別にメカが好きだからってだけじゃないんです、いや実際好きですが



 一旦の目標地点として定めていたLv171を既に通過してからは日課の基地PTの枠を妹たちに譲ったものの、ソロではMD周回や金策要員として引き続き大車輪で稼働中のシトロン。

 メインのシャーリーの育成が完了したため、ソロでの慣れと動かしやすさ、金銭効率を最も挙げられるキャラである強みから二番手として次なる育成対象として白羽の矢が立ったのが先月末のこと。

 この決定については、私はメカが好きなのであっさりと妥当な選択をしたようにも見えるかもしれないのですが、実際はWLのアナイスとどちらを次なる育成候補に据えるかで真剣に悩んでいました。一旦は前述の理由で仮決定していたのですが、またギルドで訓練に行く予定が持ち上がったので、その際に再びどちらを同行させるかいまだ迷っていることを相談しました。

 そしたら「夢幻の迷宮に一緒に行けるほうがいい」という声が。

 ギルドでは日課だけでなくGv、イベントなどいろいろ楽しく過ごしていますが、その中でも夢幻などの高難度ダンジョンにおいてPTの一員として協力して戦い、仲間と一緒に攻略していくことには格別の熱さと嬉しさがあります。すなわち育成はそれ自体が目標ではなく、そこに加わるための手段なんですよね。漠然とPTで役に立つキャラを選びたいとは思っていましたが、大事なのはその先にあることだ、とこの助言を端緒として改めて考えたわけです。

 ギルドには強い魔職が多いので、夢幻の魔法反射階などで苦戦を強いられるときに物理火力であれば、とは言ってもアロストでどうにでもなるとも思いつつも、メカでも少しは助けになるかもしれない。また、ギルドのPTで行く場所のうち清算作業にことさら手間の掛かるものに限って、構成の兼ね合いからいつもそれぞれ同じ方に負担がかかっていた部分を手伝うこともできる。

 そういった部分を鑑みて、改めてシトロンを二番手として育てることに決定しました。



 メカニックに対する愛着については、これまでたびたびうるさいぐらいに書いてきましたし、もはやメインを凌ぐ装備代やプレイ時間が費やされていることはまったく隠していません。しかし、メカが一番好きなのかと訊かれると難しい問題です。

 シトロンは昨年の夏に復帰して最初に新規で始めたキャラですが、それまでブラックスミス系をまったく知らなかった私にはその新鮮味と戦いやすさ、見た目的にも特にセカコスがかわいかったこともあって、気づけばお気に入りキャラになっていました。知識がまったくなかった分、新たに吸収しやすかったのもあるでしょう。

 また、最近はROのプレイ自体に時間を割いてしまうのでご無沙汰なのですが、たまに描いている4コマのほうでも稼働率の高さからネタを産みやすくレギュラー化しており、Gimleサーバー内外を問わずブログやRO丼を見てくださっている方々から私の想像以上にシトロンというキャラクターを認識していただいていて、逆に恐縮してしまう場面もありました。そういった意外な方向からも大事にしていただく機会に恵まれ、なお愛着が強くなったのも事実です。

 でもやっぱり、かつて最初にHeimdalで生まれたときから今までも変わらずメインはずっと支援ABのシャーリーなんですよね。メインであると同時に、ゲーム内でお会いしている方々からは私というプレイヤーの、いわば分身のような扱いをしていただいていると思います。

 十年以上前からずっと私と共にあることが当たり前になっていたシャーリーはもちろん、ニフェトスやアナイスなどにも現在のシトロンのようにたくさん描いていた時期がありましたが、やはり現在に至るまでそれぞれに対して愛着があります。つまり長いROのプレイ歴の中でそういう存在が増えただけのことなんですよね。それがたまたまメカだったのはここまで述べてきたことと、あとはおそらく私における好みだとか直感だとか一種の萌えのような、言葉で説明することは困難なあくまで感覚的な理由でしょう。

