裏切り者が期待を裏切らない



 ギルドのみんなに会いたくなったので、ひさびさかつ突然のログイン。ちょうど今やっているイリュージョンダンジョン1周年イベントの討伐に行くということでついていきました。生体MDもですが、EXPがかなりもらえるのでおいしいですね。Lv174の20%台のシトロンで毎日こなせていればよかったのですが、忙しかったのだから仕方がない…。

 みんながモンスターの姿に変身した状態で索敵しなければならないのは、なかなか見分けがつきづらく慣れなかったのですが、要領はもうみんながよく承知していることもあってほとんどお任せで、メカ1号・シトロンはほぼグリード要員。ガラクタだらけのなかにカタールがひとつだけあったのですが、なんと普通の裏切り者でした。むしろ落ちるのか普通のやつ。

 なんというレア運的な意味で期待を裏切らない裏切り者…これぞがっかりイリュージョン!

 しばらくインしていない間にメンバーのキャラが何人かオーラロードに突入していたり折り返していたりという情報も得たので、またシトロンも一緒に頑張りたいところ。



 たまり場で雑談中に突如始まるハルシネーションウォークごっこ。この中に使っているのは本当は1人しかいなくて、残りは珍ですらありません。SSを撮影した私本人はかろうじてHPバーで判別できますけど、一体どれが誰なんだか…。

 PTで遊ぶのももちろん、こういうどうでもいいお遊びや、巨蟹宮のヘルムがダサいとか、買った飲み物が意図せずタピオカドリンクだったことに渡されてから気づいた話とか、ゲーム内外を問わないまったりした雑談の時間もやっぱり楽しいのでした。



ぼちぼち帰れるつもりだったけど



 少し前にギルドのお友達が[衣装]ピアメットロールヘア(シルバー)を引き当てたのでニフェトスで試着させてもらったのですが、めちゃくちゃ似合わなくて大爆笑でした。生まれたときから白のグロリアスタイルなのを見慣れているせいかもしれないのですが、これではどう見てもパーマを失敗して爆発してしまったようにしか見えません。友達からは「デビュー失敗」と言われました。なんのデビューだろう…とことん残念だなにぺ…。

 さて、しばらく忙しくてROをお休みしていたのですが、そろそろ落ち着く…はずだったのに意外と片付かなくて、インできるのがもうちょっと先になってしまいそうです…すみません。早くみんなに会いたいので頑張って終わらせます。僕ドキの開始には間に合いたい。あと次回のYGvにも出たいぞ。

 なお、イラストのご依頼のほうは予定通り16日より再開いたしましたので、こちらから承ります。どうぞよろしくお願いいたします。



古王グローザに挑戦



 ギルドのみんなと古王グローザへ挑むことになりました。

 シャーリーが忙しい時期なので、イン率の低下に伴って今回の深淵の回廊を丸ごとお休みしていたこともあって、シキナさんに4ヶ月ぶり4度目の初めましてのご挨拶をするのを忘れていました。慌ててそれを済ませるとMDへ入場です。

 私は古王への挑戦は昨年11月以来だったのですが、こういうギミックに即座に対応する能力にいまいち自信がないので無駄に緊張しまくった記憶しかありません。またしても支援に気を取られた隙にデヒョンに胴をまっぷたつにされたり、ちゃんとアンフロは脱いでいたのにステータス耐性のせいか凍結に失敗したりと、ちょいちょいやらかしましたが…。



 霧氷の玉だけをいくつか無駄に消費してしまったことに「高かったのに!」などと文句を垂れつつも、みんなの強さに助けられながら進みます。そうこうするうちにシャーリーも徐々に慣れてきて、ジオイア、カデスは難なくクリアできました。

 そしていよいよグローザ戦。前に来たときにはここで全滅してしまったのですが見事撃破!

