日月神示で行くなだらかな道



 以前、AS殴りABのノワゼットが日月神示を使ってRRW下位をこなしている記事を書きましたが、今回は悪夢のジターバグ(なだらかな道)でソロに挑戦した話です。相変わらず主観的な内容ですがご容赦ください。

 このときのノワゼットはLv150。EXPが一番欲しい現状、さほど効率がいい場所ではないのですが…なだらかな道なら時間をかけずに走破できそうなので、ものは試しということで出発です。余裕があればドロップを拾ってもいいですからね。

 数が出てくるうえに速いペルにまとわりつかれると危ないのと、退魔神武器を使えない都合上ダメージカットができないので、キリエのこまめなかけ直しが必須です。



 ダメージログの一部です。時折2Kオーバーの数値が出ているのがLv5MSの与ダメで、それ以外はレインボウで発動する日月神示挿しの各種カード効果によるものです。

 それぞれの数値だけ見ると弱いながらも範囲攻撃が豊富なことと、カウントが難しいのでしっかりした実数は計測できなかったのですが体感では殴るごとにAS魔法かデュプレが出ているような調子なので、瞬殺とは行かなくても交戦時間は意外と短く済みます。これらの小さいダメージが決して無視できない要素なので、日月神示を使うのであれば断然レインボウとのセットがいいです。

 ペルは群れから3〜5匹ぐらいずつ切り離して倒します。ノワゼットの場合はこれぐらいが安全かつ手早く落とせて丁度いい量みたいです。ペルに囲まれているとMSの効果であるスタンの有用性をことさら実感できますね。とにかく手数で押してなんぼという戦闘スタイルなのでAspd193ほしいなぁ。



 pジターバグ戦は、まず周囲のペルを誘導しながらしっかり片付けて、各種支援をかけなおしたら、壁際に位置取ってCtrlクリックの殴りっぱなしでOKでした。ちゃんと火鎧を着ていれば魔法攻撃も痛くないですから、あとは沈黙に注意するぐらいで、意外なほどあっさり消し炭に。

 ならば今度は険しい道…?とも一瞬頭をよぎったのですが、ルート選択以降のマップでペルの量が一気に増えることや、前の記事で日月神示の欠点として挙げた「火属性が有効打にならないと使いづらい」部分にダイレクトな2種、特にもたもたしているとスタン攻撃を食らわせてくるスイングペルなど危険性が一気に増すことや、対fffジターバグ対策の装備をどうするか…そもそも攻撃手段も豊富でHP量もあるボス相手にAS殴りで立ち向かうのも無謀そうですし、好奇心ひとつで歩を進めるにはあまりにも険しすぎる道のような気がします。



 ボスドロップなしでガッカリ!これで最後だと思わないことね!きっとまた会うことになるわ!

 本当はLv140未満のうちにアイグとメロディージャックのクエストも受注できればよかったのですが、気づかずに通り過ぎてしまったのを少し後悔しています。話が逸れるうえどうでもいいことなのですが、メロディージャックと言えば「姿を隠している」などとダンジョン内ではグラフィックすら表示されず、やたらと人数ばかりが多いわりに表情差分まで付いた立ち絵が逐一用意されている待遇の白羽ギルドにおいて、唯一ないがしろ感のあるキャラクターだと思っていたのですが、先日公式で行われた立ち絵投票で3票も獲得していて、彼のことを覚えている人がいたことにしみじみとしてしまいました。本当にどうでもいいな。

 私個人は、リベリオンの中でも目立つ存在でなおかつ基地通いをしていればほぼ毎日顔を合わせるユリアンに立ち絵がないことを不憫に思って票を入れたのですが…。



 盾がAspd欲しさにキワワ砂漠用の使い回しなのでせっかくの人間耐性が意味を成していないのですが、やってみた感じ特に不満がないことと王家貢献の証の集めづらさを思うと、わざわざなだらかな道のために作る意義はないでしょう。靴もまだどうにかできそうだし、アクセの片方のスロットがまだ空いているし。

 こういったプチプラコーデでも充分戦えるのですが、ASの戦闘もなかなか楽しくなってきたのでもうちょっと考えてみてもいいかもしれません。最近の装備はまだまだ知らないので「こうすりゃいいじゃん」みたいなアドバイスとかも嬉しいです。

 あとは予算が下りればな…がんばれノワゼットの妹(メカ3人)。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。