 長々と語ってきましたが、要はメカニックはいいぞということで。



枝祭りは突然に



 日課を終えてたまり場でまったりしていると、おもむろに修羅さんが倉庫へ行ったかと思えば古木の枝を持って戻ってきたので、唐突に枝祭りを開始することになりました。

 どういうわけだかいつもこういうのはいきなり始まりますが、気にしてはいけません。



 さすがに普通の枝ならLv175の3人で手こずることはないですが、アキラがダークシャドーの魔法反射を知りながら挑んで倒れてみたり、ランデルが登場したときは闇鎧で来てしまったシャーリーがダッシュで逃げたりする一幕も。なぜか今回よく出てきたのはラフレシアだったような。忘れた頃に草や卵が現れるのも枝あるあるですよね。

 ジョセフィーナなる謎のダンサーが出てきたときは3人とも「どちら様ですか?」状態だったのですが、TEのアジトダンジョンに登場する敵みたいですね。調べによるとTE砦のアジトダンジョンにはおなじみの生体Dopの面々のうち、G砦には転生二次職組、K砦には一次職組がそれぞれ二次職の姿で登場するらしく、その際カヴァクがバードになっているので、そのダンサー枠がジョセフィーナ。知っている人あんまりいなさそう…と言うかこのときのうちのギルドもまさしくK砦の城主だったのに…。

 TE砦Dopといえば、前述のバードカヴァク、クルセのイグニゼムやローグのヒュッケバインなども出てきていました。この修羅さんは壁役としての宿命ゆえか自他共に認める見事な攫われ芸の持ち主で、金曜MHの索敵フロアではPTチャットから悲鳴が聞こえるのはもはやお約束、獄でも後衛を壊滅させたことすらあるのですが、このローグヒュッケバイン、最後の方で出てきたガーディー=ウーにも攫われることはなく済みました。なーんだ残念。



 まさかの枝MOBからのカードドロップ!しかし落とし主は…。

 そう言えば、枝からカードって初めて見た気がします。これが落としてくれればいいのになぁという敵も何回も出てきたのですが、やっぱりうまくはいかないようにできているのか…。現実は厳しいのだった…。

 100本を使い切ったあと追加投入を経て、ひとしきり笑ったところでこの日はお開き。お疲れ様でした!



 ところで、コンバーターの材料がなくなったのでスコーピオンを倒しにベインス北に行きました。

 スコーピオンならSD1にも多いし、ついでにクモ糸を落とすアルゴスも生息していて一見便利なソーサラー御用達マップのように見えるのですが、広さと構造の複雑さに対して湧きがまばらで、テレポした先で視界にまったく敵がいないこともザラ、しかも足が遅くて戦いづらい。そこで、サソリの尻尾目当てならベインスフィールド04、クモ糸ならミョルニール山脈05の赤芋峠。ついでに赤黄ジェムならジュノーフィールド09でドリラー狩りがそれぞれ鉄板スポットです。

 プロンテラの近所に多数生息しているシムリやスタイナーの皮、同じくホルンを狩るかあるいはRRWで牛を倒せば貯まっていく硬い角に比べると、火コンだけ少々材料集めが面倒な気もしますね。ここはベインスまでジョンダパスを活用してひとっ飛び。

 町の北側、ベインスフィールド06。低めの引きの視点から表示される特殊なマップを抜けてさらに北を目指します。ラヘルアップデートの頃からプレイしているシャーリーにとって、当時からクエストなどでたびたび出入りすることのあった場所で、ここは特に叙情的な音楽と相まって「ものすごく遠いところに来てしまった」という雰囲気があって好きだったなぁ。



 ベインスフィールド06の、町への入口との反対側にはWPが一箇所しか存在しないのですが、北隣の04の南にあるWPからここへ入った場合と、西隣の05の東のWPから入った場合の両方がここと繋がっており、逆に06から外へ出ると04と05のいずれかへランダムで飛ばされるという謎仕様になっています。

 目的の04ではなく、05のほうへ出てしまったときは一瞬「???」となりました。ここは「黒い石」クエストで訪れることになるマップで、同じベインスでもトール火山クエストのようにストーリーの根幹に関わる重要なダンジョン入場の前提になっていたりはしないため、私はやったことがなくて初めて知りました。ちょっとびっくり。

 以前にもジェム集めにジュノーフィールドを歩いたときの謎の建物や、昨年のクリスマスでターキーペコを狩りに迷宮の森へ行ったときのThe Signで使うマップなど、何かを集めているときに限って不思議なものに出くわすことが多いです。シムリ海岸の謎の洞窟の入口とか。



300Mzの道も1ゼロピーから!