 緊張しましたが慌てず支援の対応はできていはいた…んじゃない…かな?想像以上にあっさりめだった初クリアに感動していたところに、王のドロップの酷さに物言いがついたので思わず笑ってしまいました。



 クリア後は、もちろんシキナさんの話など誰ひとり聞いておらず、メア王女(の幻影)に悪戯したりしながら記念撮影。おそらくシャーリーは深淵の回廊のメインストーリーが進んでいないので、これらにどういういきさつがあるのかがいまいちよくわかっていません…。

 あと、深淵の回廊といえば[衣装]不思議なハトがかわいいのでちょっと興味があるのですが、亡国の硬貨稼ぎもできていないし、ストーリーを読むのと併せてこれらはまた次回に持ち越しかな。

 何はともあれ、今回はグローザ挑戦は諦めていたのでクリアできて嬉しいです。みんな連れて行ってくれてありがとう!お疲れ様でした。



 あと、これは最近の話題ではなくてミミミのせいで慌しくすっかり載せ忘れていた少し前のことなのですが、またしても唐突に始まって唐突に終わる枝祭がありました。お陰でシャーリーもサモンマスターの称号を手に入れていたのですが…。

 やはりこのときも枝から現れたウーさん。我らが攫われ芸人・アフロの修羅さんもSWによって誘拐は無事回避するものの、脱衣を免れることはできませんでした。やはり壁の宿命か、攫われ芸に続いて脱がされ芸も極めつつあるな…。

 そういえば、どうやらウーさんはマッチョ好きらしい…という設定って意外とご存じでない方が多いように思います。ソースは公式



攻城戦YEお疲れ様でした!



 攻城戦YEへの参加も3月以来3回目になります。

 以前にも書いた通り、私が現在のギルドに私がお世話になるきっかけとなったのが昨年の9月に開催された攻城戦YE。友達のアキラが先にこのギルドのみんなと遊んでいたり、RO丼などを見ているのが楽しそうで、私もたまにはちょっとインしてみるか〜という感じでなんとなく復帰してからもうすぐ一年が経とうとしています。早いものですね。

 肝心のGv本番は制限時間が一時間しかないので集中してできるからいいのですが、やはりその分ちょっと疲れますね。あといつも言っていますが消耗品使い放題なのが触媒の消費に地味に圧迫されがちなソーサラーとしては嬉しいポイントです。

 うちはフルメンバーでなかったのもありますがやはり人数が少ないので、まず到底叶わない人数で防衛されてしまうと、攻撃側になった際に戦力差で太刀打ちできないので…みんな大勢いていいなぁ…。



 今回同じ拠点だったのはRadgridで活動するギルドのみなさん。この前日の土曜夜にGimleではティアマト攻城戦が佳境に入った真っ只中に臨時メンテナンスを実施されるという、参加していないシャーリーすら真っ青になるような事態が起きていたのですが、そのことを労ってくれるなど優しい方々でした。

 というわけで、みなさんお疲れ様でした!また次回もよろしくお願いします。



シャーリーの最近ゲットしたもの



 念願の巡礼者の靴を手に入れました!

 いつか入手しやすくなったら欲しいなぁとずっと思っていたものが、ラグ缶2019Julyのおかげでちょうどよく露店に並んでいたので即ゲット。予算取っておいてよかった…。

 問題はプラエ10をどうするかなんですよね。できることならすぐにでもキラキラしたいのですが、ABパッケが来ればそのときにリセットできるし、そう思うと急ぐのは損な気がしてしまう…。今回は影葱だからまだひと月は先なんですけど…うーむ。

 あと、プラエを取得するためにいくつか(たぶんオフェルトあたりの)スキルを削らないとならないので、そのあたりも改めて要シミュレートです。



 MHのガチャで[ECO]サラマンダー・アルマCが出ました!

 サラマンダーは初めて出しました。確かこれまでここで引いたことがあるのがタイニーと、ミニーが2枚ぐらい…だったかな。毎週楽しい雰囲気で開催されるMHですが、こうして忘れた頃にレアがぽろっと出てくれるのでやっぱり通うのがやめられませんね。

 一見カードのように見えてカードじゃない「想い」シリーズも、モーモーはよく使うのでもっと出てくれてもいいのよ。もちろん、モーモーCそのものが出てくれてももっといいのよ…?



 ミミミで先輩メカを手伝ったお礼にいただいた帖からハンターフライCが出てくれて大ラッキー。いずれ欲しい欲しいと思いつつ、安くないし枚数も必要だしで購入を見送っていたCなのですごく嬉しいです。ひさびさに帖から当たりらしい当たりが出てくれたな…。

 これをもらったとき「ゴスCが入ってるから出してね」と言われたけど、そちらは残念ながら出ませんでした…。ゴ(ールドオシド)スなら出ましたよ。いつもお世話になりっぱなしで、むしろなにかお礼もらうようなことしたっけぐらいだったのに、これはもう予期せぬ嬉しい贈り物でした。どうもありがとう!



