GW古城探検スペシャル



 連休の間に、ギルドではまた古城に挑戦することができました!

 ギルドは前回同様大きく3班に分かれ、私は今回も連&RGトリオ(とギミック用2PCたち)での西ルート担当でした。初めて来たときに比べればだいぶスムーズに歩けたんじゃないかな…?

 魔女開通直前、地下宝物庫に魔獣が沸いていたので対処したのですが、物理PTなのにまさかのハティーのお出まし。これには笑うしかない…。RoGで頑張って戦うRGさんをただLAで応援することしかできませんでしたが、倒し切ってくれました!

 一方その頃東隊は、ほたるさんがしっかりと財の間まで踏み込んで宝箱を開けており、その旨のPTチャットがしっかりと入っていたのでした。



 見どころと言えば、正解の馬に対して成すすべのない中唯一WLさんが果敢にGFで挑む珍しい光景が繰り広げられた程度で、魔女ジラントはあっさり終了。これはもう安定ですね!

 古龍戦は何度か事故が起こったりしつつ、それでも再挑戦ごとに徐々にこなしていけるフェーズを進めることができて、最終的には見慣れない狂乱状態への対処が遅れて全滅してしまったものの、それでもギルドとしてはこれまでで一番の進捗具合でした。

 正直ここまで行けるとは予想していなかったのでは…もちろん理想を言えば古龍本体の撃破ですけどね!



 先ほどのほたるさんの入念なチェックの甲斐もあり、王城の宝箱も全部開封済みの117/117となりました。

 最後の箱を誰が開けるかは最もラッキーな人が、ということで/e19のサイコロで6を出した修羅さんが開封すると、中からなんとクラデニェッツを含む豪華な内容が!これには思わずみんなも嬉しい驚きです。

 このときのシャーリーの叫びはもちろんジラントの真似です。



 倒せなかった古龍だけ除き、残りはすべてパーフェクト!

 古龍戦においても新たな手ごたえを得るとともに次回への課題を見つけ、宝箱の中身も大当たりという結果で、深夜帯まで及ぶ長丁場ではありましたがこの日はみんな大満足での帰還となりました。



 さてさて、翌日も同じメンバーで出発です。

 このスヴィエに乗せてもらって王城まで運んで行ってもらうことについては、ドラゴンの背中に乗れるというファンタジー要素の魅力よりも「上下の揺れが激しくて酔いそう」「滑り落ちそう」「脚にしがみつかなきゃ」「咥えられて運ばれるのかもしれない」と気になる部分が多く、ギルドでは非常に不評です。

 確かに、どう見ても最大12人(+メア?)が安全に座れそうな感じはしませんよね…。



 昨日までとマップの分担が多少変更になり、墓地や秘密の庭の踏破は西PTが担当することに。

 新たに王家の花を栽培するギミックをシャーリーがやることになりました。水門の開閉をしてくれるメンバーと連携を取りつつ、なんなくクリアです。こういった小さなことでもギミックを外すことのできないのが古城。役割を任されるとドキドキしますね!

 グローザ像への数値入力も私がやっているのですが、起動時の暗証番号が必ず「9603」なのはやっぱり「グローザ」との語呂合わせなんでしょうか…?これについてはグローザ本人か、ボスであるジラントか、仕掛け人?であるメアなのか、一体誰のセンスなんだろうか…。ちょっと気になります。



 神殿でのアメンホテプ戦の開始時にはいつもニューマ妨害のためにSWを撒いているのですが、アメンの出てくる場所への斜線を確保すべく歩いて移動したところ、うっかりすぐ北にあるWPを踏んでしまいそのまま祭殿マップへ移動させられてしまいました…。

 Luk100ギミックの解除後だったため戻ることもできず、ステータス異常にもかかるしで本人が大混乱。冷静にクリアランスをかければ大丈夫なんですけど…。慌てているうちにアメンを倒したメンバーが入って来てくれたので事なきを得ました。びっくりした…これは要注意ですね。

 その後、西PTは地下宝物庫にてまたしてもハティーと1日ぶり2回目の再会を果たすと、手助けにやって来た北PTの修羅さんがおもむろに獅子吼で突っ込んで返り討ちに遭ってしまうという場面もありながら、例によってRGさんのごり押しオブジェネシスで撃退しました。

 他にも教会での対ルキフル時にアキラが念矢を忘れていることに気づくなど、たびたび小さなハプニングには見舞われていたのですが…このときはまだ、その後起こるアクシデントなど誰も予想だにしていなかったのです…。



 前述した通りこの日は一部のルート構成が変更となっていたので、未開通の部屋や未開封の宝箱がないかどうかを余った時間で確認することにしたのですが、またしても財の間のチェック忘れが発生しておりメンバー総ツッコミ。ここは気が付いてもらったのでよかったのですが…。

 なんとなく拭い去れない一抹の不安もボス戦での真剣勝負を挟んでやや薄れ、気を取り直して結果発表に移ってみると、ここでまさかの教会2Fが5/6という結果が…ルート変更をした東西がかち合った場所でした。実際、教会や鐘楼周りでは東西ですれ違いが発生していたので、このあたりの連携もまた今後の課題となりました。



 古龍にも惜敗を喫してしまい、不完全燃焼だったメンバーはそのまま流れで二次会・グローザ八つ当たりツアーへと繰り出すことになりました。最後の最後で壁役の修羅さんが倒れてしまった以外は余裕のクリア。こちらは最初の頃と比較にならないほどの安定感が出てきています。いつか古龍もこのぐらいの感覚でひねることができる日が来ればいいなぁ。

 それにしても、メンバーみんなで財の間財の間といじったりしていますけど、いつもメンバー編成やルート分担を考えてくれたり、一番少ない人数でのルートを担当したりと、ギルド古城随一の功労者と言っても過言ではないほたるさんの働きぶりには本当に感謝しかありません。

 改めて、ギルドのみんなは両日ともお疲れ様&ありがとうございました!いずれも楽しかったです!期間内にあと1回ぐらいリベンジに行けるといですね。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。