祝・初ソロMVP



 メカ1号・シトロンの一旦の区切りとして設けているLv171がいよいよ見えてきました。

 いずれシトロンと入れ替わりで日課のHHにご一緒させてもらうつもりなのがこちら、妹のメカ2号・レザンです。そのためにはLv160にしておかなければならないのにいまだLv150台前半。気づけばシトロンも目標まで残りあと10%の地点まで来ており、これは急がねばとやる気になったところで即行動とまいりましょう。

 まずはすっかり後手後手になっていた最後の部屋への入場のため、ウェルス周りのクエストをこなします。後回しになっていた理由は、結構歩き回るのでレンタル手綱の使用期限のうちにやりたかったのに、それまでにLv140が間に合わなくてそのまま放置してしまっていて…。ついでにクエスト終盤のランダムワープの部分で少し時間が掛かる点も面倒ポイントというかなんというか。やってみると案外すぐだったりするんですけどね。



 それが終わったら狩りへ。武器に水付与をして時計塔地下2Fに出発です。

 実はシトロンを育成していたとき、Lv150台をどうやって走り抜けたのかをまったく覚えていないんです…。リスタートキャンペーンで経験値がアップしていた時期に教範を読みながら廃屋にいた記憶があるからそれと、あとは恐らくRRWだと思うんですが…。装備は当時よりだいぶ良くなっているので狩りも快適ですし、育成のやる気のあるうちに分厚い教範も使いきってしまいましょう。

 レベルアップでも金策でも「数値が目に見えて増える」って好きなので、気づけば延々黙々と狩場に篭もっていたりするタイプです。



 祝・オークヒーロー討伐!

 実はMDではない通常マップのMVPボスをソロで撃破したのは、延べ11年に及ぶRO生活の中で初めてのことだったりします。そもそも、今年復帰するまではボスを倒せるようなキャラクターも装備もありませんでしたからね。

 復帰からこちらMVP自体を獲得したことは何度かあるのですが、それは「一度もMVPを取ったことがない」とこぼしたシャーリーに、ならばと壁役を買って出てくれたアキラの猫とともに探し出したフリオニへ必死にジュデを撃ち込み続けた結果であったり、あるいは今回同様オークヒーローを発見し粘りながらも返り討ちにされ、再度出直して歩いていたら突如頭上に燦然と輝いたMVP…というどこかの誰かの手柄の横取りであったりと、すべて自力で獲得したものではなかったため、これが正真正銘の初ソロMVPとなります。

 もしソロMVPを取れる日がきたらアナイスかシトロンかなぁと思っていましたが、ここはまさかのレザンでした。そういえば長年仲間のMVPを指を咥えて見ていたシャーリーに関しても、前述の方法でお膳立てしてもらったうえでMVPを掠め取ることに成功してはいますが、現在はジュデを切ってしまったのでもう取れることはなさそうですし、最初で最後だったかもしれません。

 なお、MVPアイテムはなにもありませんでした。ドロップはSSをご覧の通り。これは記念にと、かつてシャーリーのために壁を務めてくれたアキラの猫にプレゼントしました(いらんよな…)。



 気づけば持ち物に紛れ込んで、そのうち倉庫に集まっている用途のないカードの山がまた増えました…これが溢れて来る頃には熟練の冒険者になっていることでしょう。

 廃屋に篭ったあとは気分転換を兼ねて、キワワ砂漠でゴールデンチキンを飲み物のごとく消費しながら牛賊団相手に大立ち回りを演じたりして、ようやくLv157までアップ。あと次回のRRWをやって、もう少しソロで頑張ればLv160に届くかな?「かけだし保安官」から「一人前保安官」に一番最初にランクアップするのは、このレザンかもしれません。



 メカ3人組の一番上の姉、ノワゼットも今週のRRWに連れて行っていただいた報告で教範を使ったので、その流れで蟻地獄へ。こちらも廃屋同様ここの姉妹が全員通る道です…ノワゼットは属性の都合上、時計地下2には送れないですけど。

 しかしこのターキーペコ、流れたメテオに勝手に当たったくせにEQ使ってくるとか。一瞬何事かと思いましたよ!しかもどこかにいるマスキプラーがひっそり回復しているとかまた面倒な…ええい、本の角で叩いたうえで丸焼きにしてくれる!







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。