 今月のコスたまはひいていないのですが、気になっていた[衣装]肩乗りサベージベベを露店からお迎え。サベージベベは好きなモンスターです。かつて自分でテイムしたこともあったのですが、かわいいくせに空腹になるのが早いところが玉に瑕。でもこれなら気にせず連れ歩けるのでいいですね。

 この説明文に書いてあるのは、ずっと昔に公式であった「おそうじサベージベベ」っていうグッズのことですね。これが当たるキャンペーンもあった気がするのですが、ついぞ手に入れられずじまいだったなぁ。

 アナイスの狐、ソフィアのオレンジウサギ、ノワゼットの子デザ、シトロンの紀州犬、レザンのくまくんと、気づけば動物系の衣装が増えてしまって中段が空いていないキャラクターが増えてしまったので、肩乗りベベは誰に持たせるか悩みます。



 あとは、いつかやろうと思ってすっかり忘れていた、Lv175のフルスロットルもようやく覚えました。シャーリーが使ったところで完全に宴会芸としての用途しか思いつかないのですが…やっぱりこれもひとつの記念ということで。

 というかこれ、NPCの超級魔術師と話すだけですぐ覚えられるというお手軽仕様だったんですね。先日アキラの猫が光ったのでそれについていきがてら取得したのですが、こんな簡単だとはまったく知りませんでした。

 ちなみにアキラの猫はこのとき「シャーリーがブログのネタにするためにSSを撮るだろうから気を利かせて」と言いながらフレームアウトしています。



 Lv175に達していないキャラクターで話しかけると爆発します。

 この超級魔術師はどうやらこれで命を落としてしまったためにニブルにいる…という話らしいのですが、それにしてはやたらノリが軽いし呪文も適当だしで無駄にカジュアルというか、カンスト専用スキルらしいありがたみのようなものがまったくないのが逆におもしろいです。こういうの嫌いじゃないですよ。



生体お絵描きキャンペーンお疲れ様でした!



 Twitterで行われていた生体お絵描きキャンペーンも終了しましたね。開催前はお絵描きすることでMVPカードが当たるチャンスと聞いてはりきってやろうと思っていたのですが、いざ期間が始まってしまってからは何かと忙しく(だいたいミミミのせい)、あまり投稿できなかったのが悔やまれます。

 もともと好きなセシルに、生体漫画を読んで以来お気に入りのハワードなんかをを描きたかったのですが、もはやミミミのために睡眠時間を削ることすらある中から作業のために数時間を捻出しなければならないなんて到底出来るはずもなく…おのれミミミめ…でもEXPとか役立つアイテムいっぱいくれたから許す…。

 いくらクオリティと当選確率が無関係とは言え多くのROプレイヤーの方の目に触れる可能性があるので、そこそこに体裁を整えたものじゃないと表に出したくないような…などと言いながら、こういう15分クオリティのカトリーヌも載せてしまったりもしたのですが。しかもこういうのに限ってきちんと腰を据えて描いたものよりもいただける反応がずっと多いことに少々複雑な心境になることなどがありつつも、やはり見ていただけるということは本当にありがたいことだと改めて思ったりもしました。

 また、このキャンペーンでは普段はお絵描きをしないギルドメンバーも数人が参加していて、その力作を拝見できるというなかなかない機会に恵まれたのが個人的な収穫です。しかもそれらが総じて上手だったりネタがおもしろかったりと想像以上のクオリティで、みんな絵描かないって本当?と驚かされたり、「絵心ない」とか自分で言っててこの出来ってどういうことなの…?などと震えさせられたりで、一応は日頃から「お絵描きをする人」を標榜しているシャーリー自身も、また気を引き締めていかなけれればと決意を新たにした次第です。



ミミミのミッションマスターお疲れ様でした!