 シャーリーの発光式の日の記事にちらっと書いたギルメンのRKさんは、聞いてみたところ奇しくも私と同日の午後に発光したそうで、記念日が一緒ということに。追い込みの狩りに出ていらしたので当日にお会いできなかったのですが、ともに日常が戻ってきたところでゆっくり再会。お祝いに焦げた記憶媒体をくださったので、さっそくエンチャントを試しにウェルスへ行くことになりました。

 このエンチャントはまた初めてです。ちょうど居合わせたギルメンもついてきてみんなに見守られつつ、幸い大司教2&大聖堂1を早い段階でひとつ成功させることができました。残った分で試したのは、みんながつかないつかないと言っていた治癒。やはり私も失敗に終わりました。強力なだけに難しいんですね…。

 でも、この主記憶装置ができてくれたことで新たに欲しい装備が出てきました。Lv175の達成に一息ついていないで、また新たな目標へと向けて日々金策に勤しもうと思います。



 日課のHH基地でもせっせと産業廃棄物の回収に勤しみ小銭稼ぎに余念がありません。千里の道も一歩から。ゼロピーだって1億個集めれば300Mzになるんです。とはいえさすがにそんな悠長なことはしていられないのでもっと真面目に金策しますけど…。

 そのソロ金策で稼動するメカたちが愛用している、アルクイエンのネックレスはAxTとPSにそれぞれBaseLvの数値の倍数が影響するので、その区切りのよさを理由にLv171を目標ラインにしているのですが、Lv170をすぎるとなかなか上がりづらいですね…。精錬祭りに向けてLv170に載せるべく基地送りにしたいキャラが他にいるし、今はメカ2&3号育成の手は少し緩めるか…。



 先日からマジカルメカニックとして新たな戦法にも目覚めたメカ姉妹。今週のRRWはマジカル路線を提案してくれた張本人アキラと一緒にやったのですが、その影葱もこのときばかりはマジカル影葱。たまに真理が解放されてしまうので、きっとこの影葱は自分のことをカトリーヌ=ケイロンだと思っているに違いない。

 イベントのないゆっくりできる時期ではあるけど、引き続きレベル上げも金策も楽しみつ疲れない程度に続けたい所存…。ちなみに私はレベルを上げるのもお金を増やすのもどっちも、数値が増えることが単純に嬉しい性格なのかわりと好きなほうです。



深淵の回廊&第三回ティアマト攻城戦お疲れ様でした!



 今回の深淵の回廊はほぼティアマト攻城戦しかやらないうちに終わってしまいました…。ティアマト以外の部分はギルドのみんなとどころか、ソロで覗く余裕すらほとんどなく、庭園もかろうじて2周できた程度。

 一度ジオイアに会うことはできたのですが、ドロップはC帖のみでした…。今回のイベント内で比較的運がよかった点を挙げるとすれば、王女メアの補給物資からいくつか装備が出てくれたことぐらいかなぁ。アルカナカードなんて破片すらももらえませんでしたが…。

 硬貨は何かと交換しようかエンチャントしようかなども迷ったのですが、特に用途が決まらなかったので手元にあるものは次回以降に持ち越すことにしました。今度は新しいアイテムが出たらいいなぁ。



 ティアマト攻城戦のピークは、それぞれ947点で終了した土曜日からの3日間。

 平日はいまひとつな感じでしたが、土曜日になって参加者が増えてから断然ペースアップし、ジラントも難なく撃破。惜しくもそのあとの古龍戦の途中、22天使のところで時間切れとなってしまいました。

 私は指揮を執ってくれたはるかさんのPTで北隊でしたが、今回は同じPT内で西に加わっているジェネさんが南塔のグローザ像の回答をする際に、同じく北隊PTの連さんと本隊を離れてそちらと合流し、西塔の未踏破の部分を開放する部分をお手伝いさせていただいておりました。

