前提に取得しているだけで使ったことなどなかったであろうデュプレライトLv5もここで活きてきます。

 気になるASの発動率ですが、SP回復力向上の取得Lvというちょっと意外な場所に依存しています。RO丼でジュデックスを取っていないABさんを対象にSPRの取得Lvについて調査してみたところ、やはりその6割以上がメディタの前提のLv5、次いで2割強がリザ前提のLv4で止めているという結果でした。うちの純支援AB・シャーリーもLv5です。

 これでは少しAS具合が寂しいのでは…と思いきや、Lv5もあれば意外とそうでもないことが既におーとすぺらーですこの日記さんにて検証されており、純支援勢にも比較的優しい仕様と言えます。

 ノワゼットの場合は偶然にも、グロリアを切っていたことで余ったポイントをすべてSPRに突っ込んでいたためLv8を持っており、実際に満足なだけのAS発動を得られていたのでした。でもAS殴りを標榜している以上、次にスキルリセットをするときは今あるメディタを削ってSPR Lv10に回そうと思います。

 ジュデックス自体もともとABのスキルなんだから最初から取得している人には無関係な武器…かと思いきや、精錬値+1につき10%威力アップという破格の上昇値のせいで殴らずに持っているだけでも強く、うちで唯一のジュデ持ちのABその2・ソフィアに撃たせてみたら普通に実用レベルでした…。



 一応、ソーサラーでも装備できるのですが…あんまり向いていないみたいです。

 先ほどと同様に、ソーサラーさんを対象にSPRの取得Lv調査を実施したところ、6割以上の方が生命力変換の前提であるLv1で止めているという結果になりました。まさにこの生命力変換のお陰で潤沢なSPを確保でき、ただでさえ二次スキルの前提に大量のスキルポイントを割かねばならない職業にあってはもはや予想通りな結果です。さすがにこれでは扱いづらいでしょう…。

 日月神示は「ABのほうがずっと使いやすいけど皿でもさほど問題ない」感じだったのに、ILタブレットについてはもはや完全に「聖属性攻撃の効果増強スキルと不死や悪魔、闇への耐性を持っているABこそが使いこなせる武器」という印象でした。本当にそのぐらい使用感が違いました…皿は魔法職らしく普通に大魔法を使って戦うべきです、餅は餅屋。



 と、そんな感じで今後の新たな可能性に心が躍るノワゼットだったのでした。

 それにしてもこのILタブレット、威力増強のためには過剰精錬が欲しくなってしまうし、本気で使いこなそうと思ったらそれこそ増幅エンチャントが…!突き詰めた形を目指そうとすると、Zenyがいくら必要かちょっと想像できません。

 ジュデと言えばABマーガレッタCが欲しい気までしてきてしまうけど、そんなの趣味で揃える額じゃないというか、そこまでするなら順当にジュデで戦えばいいわけで…。

 そう考えると、ロマン度の高さはかなりのものかも。



 末筆ですが、RO丼で実施したアンケート調査にいただいた冒険者の皆様からのお力添えに心より感謝します。こういうパッシブスキルの取得Lvって案外ぱっと思い出せないものが多いし、わざわざ確認してくださった方もいらしたことでしょう…。

 たくさんのご協力、誠にありがとうございました!







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。