 ミミミのミッションは、まずジェネが超級まですべて無事に終了しました。Lv122から開始して、クイズも含めて最終的にはLv171まで育ちました。ここまで成長するとは…びっくりです。こんな機会でもなければジェネなんて動かさないし、ここから先も育成する予定もないのですが、やっぱりLvが上がることって単純に楽しいので、これはこれでよかったんじゃないかな。

 おもにジェネと一緒に各クエストを回ってたくさん討伐してくれたアキラ湾も、無事にミッションを終えていよいよ発光。その後は双方の2キャラ目に切り替えて、今度はうちのメカ1号・シトロンが火力となってアキラABとミッションを進める番です。今思うとこの組み合わせ、逆じゃなくてよかったな…。



 先日、呪いの剣士がまさかの初回でストーリーを読まなければならなかったのですが、ここビオスの島も初めてでした。意外と会話が長いので、さっさと終えたくてNPCを煽りながら急かし始めるシトロンの図。しかも異世界関連のクエストはさっぱりやっていないので助っ人も呼べないし。

 PTリーダーっていつも友達に任せることが多かったり、ギルドでも基本的に壁役さんが受け持っていたりで、私が率先して進める場面がほとんどないのでいまだにこういうことが多々起きるんですよね…。

 あとはモルスの洞窟のほうでも迫り来る敵一体一体に斧を投げて撃退せねばならず、しかもかなりの量で手がめちゃくちゃ疲れました。アドラが強かったので助かったけど、これがもしソロだったらと思うと恐ろしいです。ここ以外でも、支援に助けられた場面は多かったしな…主にエクスピとアスペルシオ。



 ざっとミッションのリストを見たときに「とりあえず上級まではメカなら何も問題はないだろう」などとたかをくくっていたのですが、よくよく見れば相性の悪いものが存在していたりも。

 中でも、もういかんともしがたいブワヤの影はアキラABと揃ってhspnのRKにブレスで倒してもらい、もうひとつの難関であったスカラバも、先輩メカと揃ってアキラ猫に助けてもらったりしました。



 その先輩メカのサブキャラのミッションクリアのお手伝いついでに、空中要塞のクリア手順を教わったりも。こういう機会でもないと行くことのなかったMDというのも結構あって、最初はちょっと戸惑うのですが慣れてくると意外と楽しかったりするんですよね。メカ2人がかりで斧をぶん回して敵をボコボコにするのはなかなか爽快でした。

 先輩メカは私とアキラが青箱納品のときに途方にくれていたところを気前よく助けてくれていたので、こういう形で協力できたのもよかったポイント。



 やはりPTでしか来たことのなかった魔神殿の2体も無事討伐。

 ここ魔神殿では、討伐で入手できるアハトの魂とシナイムの魂を捧げることによって先に進むのですが、これらを倒した時点でミッション自体はクリアとなるため、魂は使用せずに持ち帰ることができます。

 持ち帰ったところで使いどころはなく、倉庫移動も取引もできないので、処分方法としてはNPCに売却…文字通り魂を売ることしか手段がないというのはいくら相手が魔王の手下だからといって非情かつ不条理。これを持ち込まれる商人NPCの気持ちを考えると…。

 でもちょっとおもしろいので、しばらくは記念品としてシトロンの手荷物の中に入れておこうと思います。



 そんなこんなでミミミのミッション、無事に2キャラともコンプリートすることができました!

 討伐を手伝ってくださった方、納品アイテムを分けてくださった方、臨時を立ててくださった方、期間内に協力してくださったすべての方々にこの場を借りて心からお礼を申し上げます。

 本当にこんなの、ソロじゃ絶対に全部はできなかったよ…!



 そして、いよいよシトロンのオーラロードが開かれました!

 ここまで来ることができたからには、引き続き気合を入れてRRWにギルドの日課、ティアマトYEなどもせっせとこなして、一日でも早いLv175到達を目指したいと思います。とは言え7月前半が少々忙しいため、エンジンがかけられるのは下旬からになるとは思うのですが…。

 次のレベルキャップ開放が来るよりも早く光ることができたらいいなぁ。目標はとりあえず年内…アニバまでにはという感じかな〜。



 それにしても、クイズの最後の3日間でこういうシュールなエラーを叩き込んで来るのは一体どういうことなんですか運営さん…。

 特に私は生体漫画ではハワードがお気に入りのキャラでそのラストシーンがすごく好きだっただけに、それらをぶち壊す絵面が目の前で展開されてしまってただ真顔にならざるを得ません…。生体関連の各種イベント&キャンペーンとミミミのミッションが重なるという、1か月にも及ぶ盛りだくさんの日々にまさかこんなオチが付くなんて!



<< | 3/29pages | >>





ラグナロクオンライン(RO)のGimleサーバーでプレイしているシャーリーのブログ。
2018年夏に6年ぶりぐらいに復帰しました。プレイ日記やお絵描きを載せています。