 シャーリーなどは参加者の中でも完全なるその他大勢でしかないんですが、はるかさんもこれまでにいろいろ大変な役割をしてくださっていたのを見ていたし、あとGimleほんとに人少ないので(重篤)、微力ではあるんですがなにか役に立てそうならと思って引き受けさせてもらった部分でした。



 日曜日は全体的に前日の感覚が活きた感じで、今回の最速ペースで魔女戦が開始。それもスムーズに終了し、第二回のときに叶わなかった完全制覇の希望も見えた状態で挑んだ古龍本戦でしたが、ここでまさかの事態が。

 古龍本体との戦闘も佳境に入ったころ、後になって原因はステータス異常であるところの魔女の眷属にされてしまったプレイヤーが多かったからではないかと推測されていましたが、ジラントが鬼のような勢いと速さで体力回復を始めてしまいいっさい収拾がつかなくなってしまいました。

 またこのステータス異常も厄介で一見して気づきにくく、また傍から見ていてもわからないので、各自がアイコンで判断するしか手段がなかったようです。撮影していたSSによれば私自身は終了間際まで無事だったようなのですが、戦闘中はとにかくHoMが厄介すぎることでラウダラムスの連打とPTメンバーの回復に専念しており、どこのタイミングでどういう異変が起きていたのかまったくわかりませんでした…。



 最終月曜日は古龍戦が開始するところで時間切れ。平日にしてはよい結果でしたが…。今回の開催前半のうちからこれぐらい慣れることができ、みんなで頑張れていたらクリアできていただろうなぁと思うとやっぱり悔しいですね。

 結果はともあれ、今回参加されたGimleのみなさんお疲れ様でした!PTでご一緒させてくださったみなさんも、ひさびさにお会いできた方も大勢いらして嬉しかったです。いつも親切にしてくださってありがとうございます!また、うちのPTはもちろん、異なるPTの方々とも、最も規模の小さな北隊で一緒に戦わせてもらったみなさんとは、緊張感がありつつもいい空気の中プレイすることができてとても楽しかったです。

 攻略面においても少ない人数に多くのものを要求される厳しさの中、最後まで諦めずに戦った全員が本当にかっこよかったです。結果からすれば悔いの残る部分もありますが、これまでのPTに遅れをとらないよう必死だったティアマト攻城戦よりも少しだけ広い視野を持ってプレイすることができるようになった気がします。ひとつひとつの経過が私にとってはいい経験になりました。

 YEのほうは詳細がわからないので参加は現状未定で、サーバー内での第四回があるのかどうかもわかりませんが、またGimleの面々と一緒に戦えるときが来たらいいなぁと思います。



 それと、ゲーム内だけに限らず、このブログやRO丼などでも発光のお祝いのコメントをくださったみなさま、改めまして本当にありがとうございました。

 温かいお言葉を励みにこれからも頑張ります。またここにもなるべくおもしろいことが書けるといいなぁ…果たしていつもおもしろいことが書けているのかどうかは全然わからないけど…。



発光式in軍事基地とお花見二次会



 土曜日のティアマトのあとは再びいつものギルドメンバーとモロクのたまり場に集合。また、ちょうどタイミングよくインしていた、シャーリーが休止前から所属しているアルデバランのギルドからもメンバーが来てくれて、みんな一緒にHH基地へ。

 いよいよユリアンさんの前で報酬をもらう…となったときには、みんな隣に集まってシャーリーのレベルアップを見守ってくれました。



 日頃お世話になっているみんなと一緒の時にオーラになりたいとはずっと思っていましたが、こうしてちょうど大勢が揃っているタイミングに合わせて声をかけてくれたギルマスや、イベント終了後の少し遅い時間だったにも関わらず快く付き合ってくれたみんなに心から感謝します。

 普段は双方のギルドに私と友達のアキラが共通して所属しているだけで直接の交流はないのですが、いずれのメンバーもシャーリーがROをプレイし続けているうえで大事な仲間なので、こうしてみんなが見守ってくれる前でカンストというひとつの区切りに到達できたことが本当に幸せです。

