モンスター大襲撃 in Gimle



 アニバーサリーイベントがやってきましたね。

 早速、モンスター大襲撃イベントがどんなものかとみんなで覗いてみることにしました。



 奈落[1]では200人の定員が満員御礼となったようです。もともと人口の少ないGimleですが、先のティアマトでの頑張りの成果でにわかに活気付いたか、或いはこういうお祭り好きの率が高いのか…?なんにせよ賑やか、かつ和やかなのでよいことです。

 登録開始はイベントの30分前からですが、さすがに準備に30分もかからないので待ち時間が想像以上に手持ち無沙汰です。先に登録だけ済ませてから退出することもできるので、MDを回すなどほかのことをして過ごしていた方が効率的かもしれません。



 街中のあちこちに湧いたモンスターを討伐し、それらを全滅させると次のステージが開始していくという形式でした。BGMはジュピロスのアレンジでなんかやたら熱い感じです。

 マップはプロンテラと同様の形で、広さがあるため敵の密度はあまり高くないですが、数自体はそれなりに多いので歩いていると次々と遭遇できました。



 いよいよボスの登場です。

 と思ったら、いきなりヴェルゼブブ2体とダークロード2体に挟まれるという衝撃の展開でもはや笑うしかなかった。そういえばヴェルゼブブなんかは今回のアップデートでカードに追加効果が来たとかでフィーチャーされているんでしょうかね。私にはMVPカードなんてまったく無縁なのでノーチェックですけど…。

 このボスステージを終えると、バフォメット一族の登場アナウンスが。

 長老を筆頭に、十数名の兄弟?たちがマップのどこかに出現したようなのですが、周囲を探してみてもまったくお目にかかれません。そうこうしているうちに次々と倒されていく様子だけが流れ、「いないね」などと言いつつ歩き回っていると…。



 長老と対面。

 突然の大物の出現に驚きながらも戦闘開始。しかしながら初日で、ほぼ観光目当ての1PTが太刀打ちできる相手ではさすがになかったようで…。



 しばらくすると次々と増援が到着し、転がった私たちの上で死闘が繰り広げられ、ほどなくして無事制圧。

 ティアマトとは比較にならないほど手軽で難易度も甘く、むしろ死んでも笑えるようなイベントなので、これはこれでおもしろいという結論に至った一同でした。お祭りっぽくていいんじゃないですかね。1時間の枠ですが討伐が早ければそれだけ前倒しで終わるので、30分強ほどでさくっと終了したのも気楽でした。ついでにMHのある水曜金曜に開催されないところもシャーリーの周りでは評価すべき点です。

 わいわい遊んで2500ポイントもらえるので、また時間があれば参加してみようかな。次は石化盾を用意して来ようと誓ったシャーリーなのでした。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。