このペンギン分厚いゴムみたいな素材だと思う



 日曜も火力役さんが揃っていたのでペンギンルートへ挑戦。

 いつも俯瞰視点から見ているので気づかなかったのですが、ふと水平にして見てみると、夢幻の入り口ってものすごいすり鉢状の穴の奥にあったことに気が付きました。この急勾配、うっかり足を滑らせたら一瞬で転がり落ちてしまいそうでなんだか怖いですね。

 確かここってゲフェンの地下に出現した…という設定でしたっけ。ということはゲフェンの地下って、GD、ゲフェニアだけでなく、さらにここもあるということになるんですよね…。ゲフェンの街は一見のどかなのに、その地下にはこれだけのものが蠢いていると考えるとなかなか恐ろしい場所のような気もします。



 SSを撮影してたら偶然、例のペンギンの姿を捉えることができたのですが…全力でめりこんでますよねこの顔。一応女性のはずなのにすごい扱いだな…。私はかなり離れた位置から支援しているので交戦している姿はほとんど見ることができないのですが、調べによるといちいちコミカルなモーションのようで、「神罰のオディール」などというものものしい名前から想像できるシリアスさは欠片すらもありません。

 ルキフルのときだったら支援していて一番怖いのは壁役さんに対するディスからのコーマなんですけど、ペンギンの場合はやっぱりHoMだよなぁ。いつもすぐにラウダラムスを入れられるよう控えているけれど、うまくいっているだろうか…。あれは本当に厄介で恐ろしいです。



 無事、ノーミスで撃破です!

 5層に1度のボスを含む100層という長いダンジョンを、わずか90分の制限時間で攻略するには、実際の戦闘の内容だけでなく時間配分という点にも神経を使わなければなりません。こういう部分も併せて上級者向けのMDだなぁ…とあらためて思います。

 水曜日ぐらいまではほぼ初見に近く、みんなについて支援することの緊張ばかりで余裕のなかったシャーリーも、ようやく持ち時間を見ながら戦えるようになってきました。今日は特に後半の追い上げが功を奏して最終層到達した時点で10分以上残っていたみたいです。PTのみんなもすっかり手馴れたものですね。すごいなぁ。



 みんな本当にお疲れ様!







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。