 上記のSSだとそもそもMDの中だからリログできないから光ってないし、あと普段から一瞬の隙をついてブログ用のSSを撮ったりすることが多い兼ね合いもあって、コマンド/auraと/aura2を入れてしまっているので伝わりづらいですけど…ちなみに話はちょっと逸れるのですが普段にゃん魂も消してます。かわいいくて好きなんだけど、キャラの顔と重なっちゃうので。



 そのあとは、先日シャーリーが「プロンテラに桜が咲いているうちにみんなでSS撮りたいなぁ」とこぼしていたのを覚えていてくれた方の提案で、首都に移って撮影会。完全にお花見です。

 眩しいので簡易表示にしていますが、オーラのメンバーが多い…!後列にふたり、前列に3人もいます。この日ご一緒できなかった自称・庶民派のWLさんもいるし、シャーリーを時期を同じくしてオーラになったRKさんも。あとは後列右のWLさんももうすぐだから、あとはその手前にいる修羅さんだな!と、みんなでプレッシャーをかけているところです。



 最後はモロクのギルドのギルマスお気に入りの「/ふん」エモで。

 このエモはアルデのメンバーも好きなので昔からよく使っていたのですが、示し合わせたわけでもないのになぜかみんなして「モフー」と呼んでいたのには笑いました。ちなみにシャーリーもエモのショートカットに常に入っています。モフー。

 ギルドのみんなからもお祝いの言葉だけでなくC帖などたくさんのプレゼントをいただき、中にはサンタ服に着替えて持ってきてくれるという楽しい演出をしてくれた方までいたり。また、このときティアマト攻城戦の反省会をしていたお友達がシャーリーがオーラになったことを知って急遽駆けつけてくれる場面まであったりと、恐らくは私が自覚しているそれ以上に「お友達に恵まれている」という、もったいないぐらいの僥倖にあずかれたことをひしひしと感じて、帖を開ける傍からどんどん出てくる微妙なカードにみんなと笑っている間なども、ただひたすらにその楽しさと喜びをかみ締めることしかできませんでした。

 普段なかなかお礼って言う機会がないだけに、やっぱりみんなと一緒のときに光れてよかったなと思います。本当にありがとうございました。



 こうして無事、Lv175と相成りました。

 かつて私がROをプレイ開始したのは転生の実装よりずっと後だったし、いざ転生Lv99になったときには既に三次職があり、Lv165の上限開放が来たときにはもうほとんど遊んでなかったので、以前にも述べたとおり「その時点でゲーム内の仕様における最高レベル」に到達したのはこれが初めてです。

 キャラの職業的な意味でも私個人が持てる根性とか時間的な意味でも、シャーリーひとりの力では絶対に到達することの叶わなかった場所です。ここに来れたのは、直接EXPに関わるいつもの日課のMDや訓練だけでなく、Gv、季節イベント、夢幻の調査などなど、いろんなところへシャーリーを連れて行って、たくさんの楽しい時間にご一緒させてくれたみんなのお陰です。

 前述した通り周囲にはすでにLv175のメンバーが多く、またこれからも増えそうなので、みんなが揃ったときはいまだ未知の「異形」なるところとか、獄みたいな難しいところとか、あとはETとか…またいろんな場所に行きたいですね!

 実はカンストしたら燃え尽きてしまうのではないかとも少し心配していた部分もあったりしたのですが、今はむしろこの先のことにわくわくしています。あと、実際に使うことはないかもしれないけど、フルスロットルというのも記念として覚えておきたいから、またそのあたりも調べて行っておかないと。

 これがゴールではなくまた新しい楽しみのスタートになりますように。いつも頼りない支援ではありますが、これからもシャーリーをどうぞよろしくお願いいたします。



今週もTE砦の城主です〜



 TEにて無事1砦ゲット!今回はうまい具合に取れましたね。先週は獲得ならずだったので尚更嬉しいです。

 いつも取得できたときでも、終了間際に対抗ギルドの火力で蒸発してしまって外から砦の仲間の無事を祈っている状態だったり、エンペから少し離れた場所で仲間のバトルを見守っていて最終的にどちらが割り勝ったか一瞬判別できなかったりとかで、自分たちのギルドが勝利してエンペが消える瞬間って初めて見た気がします。ちょっと感動。

 以前書いたとおり、みんなが集まった折に発光の件を話そうと思っていたのですが、先にギルマスが「ティアマトから帰ったらみんなで基地行こう」と言ってくれました。そうして急遽シャーリーの発光式の開催が決定。わざわざお気遣いいただいて本当に感謝です…。

 そんな発光式のお話はまた次の記事にて。来週のTE&Gvもまたよろしくお願いしまーす!



