日月神示で行く回廊



 亡国の硬貨を集めるのにうちで最も効率がいいのはもちろん庭園でのメカ一択なので、それ以外のキャラはPTで連れて行ってもらった以外で送り込んだことがなかったのですが、ふと「回廊マップは魔法職向けで地属性の敵ばかりだから、もしや日月神示で行けるのでは…?」と思いついて、さっそくノワゼットを出動させてみることにしました。

 とりあえずものは試しということで。各200体討伐というのも大変だし、無理っぽかったら引き返そうぐらいの軽い気持ちで行きましょう。いまやすっかりノワゼットの愛用となった面白装備は、果たして成果を上げることができるのか…!



 なんか普通に強かった件。

 心配していた物理反射は、確かに殴るたびにしっかり喰らってしまうんですけど決して命に関わる量ではないし、レノヴァをかけていればほぼ相殺してくれるので無視して差し支えないと判断。しっかりキリエをかけていれば4、5匹まとめても大丈夫だし、むしろ反射ダメは一体ずつ交戦するより数匹まとめて落としたほうが少なく済みます。その中にソヒョンがいれば優先して殴る方向で。

 この点に関しては、最初からAS殴りとして構成しているノワゼットにStrがほとんどないことが功を奏した結果でもあります。なので逆に、しっかりStrを振って普通の殴りとしても動けるタイプにしていたら痛かったかもしれません…。



 部屋と廊下が細かく区切られたマップ構成でMSの範囲の広さが余計に目立つので、思いのほか離れた場所まで流れ弾が飛んでいるような錯覚を起こしやすいです。他に交戦中の人がいないか注意する必要性は他の狩場よりも高いかもしれません。地元Gimleではあまり心配しなくてよさそうだけど。

 あと、これは今回の狩りに限った話ではないですが、入り組んだマップ形状のせいでところどころ結構なハウスが形成されてしまっていたり、地面にも段差や障害物が多いので慣れないと歩きづらい箇所が多いですね。いつもの庭園とはまるで勝手が違うのでなかなか新鮮でした。



 一度の交戦時間は数秒で済むのでそれほどテンポも悪くなく、全体の所要時間も予想したほどはかからなかったのですが、それでもやはり効率的とはお世辞にも言えないラインだったので、亡国の硬貨稼ぎを主目的とした狩りにAS殴りというのはちょっと非現実的ですね。当然ですけど。

 とはいえ、Lv155のノワゼットが討伐1周分でおよそ20%以上もEXPを増やすことができたし、なによりペナがないという心理的な要素は大きく、安心してEXPを稼ぐことができるという点においてはバランスのよい、育成ついでに硬貨集めという視点であればポジティブな印象の狩場です。

 果たして反射ダメに目を瞑ってまで日月神示で殴りこみをかける必要があるのかとつっこまれるとなにも言えないのですが、一応こういう戦い方もできましたということで、今回の日月神示で行くシリーズでした。



 おまけ。

 メカ3号・スリーズはエルヴィラが一確ギリギリ。たまにちょっと足りなくて悔しい。







   





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。