今後の育成方針とか



 シャーリーはティアマト攻城戦2日目の報酬を受け取り、オーラまで残りあと0.3%未満の地点まできたところで一旦ストップ。

 やはりせっかくの機会だしいつもお世話になっている仲間のいるところでレベルアップするのが理想なので、前述したとおりギルドのみんなと一緒にHH基地に行った時にでも光ろうと思っているのですが、その旨を伝えようにもギルドで集まる時間とがっつり重なっているティアマト開催期間…。週末のTEかGvのときに話したとして、発光はメンテ明けになりそうです。



 その後、ティアマト3日目以降の報酬チケットを誰に使うかはかなり迷いました。そもそもシャーリーがこんなに早くLv175になれるとはまったく思っていなくて、のんびり構えすぎていて誰をセカンドキャラクターとして育成しようかも考えておらず…。

 いろいろ悩みに悩んだ結果、メカ1号のシトロンに使用することに。

 本来ならばギルドのPTで遊ぶ際に役に立てる職を選択したかったのですが、ABその2&3は同じ職を連続で発光させてもなぁ…という感じだったし、WLはギルドに強い同職が何人もいるので今更ちょっと育てたところで出番が来ることはまずないだろうし。皿はそもそも装備がない上に金額的なハードルが極めて高く、Lvだけ上げて装備が揃うのを待っている時間が惜しい。次の職パッケも私には無関係だったし、それどころか現在はむしろメカパッケの購入のほうが視野に入っている状態。

 そうなると、私が操作に慣れていてソロのときにも戦える、他のキャラの装備を買うための資金も稼いでこれるキャラクターであるメカニック、その筆頭であるシトロンがセカンドキャラクターの最有力候補として挙がったわけです。

 お金を稼ぐためのメカの装備を揃えるためにそれなりに金額をかけてきたこともあって「服を買いに行くための服を用意している」ような感じですが、復帰以来最初に作ってからずっと気に入って動かしている、愛着のあるキャラクターのひとりであるという面もあり、そういった意味でも妥当な選択だと思います。あとどうでもいいけど私自身が蟹座なので、メカが巨蟹宮なのもちょっと嬉しいポイント。これもなにかの縁でしょうということで。



 さて、いよいよ精錬祭りの日程も発表になりましたね。精錬したい装備がたくさんあるので非常に楽しみなイベントです。とはいえ私は復帰が昨年の夏のため、精錬祭りに参加したことがまだ一度もありません。でも、常々「精錬祭りまでにLv170のキャラクターを増やしておいたほうがいい」と言われていたので、それに間に合わせるようそれぞれのキャラクターの育成をがんばっていた部分もあったりするのですが…。

 ロックリッジの報酬2倍効果で、無事にメカ3号・スリーズがLv170を突破しました。以前書いた通り、メカ3人は灼熱剣&武侠靴セットによるマジカルメカニック作戦に切り替えてからRRW上位がぐっと楽になり、つくづく熾天使型と非常に相性のよい戦法だったなぁと思います。マジカルメカニックになるときは熾天使をちゃんとカル耳に付け替えて、気分はすっかり魔法使い。

 ノワゼットがまだLv169ですが、おそらく深淵の回廊の終了後にまたRRWをやって、いつも通りHH基地に連れて行ってもらえばイベント開始までに滑り込みセーフという感じだと思います。ついでに、実はサブ皿の黒にぺもなにげに毎週こまめにRRWをこなしているので気づけばLv168になっていたりするのですが…こちらが間に合うかどうかはちょっときわどいラインかも。

 精錬祭りの準備が始まる9日までの来週1週間こそは少しのんびりしたいなぁ…。



<< | 2/18pages | >>





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。